UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

リゾバ選びに失敗して、一週間で辞めるまでの話。⑤生活環境

こんにちは、ウエノです。

前回から僕がリゾートバイト選びに失敗して、ものの一週間で辞めてしまうまでの話を書いています。

 

僕が辞めることになる理由で、

最も大きかったのが職場の「人間関係」だと書いてきましたが、それ以外の点でも辞めたくなる理由が多くありました。

 

それは、仕事以外の点にあります。

 

一般にリゾートバイト中は、

・リゾート施設内で暮らすことが出来る

・滞在中の食費が支給されることが多い

 

=滞在費がタダで稼げる!

 

というのが、リゾバのメリットの一つです。

 

そうつまり、

他のバイトと比べて「生活環境」の充実がリゾバをしていく上でとても重要になってきます。

 

今回は、そんな「生活環境」についての話を書いていこうと思います。

社員寮にはクーラーも扇風機もない。

他の派遣先の待遇が分からないので、一概には言えませんが、

今回、僕が提供していただいた社員寮の環境は決して良いものではなかったと思います…。

f:id:uenotakumi:20180825210427j:image

↑ちなみにこれ。

f:id:uenotakumi:20180825210413j:image

↑部屋の中の写真です。

 

まあいわゆる「〇〇荘」てきな寮を想像していただければいいと思うのですが、もちろんテレビやクーラー・扇風機などはありません。

 

本当に、生活に必要な最低限度の設備しか置かれていませんでした、

 

他のリゾートバイト先では、

・広いコテージに泊まれる…

・リゾート先のキレイな洋室で〜…

といった話を聞いていたので、この点はかなりギャップを感じずにはいられませんでした。

 

まあ見た目や古さなどは、百歩譲っていいとしてもクーラー・扇風機がないのはさすがに…

 

避暑地としてのリゾートでしたが、

気温が30度を超える日もありましたし、雨の次の日はジメジメして、夜はとても快眠ができる環境とは言えませんでした。

 

ただでさえも仕事環境が厳しい中で、

帰ってきて休む環境がコレ…だったので、僕の休まる空間はどこにもありませんでした。

美味しいと話題の社食…はどこ?

僕の記憶が正しければ、派遣先を紹介してもらう際に担当者の方から、

 

就業日には昼と夜どちらも無料の社食が付いて、かなり美味しいと評判ですよ〜!

 

…と仰っていたと思います。

 

まあ、お高めの旅館の社員食堂だしね、それはけっこう期待してもいいよね、うんうん。

 

 f:id:uenotakumi:20180825210722j:image

正直これはかなり豪華な方です。

基本的に主菜と副菜(?)が一つに、ご飯とお味噌汁が付いているのが一食分です。

 

うーん…

提供されている食事にあれこれ言うのは、僕のポリシーに反するので控えますが、

12時間近く働いた後に食べるご飯としては、少し寂しいものがありました、ごめんなさい。

 

・「美味しいと評判!」とハードルを上げてしまったこと

・友人の派遣先でのもっと優れた食事環境を聞いていたこと(余ったバイキング・お酒飲み食べ放題など!)

などの理由から、不満に感じずにはいられませんでした。

 

コンビニへは車で約30分弱という秘境中の秘境であったため、買い物に行くにも一苦労です。

 

ですが、満足のいく食事を求めて往復1時間弱をかけてコンビニに通う日々が続きました。

(リゾバのメリットである、滞在費実質ゼロはどこへ…)

 

そのため食事面ではかなり苦労しました…。

特別待遇 : 温泉入り放題!は正直言って微妙。

僕がリゾバの赴任先を旅館に決めた要因の一つとして、アルバイトもその旅館の温泉に入れる特典が大きいです。

 

実際に、

僕の赴任先のアルバイト募集では「旅館の温泉入り放題!」をアピールしていました。

 

ですが、

行ってみると本館からはかなり離れたところに設置された、古びた/小さめの浴場

 

本館と同じ源泉を引いているそうでしたが、イメージとはかなり異なったこじんまりとした社員専用の浴場でした。

 

正直、

特別に旅館の温泉をタダで入れる?それが無理でももう少しマシな温泉で疲れを癒せる!と思っていた僕は、ややショック。

 

しっかり確認しとけばよかった〜…

 

バイト選びの基準の一つに「温泉」を挙げていた僕としては、この点は大きながっかりポイントの一つでした。

まとめ

以上に述べてきたように、

僕がリゾバの赴任先で感じた「生活環境」への不満・がっかりポイントは、

・社員寮が不憫すぎる(特に冷房)

・社食が思ってたのと違う

・特典のはずの「温泉」も思ってたのと違う

 

この三つが、想像と違ってマイナスな時点で僕の契約である一ヶ月をこの環境下で過ごすのは厳しいと思いました。

 

ですが、

何度も「思ってたのと違う」と述べているとおり、事前にしっかりの確認して確かめなかった僕にも責任があると思っています。

 

なのであくまでも派遣先をdisってるわけではなく、僕と同じような理想とのギャップに落胆することのないよう僕の失敗を書いています。

 

労働環境は一番大切ですが、

このように生活環境も自分の肌に合わないと、長期間住み込みでバイトをするのがキツくなる要因になるので、しっかりと事前に確認をしましょう!という話です。

 

 

今回までに、リゾートバイトの失敗をこれまでいくつかの記事で書いてきました。

 

それでは、次回は「実際に辞める編」をお届けしたいと思います。

 

それでは、よろしくです。

 

ではでは。