UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

『おふろcafé utatane』のコスパが最強すぎる件…でも一人では二度と行かないと誓った。

こんにちわ、ウエノです。

突然ですが、

「あー温泉入りたいいい!」とか

「カフェでゆっくりしたいいい!」

って感情が同時にくることって多々ありますよね?…(たぶんない)

 

でも、温泉のくつろぎとカフェの落ち着きを同時に味わえたら最強だな…って思いませんか?

お任せください、それあります。

というわけで!

今回は、話題の『おふろcafé』なるものに行ってきました。

その結果、

思いの外ちょー良かった、みんなにオススメしたい点と、

思いの外ちょー最悪、もう行きたくないという点

が見つかったのでここ感想を書こうと思います。

『おふろcafe utatane』とは?

お風呂 caféと聞いて、イメージできる方は少ないと思いますが、公式ホームページによる説明は以下の通り。

【utataneってどんなところ?】

おふろであたたまりたい。

お洒落なカフェでごはんが食べたい。

寝転がって漫画が読みたい。

ボディケア・エステで癒されたい。

仕事に集中したい。宿泊がしたい。

これを全部叶えられるのが、

おふろcafe utatane。

…本当かよ!って思うかもしれませんが、本当です。

『おふろcafé utatane』では、

温泉ソムリエ監修の温泉に入ることはもちろん、あかすり・タイ古式のボディケアでリラックス、自由なスペースで本を読んだらパソコンで作業したり、レストランで美味しいお料理を食べたり…

 

温泉とカフェの良いところを足して、更にプラスαした施設です。

 

そんな太っ腹なサービスのおふろcaféですが、一点だけ妙な噂が…

その点も、少し真相を究明できたいいと思います。

それでは、れっつごー!

『おふろcafe utatane』に行ってみる。

『おふろcafé utatane』は埼玉県さいたま市北区大成町にあります。

f:id:uenotakumi:20180419202940j:image

一番最寄りの大宮駅からは歩いて30分以上かかるので駅からは「ニューシャトル」と言う公共バスを使うか、

無料で9人限定のシャトルバスも出ているのでそちらを使うのがオススメです。

f:id:uenotakumi:20180419202010j:image

詳しいご案内は公式ホームページから!

f:id:uenotakumi:20180419203005j:image

大宮駅から徒歩30分…(そう、歩き…)

ようやく見えてきました。

f:id:uenotakumi:20180419203250j:image

カフェというより工場みたいな立体感…

f:id:uenotakumi:20180419203404j:image

この辺りで、なんだか周りにカップルが多いことに気付いています…

f:id:uenotakumi:20180419203548j:image

入り口を開けると、とってもお洒落なホテルのエントランスみたいなご様子。

f:id:uenotakumi:20180419203937j:image(https://goo.gl/images/n5oENG)

こんな感じを想像していたので、少し残念ではありました。

f:id:uenotakumi:20180419204120j:image

フリータイム料金1260円であとは自由です。

f:id:uenotakumi:20180420120911p:image

利用時間はなんと23時間

f:id:uenotakumi:20180419232456j:image

ここでお風呂セットをもらいます。

カフェ内では基本的パジャマ姿で過ごします。

f:id:uenotakumi:20180419231429j:image

こちらのバーコード付きのタグが館内で現金代わりになります。

カフェで注文する際もこちらをタッチするだけ、帰るときに利用料と一括会計出来るということです。

f:id:uenotakumi:20180419223922j:image

カフェ内の雰囲気はとっても素敵です。

 

こんな感じで入カフェに成功したので、

次は皆さん待ちに待ったのバスタイムです…いやん。

ソムリエ公認の温泉に入るよ。

ちなみに温泉ソムリエとは、温泉ソムリエ協会による民間ライセンスのこと。

f:id:uenotakumi:20180420105013j:image

そんな彼らが大絶賛なのがこちらの天然温泉な訳です。

「白寿の湯」という埼玉県で有名な源泉から引いている温泉です。

f:id:uenotakumi:20180419230611j:image

さっそく潜入してきます…

この先は18歳以下は見ちゃダメだぞ!

