UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

【弾丸旅行in佐渡】穴場の観光地と美味しいグルメをレビューするよ!

こんにちは。

 

今回は珍しく、

「県外の人に勧められる、観光地が一つもない!なんかパッとしない県!」と言われているぼくの生まれ故郷である『新潟』について。

 

その中でも唯一とも言える、

人気観光地である【佐渡】に旅行に行った時のことを書いていこうと思います。

 

・県内出身の人(僕含め)

「あ〜修学旅行で必ず行かされるとこね」

・県外の人

「あーなんか島あるよね。人住んでるの!?」

 

正直、僕もこんな感じの認識でしたが、

今回の弾丸旅行を通して【佐渡】に対してのイメージが120°ほど変わりました!

 

特に観光地やグルメにいたっては、

二日や三日では回りなれないほどの魅力的な場所が盛りだくさんです。

 

今回は、そんな【佐渡】の魅力を伝えることが出来るよう、僕の佐渡旅行記を徒然なるままに書いていこうと思います。

そもそも佐渡島とはなんぞや

佐渡島(さどしま、さどがしま)は、新潟県西部に位置する周囲262.7kmの島で、その全域が新潟県佐渡市である。人口は58,047人(2014年12月1日現在)。(wiki)

 

…と言うわけで、分からない人のためにいうとココです!

 f:id:uenotakumi:20180828101656j:image

このように日本海に位置する新潟県の保有する島で、本土からはカーフェリーやジェットフォイルを使って行くことが出来ます。

 

数年前までは、日本絶滅危惧種に認定されていた朱鷺(トキ)が日本で唯一生存している地域として有名であったり、

 

また近年では、佐渡の有名観光地である「佐渡金山」を世界遺産に登録しようという活動が盛んで、島全体が盛り上がりを見せています。

 

このように、

知る人ぞ知る…的なニュアンスの強い佐渡ですが、若者・観光者向けの場所もたくさんあるのでぜひ今回の記事を参考にしてください!

佐渡汽船でカーフェリーに乗る

本土から佐渡に行くためには、カーフェリー・高速カーフェリージェットフォイル・高速船から選ぶことが出来ます。

 

詳しい料金や運行表はこちらから見ることができます。(自家用車を持ち込むことができますがかなり高いですよ…)

 

カーフェリーの時刻表を参考までに。

f:id:uenotakumi:20180828104133j:image

またweb上で予約もできますが、一等席やスイートルームを希望する方でなければ必要ありません

よほどのシーズンでない限りは、当日チケット売り場で買うことができます。

 

出発の朝…

 f:id:uenotakumi:20180828104750j:image

佐渡汽船のりばに到着しています。

車の方は【万代島駐車場 E】辺りに停めるといいと思います。

 f:id:uenotakumi:20180828104754j:image

チケット売り場です。

もちろん、一番安いカーフェリーのチケット往復分 2,380円×2を購入します。

f:id:uenotakumi:20180828104746j:image

いざ乗船…(ワクワク)

 

船内での過ごし方は、

f:id:uenotakumi:20180828105739j:image

船内を探検するもいいですし(意外と楽しい)

f:id:uenotakumi:20180828105743j:image

ゆっくり旅の疲れを取るのもよし

f:id:uenotakumi:20180828105747j:image

外に出て、カモメにかっぱえびせんを食べさせるのもよし(新潟あるある)

f:id:uenotakumi:20180828105735j:image

甲板で裸になって焼いてる人もいました…(笑)

 

そんなこんなで、カーフェリーに乗ってる2時間半は意外と退屈しないかと!

f:id:uenotakumi:20180828110205j:image

あっという間に両津港に到着。

f:id:uenotakumi:20180828110209j:image

それでは、観光をスタートさせます。

 

※今回は9:20発 11:50着のフェリーを利用しましたが、この時間ならお昼からガッツリ楽しめると思うのでオススメです。

島内必須のレンタカーを借りる

佐渡観光に最も欠かせないのが、このレンタカーです。

佐渡汽船には自分の車を持ち込むことも出来ますが、一番安くても往復で2万円以上にかかってしまいます。

 

それならば、3,000円〜10,000円でレンタカーを借りて自由に島中を動き回った方がいいと思います。

 

また、観光バスツアーのようなものも用意されていますが、車の運転のできる方がいるならばレンタカーをオススメします。(高いので)

 

両津港周辺のレンタカー屋さんは、

・ニコニコレンタカー

・アイランドレンタカー

・ニッポンレンタカー

の三店舗です。

 

ちなみに安い順に上から並べてるいますが、繁盛期は予約で埋まってしまうので、不安な方は事前に予約をするといいでしょう。

f:id:uenotakumi:20180828112426j:image

予約せずに行ったら、

本来借りたかった車を借りることができずに運転しづらいマニュアル車を借りる羽目になってしまった僕を、どーか教訓にしてください。

(@アイランドレンタカー)

『味彩』で佐渡ランチを堪能!

