UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

『お山のテッペンで大きなおにぎりを頬張りたい』という夢を叶えた。

こんにちは、ウエノです。

 

僕には小さい頃からの夢がありました。

・ヘラクレスオオカブトを捕まえたい

・将来はウルトラマンになりたい

・真っ赤なオープンカーに乗りたい

・叶姉妹と付き合いたい…

 

そのような熱い夢の一つや二つは、特に男性の方なら持っていたと思います。

 

そんな数多くの「男のロマン」を抱いていた僕ですが、そのうちの一つに『お山のテッペンでおっっっきいおにぎりを頬張りたい』という純粋な思いがありました。

  f:id:uenotakumi:20181014134221j:image

今回はそんな僕の夢を叶えるまでの、過程を追って行きたいと思います。

『ばくだんおにぎり』を作ろう

巨大なおにぎりが食べたい!と思ったところでスーパーやコンビニなどに、そんな大きなサイズのおにぎりが売っているはずもなく…

 

それなら自分で作ろう!となるのが普通ですよね、はい。

 

というわけで、さっそく自家製ばくだんおにぎりの作り方を見ていこうと思います。

 

今回のおにぎり作成にあたり【Seikin TV】さんの動画を参考にさせていただきました。


【満腹】具材10種類!巨大爆弾おにぎり作ってみた!

『ばくだんおにぎり』の具材

おにぎりに使う材料をみていきます。

 f:id:uenotakumi:20181014113011j:image

・お米(コシヒカリ)三合

もっと大きくてもいいかと思いましたが、炊飯器とリュックの限界を考えて今回は三合で!
 f:id:uenotakumi:20181014112950j:image

次におにぎり具材です。

今回は普通のおにぎりの8倍ほどのご飯を使用するので、具材もそれに応じた量にする必要があります。

□おにぎりの中身

・やきとり

・ぎょうざ

・鮭フレーク

・たらこフレーク

・シーチキン

・ごま昆布

・高菜の油炒め

・味付き半熟玉子

 

…となっております。

それに加えて、焼き海苔と塩を用意しました。

 

また今回の作り方では、大きめのどんぶりやボウルと、サランラップが必要になるかと思います。

『ばくだんおにぎり』の作り方

まずはほっかほかに炊けた、コシヒカリを用意いたします。やっぱりおにぎりに一番合うお米はコシヒカリ!

 f:id:uenotakumi:20181014112944j:image

そしてボウルにラップを敷き詰めて、そこにお好みで塩をふりかけておきます。
 f:id:uenotakumi:20181014112941j:image

そのボウルに、お米を半分ほどいれて中央を少しくぼませておきます。
 f:id:uenotakumi:20181014112933j:image

さっそく具材を詰めていきたいと思います。

まずは「やきとり
 f:id:uenotakumi:20181014112936j:image

お次は「ぎょうざ

…ん、ぎょうざ?と思うかもしれませんがばくだんおにぎりの特徴は「自分の好きな具材を好きなだけ」なのでいいんです!
 f:id:uenotakumi:20181014112957j:image

しっかりと「タレ」もかけておきましょう。
 f:id:uenotakumi:20181014113036j:image

お次は「鮭フレーク

やはりおにぎりに鮭はかかせません。
 f:id:uenotakumi:20181014112947j:image

お次は「焼きたらこ

保存性も考えて、火が通っているものに。 

f:id:uenotakumi:20181014113031j:image

お次は「こんぶ

おにぎりの具材で三番目くらいに好きなので、これは外せません。
 f:id:uenotakumi:20181014113052j:image

お次は「ツナマヨ

これを外したら、日本の全おにぎり好きからお叱りを受けるので、入れておきます。

 f:id:uenotakumi:20181014113026j:image

お次は「高菜の油炒め

以外に思うかもしれませんが、おにぎりとの相性はバツグンです。
 f:id:uenotakumi:20181014113015j:image

最後に「煮たまご

これは間違いなく、コンビニのおにぎりの中でもトップクラスに人気な具材です。絶対に入れましょう。
 f:id:uenotakumi:20181014112924j:image

