UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

バリ島【ウブド】の移動手段を紹介。バイクタクシーが最強におすすめ!

こんにちは、ウエノです。

 

シンガポール→マレーシアと来て最後は、インドネシア【バリ島】にやってきました。

 

バリ島といえば、リゾート地としてや女性のコスメなどをはじめとするショッピングの側面で有名かもしれません。

 

しかし、バリ島の本当の魅力は…【ウブド】という内陸の観光地にあります。

f:id:uenotakumi:20181015210342p:image

そしてバリ島に限らずですが、観光や旅をする上で最も重要になるのが、適切な移動手段を確保することです。

 

なので今回は、バリ島内での特にウブドにおける移動手段を攻略していこうと思います。

□バリ島通貨

Rp.1万=74円

(2018年10/15日現在)

バリ島内の移動方法

ここ最近では、アジアの多くの国では路線バスや地下鉄が発達していて非常に移動が便利になり観光しやすい国が増えてきました。

 

しかし前述したように、バリ島は地下鉄はなく路線バスもかなり使いづらく難易度高めです。

 

また【ウブド】は内陸地の奥深くにある観光地のため、中心地のクタ・レギャンなどからは車で1時間以上とかなり離れています。

f:id:uenotakumi:20181015204231p:image

 

そこで、一般的な移動手段は二つあって

・路線バスを使う

・タクシーを使う

 

まずは「路線バス」について。

f:id:uenotakumi:20181015210548j:image

バリ島にはクラクラシャトルバスという旅行者専用のバスがあります。

しかし【ウブド】への一日の本数が少ないことに加え、終バスの時間がはやく観光出来る時間が短くなってしまいます。

 

またバス停が見つけづらいのも難点です、Wi-Fiを持たずに観光している方や初めての方にとっては難易度高めです。

 

次は「タクシー」について。

f:id:uenotakumi:20181015210713j:image

バリ島観光ではバスの他、タクシーという手段がありますが、→ウブドに関してはこちらもオススメしません。

 

それはその「料金」と「ぼったくり被害」の危険性からです。

 

ウブドまでは片道で2,500〜3,000円のタクシー代がかかる他、バリ島ではタクシーのぼったくり被害が後を絶ちません。

 

日本に比べればもちろん安いですが、往復の移動だけで6,000円は少し高いと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

また二つの移動手段に共通することとして、バリ島は基本的に車が渋滞してることが多いためかなりの遅れが発生することです。

 

時間通りに来ることや着くことは、まずあり得ないのでその点も注意が必要です。

 

もっと安くて早くて安全な交通手段はないものか…!!!

ウブドを楽しみたいなら【バイクタクシー】

 そこで、僕がすごくすごくオススメしたいのが【バイクタクシー】です!

f:id:uenotakumi:20181015205235j:image

僕はクタ→ウブドまではもちろん、クタ→スミニャックなど歩くと1時間程度…のところはすべてバイクタクシーで済ませていました。

 

バイクタクシーは街を歩いていれば、どこにでも居てかならず声をかけてくるので探す必要性はありません。

 

そもそもバイクタクシーとはなにか?

 

それは、バイクのタクシーです。(そのまま)

バイクを保持してる、島の道を知り尽くした現地の方々(主におじさん)が観光客の行きたいところに連れていってくれる仕組みです。

 

日本語や英語の話せるひとが多いので、観光地まで乗せてってくれるだけでなくガイドのように案内してくれる場合もあります。

 

詳しくはこちらで。

アジア圏でよく見る【バイクタクシー】とは?その基本から注意点までを解説。

バイクタクシーには二種類あって、

・その場でチャーターして目的地まで送ってくれるバイタクの使い方

・レンタルする形で事前に料金を決め、あとは一日中どこにでも連れてってくれるというバイタクの使い方

 

僕は知り合ったバイタクのおっちゃんと、後者の「一日中ウブドの好きなところを案内してもらえる契約」を結んでRp.5,000万(4000円)でした。

 

バイタクのいい点として

・陽気なおじさんが案内してくれる

・移動費だけで考えても安い

・移動費+観光費にしては安すぎる

・最初に料金を決める+後払い制

・車よりも移動が早い

などが、ざっと挙げれるポイントです。

 

以下に詳しく見ていきます。

バスやタクシー(車)との比較

一点目として、「バスの方が安い!」と思いがちですが違います。

 

ウブドのバス停に降りたところで、そこからの有名な観光地間が離れているため、再度タクシーやバスをチャーターしなくてはいけません。

 

結果的に、結局かなりの手間とお金がかかってしまいます。

 

また【ウブド】に至っては、おそらく皆さんが思っている以上に大自然の中なので車のタクシーを捕まえるがかなり難しいです。

 

二点目として「バス・タクシーの方が移動が早い!」と思いがちですがこれも違います。

f:id:uenotakumi:20181015211302j:image

バリ島の交通量をなめないでください。

特にクタ→ウブドはずっと渋滞をしているため車の間をすり抜けて進むことのできるバイタクよりも1.5倍の時間がかかってしまいます。

 

またバリ島では、タクシーのぼったくりが横行しています。

しかしバイクタクシーの場合は値段を先に交渉して、料金の支払いは目的地に着いた後の場合がほとんどです。

 

そのためぼったくりに合う可能性が限りなく低くなります。値段が気に食わなかったら別のバイクを探せばいいので。

 

以上のことを考えると、inウブドに至っては

・時間とお金を上手に使うことができて、

・移動も早いので時間的な余裕ができて、

・ぼったくりの心配がない

 

という、バイクタクシーがオススメです!

バイクタクシーを乗る際の注意点

バイクタクシーは便利なだけではありません。

 

僕もバイクタクシーで、何回か失敗をしているので、そうならない為にもこちらの記事で注意点などをまとめています。

 

アジア圏でよく見る【バイクタクシー】とは?その基本から注意点までを解説。

まとめ

今回はウブドでの移動手段としてまとめましたが、これはバリ島内全ての場所で言うことが出来ます。

 

もちろんバイクタクシーは、ずっと後部座席に乗っているので「快適性」と言う意味では、バスやタクシーに劣るでしょう。

f:id:uenotakumi:20181015211147j:image

(眺めはこんな感じです…)

 

観光に慣れている・通信環境が整っている方はクラクラバスを、道が混んでゆっくりでも構わない方はタクシー(車)を利用…など、

 

その時の旅・観光の状況に合わせた交通手段を使ってみてください!

 

参考にしていただけたらと思います!

 

ではでは!