 

ババンババンバンバン、♪

(ア ビバ ビバ ビバ )、♪

いい湯だな、アハ ハン ♪

 

めっちゃめちゃ、きもぢいです。

そして、お風呂上りはやっぱりフルーツ牛乳に限ります。最高。

f:id:uenotakumi:20180419233335j:image

中の情報はあまり詳しく言えませんが、露天風呂、ジェットバス、電気風呂、サウナに水風呂

色々なお風呂があってとっても快適。

f:id:uenotakumi:20180420105217j:image(https://ofurocafe-utatane.com/ofuro)

泥パック体験泡風呂イベントなども随時行なっているそうで、

想像するだけで鼻血がとっても楽しそうですね!

 

こちらの温泉はカフェにいる間は何度でも出入り可能なので、好きなときに好きなだけ入れるのが最高。

ちなみに僕は9時間の滞在で、三回入りました。(笑)

温泉以外のコスパが最強…

温泉もすごかったですが、カフェまたはワーキクングスペースとしても画期的です。

f:id:uenotakumi:20180420111325j:image

オトナの都合であまり写真撮れませんでしたので、公式HPからお借りします。

 

マッサージチェアなとが置いてあるリラックススペース

f:id:uenotakumi:20180420111600j:image

奴らカップルさんたちがいちゃいちゃを極めるラウンジスペース

f:id:uenotakumi:20180420111613j:image

お洒落でインスタ映えするメニューが多いカフェレストラン

f:id:uenotakumi:20180420111631j:image

最先端のマンガから雑誌や小説を揃えたライブラリコーナー

f:id:uenotakumi:20180419233210j:image

「うわ、これ読みたかったんだよね!」が大体揃っています。

f:id:uenotakumi:20180419232909j:image

そしてコーヒーは飲み放題、いえい。

f:id:uenotakumi:20180419233515j:image

そしてWi-Fi・充電器完備の快適なワーキングスペースにてカタカタやったり漫画読んだり…

これで9時間過ごしました。

控えめに言って最高すぎるうう…

さて、あの件は?

はい。ここまで聞くと、

これで「1260円?ヤバすぎん?」と思われるかもしれませんが少し問題が…

そう、

「リア充率、いちゃいちゃ率高すぎ問題」です。

 

落ち着いたカフェの作りで気が緩んでしまうのでしょう、そしてお風呂上がりというもうまさにその!あああ…絶好の時間帯なのでしょう…

 

パジャマ姿で、あんなことやこんなことしてるリア充さんが多すぎます…

f:id:uenotakumi:20180420113655j:image

(本当にこんなのばっかです…↑)

リア充率は大体僕が見たところ90%くらいで、いちゃいちゃ率は2億%くらいですかね。

 

写真をあまり撮れなかったのは、パシャパシャやってると、

おい俺の女撮るんじゃねえよ」みたいな彼氏の方の視線に耐えられなかったからなんです。

 

そしてこの何とも言えない空気感は、

人目はばからず家モードを出す彼らが悪いのか、温泉入って漫画読んでる場違いなおじさんが悪いのか…

 

でも、

とっても楽しそう…。

f:id:uenotakumi:20180419233553j:image

そんな中、机の両脇をカップルに囲まれながらも前から読んで見たかったこちらの書籍を読んでいました。

いつも以上に内容がスムーズに入ってきたような気がします、

まとめ

利用後のツイッターの様子。

 

 

結論としては二種類の使い方があって、それでいいと思います!

一つは最高の環境でいちゃいちゃを見せつける最強のデートスポットとして、

もう一つはコスパ最強の温泉&ワーキクングスペースとして、

です。

 

タイトルではもう行きたくないと言っていますが、また機会があれば行きたいと思います。

相当の覚悟が必要ですが…

 

あ、違うな。

前者の使い方をすればいいんだ…がんばろ。

 

ではでは、