佐渡には美味しい海鮮系ランチが食べるところがたくさんあります!

 

長三郎鮨・弁慶・四季彩割烹 伝・古民家カフェ持田屋…

などなど本当に多くの候補がありましたが、今回は『味彩』というお店に決めました。

 f:id:uenotakumi:20180828114103j:image

ホテルの一階に新しくオープンした『味彩』は店内もピカピカ&オシャレなのでおススメしたいレストランです。

f:id:uenotakumi:20180828114111j:image

ランチメニューはこちら。

釜飯のランチ・お刺身 海鮮系・洋食系などあらゆる佐渡グルメを堪能できます。

f:id:uenotakumi:20180828114115j:image

僕が注文したのは【えび釜めしセット】

f:id:uenotakumi:20180828114118j:image

釜めしなんて、普段食べないですからね!

やっほーい。

f:id:uenotakumi:20180828114107j:image

セットメニューは天ぷらかお刺身かを選ぶ事が出来ます。天ぷらを選択!

f:id:uenotakumi:20180828114123j:image

こちらは友人が頼んだ【ブリカツ丼】

佐渡名物だそうで、こちらもとっても美味でしたよー!

 

数多くの佐渡グルメがリーズナブルな価格で味わえる『味彩』はとてもオススメです!

☑︎味彩 金井店

・住所 : 新潟県佐渡市千種 113-129 

・連絡先 : ‭0259 57 2800‬

・営業時間 : 11:0014:30 / 17:00〜21:00

・駐車場 : ホテルの駐車場と兼用

佐渡に来たら『佐渡金山』は外せない!

佐渡で一番有名で定番の観光スポットと言えば『佐渡金山』ではないでしょうか。

佐渡金山とは、

文字通り金が採掘できる鉱山が昔々の佐渡にあり、その土地が今もなお遺跡として保護され残り続けている場所のことを言います。

日本全体で見ても、「〇〇金山」という形で残っている鉱山は少ないのではないでしょうか。

 

では、さっそく行ってみますう〜!

 

両津港からは車で約一時間…

 

さっそく佐渡金山の入り口に到着…

f:id:uenotakumi:20180828120139j:image

観光にもいくつかコースがあって

・宗太夫坑コース

(所要時間30分 自由見学 900円)

・道遊坑コース

(所要時間40分 自由見学 900円)

・世界遺産ツアー ガイド付き

(所要時間100分 一日前まで予約 1200円)

f:id:uenotakumi:20180828120207j:image 

僕は何の知識もなく、予約もしてなかったので『道遊坑コース』を選択しました。

f:id:uenotakumi:20180828120153j:image

入ってみてから知ったのですが、道遊坑とは採掘したらやつを運ぶトロッコの通り道的な感じらしいんですね。

 f:id:uenotakumi:20180828121250j:image

あー、こりゃエモい。(ちなみにめちゃ寒い)

f:id:uenotakumi:20180828120130j:image

実際に数百年前に、ここが使われてたっていうんだから興味深いです。

f:id:uenotakumi:20180828120149j:image

次は、かの有名な『道遊の割戸』に行きます。

f:id:uenotakumi:20180828120144j:image

さっそく「道遊の割戸」付近に到着。

うわ、すごい!と思いきや近くだとあまりすごさが伝わらないので…

f:id:uenotakumi:20180828120203j:image

引いてみるとこんな感じ!

山が割れとる

f:id:uenotakumi:20180828120135j:image

記念撮影にパシャり!!(恥ずかすい…)

 

その他にも、

昔ながらの景観や、

 f:id:uenotakumi:20180828122644j:image

シブリを連想させるような「映えスポット」もたくさんで。

 f:id:uenotakumi:20180828122640j:image

(ほらほらいい感じ!)

 f:id:uenotakumi:20180828120158j:image

40分ほどの見学はかなり疲れますが、天気が良ければありとあらゆる景色が最高です!