最終的な景色はこんな感じ。

真ん中に「煮たまご」がぽつんとあるのがいいですね…。

 f:id:uenotakumi:20181014140228j:image

そしたら、残りのご飯をかぶせていきます。
 f:id:uenotakumi:20181014113003j:image

ラップを上からかけて、
 f:id:uenotakumi:20181014113049j:image

にぎにぎ…にぎにぎ…
 f:id:uenotakumi:20181014113023j:image

最初はせっかくなら三角にしてやろうと意気込んで握っていたのですが、僕の経験ではまん丸にまとめるのが精一杯でした…。

 f:id:uenotakumi:20181014140321j:image

最後に、大きな海苔で巻いていきます。
 f:id:uenotakumi:20181014112930j:image

まずは床にラップと海苔をしいて…
 f:id:uenotakumi:20181014113040j:image

これがけっこう難しい…
 f:id:uenotakumi:20181014112954j:image

最終的に四枚の海苔を使って巻くことが出来ました!
 f:id:uenotakumi:20181014113009j:image

んー完成!!!
 f:id:uenotakumi:20181014112916j:image

炊飯器と同じくらいの大きさです。
 f:id:uenotakumi:20181014113018j:image

これをラップに包んで、登山に出かけたいと思いまーす!

『ばくだんおにぎり』を山頂でたべたい

10月某日…

心を込めて作ったばくだんおにぎりを食べるため、長野県の【唐松岳】という山にやってきまきました!

 f:id:uenotakumi:20181014122446j:image

少々肌寒さを感じましたが、雨も降ってなく絶好の登山日和です!
 f:id:uenotakumi:20181014122513j:image

↑テクテクと登っているぼく

 f:id:uenotakumi:20181014122935j:image

↑初心者向けの山と聞いていたのに、断崖絶壁すぎて死にそうなぼく

 

…と、色々な辛いことやハプニングなどに見舞われながらもなんとか登頂に成功!!

4時間くらいかな?信じられないくらいに疲れています。

 f:id:uenotakumi:20181014124158j:image

やったー!!

さっそくおにぎりを食べたいと思います!

 

待ちに待った、おにぎりを…

 f:id:uenotakumi:20181014124224j:image

ガブり…

予想以上に大きくて、口を全開に開けてもしんどかったです。

 

次に横からもみてみましょう。
 f:id:uenotakumi:20181014122834j:image

いただきまーす!
 f:id:uenotakumi:20181014122956j:image

うわぁ…
 f:id:uenotakumi:20181014122911j:image

うめえ…

↑ちなみにこの時、本当に涙らしきものが目から溢れています。

 

感動的なウマさです!

やはり苦労して登りきった後の山頂で食べる、ということに意味があり、それ以前におにぎり自体がめちゃくちゃ美味しい…

 

今まで食べたおにぎりとは色んな意味で違い、本当に格別な味です!

 

これで『お山のテッペンでおっっっきいおにぎりを食べたい』という一つの夢が叶いました!
f:id:uenotakumi:20181014122857j:image

↑世界で一番美味しいおにぎり(と言っていいでしょう…)

 

食べればたべるほどに違う味を楽しめるばくだんおにぎりは、登頂後のぼくの疲れ切った体に一瞬にして下山の体力を与えてくれました。

 

やっぱり真ん中の「煮たまご」は最強です。

まとめ

とても満足です!!!

ちなみに友だちと二人でも、下山までに丸々一つを食べきることは出来ませんでした。(笑)

 

でもおにぎり自体は、簡単かつ味も美味しかったので、登山に限らず今後もお腹が空いた時に作ろうかなって思います。

 

もちろん登山中は、体力の消耗が激しくエネルギーを必要とするので、持ち運びの点さえ可能であればかなりいい食事かと。

 

山頂でおにぎりを披露した時には、予想通り周りの人が物珍しそうにみたり、声をかけてくれたりして人気でした。(笑)

 f:id:uenotakumi:20181014135340j:image

ぜひ今回の記事は、登山をする方・しない方も参考にしていただければと思います!

 

ではでは!