UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ウブドの【ライステラス】の絶叫系アトラクション「swing」がヤバい。

こんにちは、ウエノです。

 

今回はインドネシアのバリ島【ウブド】からお送りしています。

 

バリ島というのは観光地に恵まれすぎていて、クタ・レギャン・スミニャック・サヌール…などの多くの魅力をはらんだ観光地があります。

 

その中でもぼくが愛してやまないのが、内陸の観光スポットである【ウブド】です。

 

そのウブドの中にも非常に多くの観光スポットがあるのですが、今回は【ライステラス】に絞って紹介していこうと思います。

 f:id:uenotakumi:20181016144317j:image

ライステラスは見ての通り、日本で言われている「棚田」です。「段々畑(ダンダンバタケ)」とも言うようです。

 

棚田とは斜めになった土地において「これじゃあお米作れないやーん」という悩みを持った先人が発明した、画期的な田んぼのことです。

 

そんな【ライステラス】では、開放的な大自然の景観もさることながら、

そこで体験することが出来る「swing」というアトラクションが楽しすぎていたので今回は紹介をしようと思います。

 

バリ島に行った際には、必ず行ってほしい・体験してほしいスポットです!

【ライステラス】に向かう

 前回の記事で書いたとおり、僕のウブドでの移動手段はバイクタクシーのおっちゃんです。

 f:id:uenotakumi:20181016004239j:image

めちゃくちゃ陽気で面白すぎるので、すぐ仲良しになりました…(笑)

 

ライステラスはウブド内に「テガララン・ライステラス」と「ジャティルイ・ライステラス」の二種類があります。

今回は、定番の「テガララン」の方へ。

 

ウブドの中心部から少し離れているので、バスの方はそこからタクシーをチャーターするか、最寄りバス停から歩く必要があります。

 

僕はおっちゃんの背中に乗っていればよかったので、道はほとんど覚えてません。

 f:id:uenotakumi:20181016010606j:image

さっそく到着したこちらは、ライステラスを一望できる展望台と【swing】の入り口です。
 f:id:uenotakumi:20181016010512j:image

「swing!swing!ハヤク!タノシイ!」とバイタクのおっちゃんがうるさいので急ぎます。
 f:id:uenotakumi:20181016010149j:image

こちらが正式な入り口のよう。
 f:id:uenotakumi:20181016010551j:image

入り口から歩き、奥へ進むと野生の動物がたくさんおりました。

観光客の方々がたくさん写真を撮っていたので、おそらく珍しい動物たちです。
 f:id:uenotakumi:20181016010243j:image

バリ島といえばリゾート地のイメージが強かったのですが、自然あふれる内陸の景観に驚いています。
 f:id:uenotakumi:20181016010628j:image

本当に田んぼが棚のようにダンダンと積み重なってるんですね〜すごいや。
 f:id:uenotakumi:20181016010434j:image

50mほど進んだところに、【swing】の受付がありましたのでチケットを購入します。

・「couple swing」

・「extreme swing」

・「super extreme swing」

・「flying fox」

の4種類から選ぶことができます。
 f:id:uenotakumi:20181016010306j:image

どれにしよう〜と迷っていましたが、どうせなら一番スリルがあるのが良いかなと言うことで「super extreme swing」を体験することに。

 

料金はRp.20万(約1500円)です。 

f:id:uenotakumi:20181016010222j:image

こちらがチケット。
 f:id:uenotakumi:20181016010251j:image

こちらは整理番号のようなもの。外国人観光客にも人気のようで、僕の行った時もたくさんの人で溢れていました。

 f:id:uenotakumi:20181016152320j:image

待つこと五分程度…
 f:id:uenotakumi:20181016010323j:image

僕の出番が回ってきたので、さっそく備品を装着してもらいます。

 

装着完了。
 f:id:uenotakumi:20181016010455j:image

「そんじゃあ、おっちゃん行ってくるわ〜!」と言いつつ、足が震えています。

 

3.2.1.GOーー!!!
 f:id:uenotakumi:20181016010400j:image

うひゃー!!

まじかこれー…!
 f:id:uenotakumi:20181016010341j:image

ちょ、ちょっと待ってく…

 f:id:uenotakumi:20181016151504j:image

どっひゃー!!!
 f:id:uenotakumi:20181016010533j:image

はー疲れた…ちょっとしんこきゅ…

 f:id:uenotakumi:20181016151603j:image

あかーーーーーん!!!

(ちなみにこの声は本当に出しています)

 

高すぎるう…!!!心臓飛び出るー!
 f:id:uenotakumi:20181016010130j:image

回数を重ねる度に、高くなるのは戻るたびに屈強な男たちが全力で僕を押し出してくれているからです。

 f:id:uenotakumi:20181016152241j:image

(カメラ目線)

この後も10往復ほど、空中ブランコに揺られ無事終了。

 

はあ…楽しすぎた。

感想

この【swing】において素晴らしいのは、なんと言ってもその景色です。

 

横からの写真でも、十分にキレイだと思いますが、僕の目線からの景色を想像できますでしょうか…

 

言葉では到底表せないくらいの、景色がそこには広がっています!

これはやった人にしか分かりませんね…目が丸くなって飛び出ます。

 

もちろんスリルという点でも満点です!

 

遊園地のジェットコースターや日本のバンジージャンプなどを経験してきてる僕の中でも、これは過去1のアトラクションです。

 

安全性の面では、かなりガッチリと固定されるので大丈夫かと思います。

 f:id:uenotakumi:20181016152720j:image

「couple swing 」をやっている方もいて、それもそれですごく楽しそうでした。

 

絶叫系が苦手な人は少し厳しいかも…

是非行ってみてください!

 

ではでは!