 

コース見学が終わったら、

f:id:uenotakumi:20180828123021j:image

趣のある休憩スペースで金箔ソフトクリームなんかを食べてみてはどうでしょう。

 

 

またまた…

佐渡金山から車で3分ほどのところに、

『北沢浮遊選鉱場跡』というラピュタ度120%の映えスポットがあるので、

f:id:uenotakumi:20180828125647j:image

ぜひ一度行くことをオススメします。

f:id:uenotakumi:20180828125651j:image

写真じゃあまり伝わらないかもですが、とにかくすごい景観なのでオススメです!

佐渡名物?『たらい舟体験』が意外と難しい…

佐渡にきたからには、

世にも珍しい『たらい舟』に乗る体験をしてみます。

f:id:uenotakumi:20180828124023j:image

僕がやってきたのは『力屋観光汽船』という乗り場です。

 f:id:uenotakumi:20180828124036j:image

併設されたおみやげ屋さんの「いかとんび」はぜひご賞味あれ。

 f:id:uenotakumi:20180828124040j:image

さっそくチケット(大人500円)を買って、たらい舟に乗り込みます。

 f:id:uenotakumi:20180828124031j:image

舵を左右に動かすだけなので、簡単なのかと思いきや…

 f:id:uenotakumi:20180828124027j:image

これがかなり難しい。

僕に代わった瞬間に舟が転覆しそうになる5秒前の図です。

 

僕はセンスのかけらもなくて乗れませんでしたが、慣れれば楽しいのかなと…。

おばあちゃんはすごく優しい!

f:id:uenotakumi:20180828124731j:image

もう僕は乗らなくてはいいかなと思ってますが一応オススメしときます。

☑︎力屋観光汽船についてはこちら!

・たらい舟 力屋観光汽船 WAKWAK

隠れ家スポット『宿根木』が超オススメ!

宿根木とは「廻船業で栄えた江戸時代の面影ある古風な町並み」がそのまま残っている集落を指します。

f:id:uenotakumi:20180828131327j:image

なんか現実から離れてきたような、

f:id:uenotakumi:20180828131346j:image

江戸の時代にタイムスリップしたような、

f:id:uenotakumi:20180828132057j:image

「ぼくなつ」の中にいるような、

f:id:uenotakumi:20180828131107j:image
そんな「ああ〜いいなこの感じ。」がたくさん味わえるスポットです。

 

かつて船大工の里として栄えた地域一帯が観光地化されているので、近くの海が絶景すぎる点もオススメしたいです。

f:id:uenotakumi:20180828131717j:image

ちょうど夕日が沈むタイミングに行けば、なおよしです。

f:id:uenotakumi:20180828175937j:image

水深5〜10mほどでも下まで透き通って見えるほどの綺麗な海です。

f:id:uenotakumi:20180828132004j:image

これは地元の人に許可を得て、海水浴を楽しみ始めた僕です。(楽しすぎた)

 

☑︎宿根木の詳しい情報はこちら!

『沢崎鼻灯台』からの夕日が最高すぎる。

海水浴の後は、夕日が落ちる決定的な瞬間をみるのが定番中の定番!

 

宿根木から車で10分ほどの『沢崎鼻灯台』がオススメです!

f:id:uenotakumi:20180828133531j:image

 

とりあえず言葉では伝わらないので…

 f:id:uenotakumi:20180828133344j:image

その1

 f:id:uenotakumi:20180828133333j:image

その2

f:id:uenotakumi:20180828133329j:image

その3

f:id:uenotakumi:20180828133338j:image

その4

f:id:uenotakumi:20180828133321j:image

その5

 

このように天気と時間帯が合えば、きれいな夕日がみれると思うので絶対みてください!

朝食付きの旅館で一泊 散策がてらに夕飯を

ずいぶんと旅を満喫したところで、後は夕飯を食べて寝るだけ。

 

僕の場合はいつも、前日に楽天トラベルでポチった適当な宿な泊まります。

f:id:uenotakumi:20180828154118j:image

(今回は【かもめ荘】という旅館!)

 

ここでの僕のオススメは、

朝食付きの宿泊プランを予約して、夕飯は旅館の人のおすすめを聞いて地元民の御用達てきなところにふらりと行くことです。

 

一泊二食付き旅館ほど値段は高くつかず、かつ夕飯は地元グルメを堪能、朝食はゆっくりとお腹満たすことができるのでとても幸せです。

 

そんな旅館の方に聞いたお店↓

 f:id:uenotakumi:20180828151553j:image
『串しげ』という鶏肉料理を扱う居酒屋さん。
  f:id:uenotakumi:20180828151549j:image

店主の子供が走り回っていたり、野球中継がテレビに映っていたり…いいですね、コレ。

f:id:uenotakumi:20180828151609j:image

メニューはこちら。
 f:id:uenotakumi:20180828151557j:image

自分の好きな焼き鳥を好きなだけ注文…

うん、美味しい。

f:id:uenotakumi:20180828152701j:image

【とり丼 600円】

f:id:uenotakumi:20180828152704j:image

【親子丼 600円】

 

鶏専門店とあって、とても美味しいお店です。

お料理の味もお店の雰囲気も含めて100点!

 

ぜひ、佐渡に行った際はどうぞ!

☑︎串しげ 情報

・住所 : 新潟県佐渡市小木町1998

・連絡先 : 0259-86-3592

・営業時間 : 16:30~23:00

・その他 : 駐車場6台, 個室有り, 現金のみ

二日目のスタートは朝風呂から

【朝のスタートはお風呂から】これは旅館に泊まった時の僕の決まったルーティンです。

 

僕の泊まった【かもめ荘】には露天風呂がついていたので、超ラッキー!

f:id:uenotakumi:20180828153610j:image

朝一で入る露天風呂ほど気持ちいいものはないですよ!

 

お次は朝食。

 f:id:uenotakumi:20180828153653j:image

温泉でスッキリした後は、朝食会場にて朝ごはんを食べます。

僕はこの、起床→温泉→朝食→二度寝のサイクルが大好きです。

 

なので、朝食付きの旅館は譲れません!(笑)

f:id:uenotakumi:20180828151026j:image

僕がテキトーに予約した『かもめ荘』ですが、とても良かったのでおすすめです!

☑︎予約などコチラからどうぞー!

旅の終わりは映画で締めくくる

旅行も終わりに近づいてきたので、最後はあえて佐渡らしくないことでもしようかと…

 

そこでやってきたのが、ココ!

 f:id:uenotakumi:20180828155850j:image

こちらは2017年に古民家を改装してカフェ&映画館の『ガシマシネマ』としてオープンしたお店です。
f:id:uenotakumi:20180828155854j:image

外観は完全に古民家。
f:id:uenotakumi:20180828155842j:image 

中に入ると小規模ながらも、古風な映画上映スペースが広がります。
f:id:uenotakumi:20180828155858j:image

一回の上映+ワンドリンク付きで1,000円とかなりお手頃な価格で映画を楽しめます。

 

また鶏カレーのランチメニューもめちゃくちゃ気になりました。

 

さっそく映画を鑑賞…

 f:id:uenotakumi:20180902193552j:image

『ラッキー』という映画を観ましたが、

映画館で鑑賞するのとは違う良さがあります。

f:id:uenotakumi:20180828155902j:image
お店の奥はブックカフェのようになっていて、ここでランチを取ることも出来るようです。

 

本当に感慨深くステキな空間

道幅が狭くここまで辿り着くのは容易ではないことを除けば、佐渡らしくはない素敵なスポットですのでぜひ…!

 

☑︎café ガシマシネマの詳しい情報はこちら

・1drink付き 大人1,000円 高校生以下500円
・定員20名 +200円で指定席予約も可能。
・TEL : 0259-67-7644

・e-mail : gashimacinema@gmail.com

・café ガシマシネマ 公式ホームページ

まとめ

一通り、僕の弾丸旅行in佐渡の旅行記を書いてきました。

 

個人的な感想としては、

・まずフェリーでテンション上がる

・海鮮を始めとする島グルメが激アツ

・定番の観光地は安定の楽しさ

・本土にはないような映えスポットたくさん

・綺麗なオーシャンビュー&サンセット

・レンタカーで島を巡るの自体が楽しい

・穴場スポット開拓も醍醐味の一つ 

 

と、大満足です。

 

佐渡は何にもない島だ。というイメージを払拭することが出来たでしょうか?

 

ちなみに僕が、

行きたかったその他の場所としては…

◻︎観光地

・トキの森公園(天然の朱鷺を観察)

・西三川ゴールドパーク(砂金取り体験)

・二ツ亀海水浴場(海入りたい)

・大野亀(ハイキングスポット)

・ダイビングサービス F.WAVE

・無名異焼 玉堂窯元(陶芸体験)

◻︎グルメ

・かもこ観光センター

・古民家カフェ 持田屋

・佐渡 廻転寿司 弁慶 本店

・長三郎鮨

・へんじんもっこ

・Restaurant & Bar こさど

 

など、まだまだ挙げればキリがありません!

 

僕自身またリピートしたいと思いますし、これを見た人が少しでも佐渡の魅力に気付いてくれたらと思います!

 

もし上に挙げた「僕が本来行きたかったスポット」に行った人がいたら一報くださいね…!

 

ではでは〜