UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

格安スマホにお乗り換え!スマホ代8,000円→2,980円の感想を述べたい。【UQモバイル】

皆さんは、月々のスマホ代にいくら払っていますか?

 

三大キャリア( au , docomo , softbank )の方はだいたい6,000円〜10,000円ほどでしょうか…。

 

はっきり言いますが、それ無駄ですぜ。(泣)

一回見直した方がいいですぜ…。

 

なぜ僕がこんなに上から目線で偉そうなのかと言うと、今話題のアレに替えたからです。

 

そう、アレです、

格安スマホです!

 

最初に言っておきますが、僕の場合は3,000〜4,000円(毎月)の節約に成功しています。

 

年に換算すると……うふふ。

 

この記事を読んでいただいてる人の中にも「あーそれ!気にはなってたんだよね〜。」と言う人も多い思うので、

 

そもそも格安スマホとは何なのか、

実際に替えることによって何が変わって、何が安くなるのか!それらを丁寧にみていこうと思います。

そもそも格安スマホとはなんぞやという話。

「格安スマホ」と聞いて、まず思い浮かべるのが "なんか安いらしい""すこし怪しそう"の二点かなと思います。

 

では、

なぜそもそもスマホが格安になるんでしょうか?というか、何がどうなって格安に??

 

端的に言ってしまえば「通信回線」が格安になることによります。

 

元々、三代キャリアと呼ばれる三社が持っている回線には、初期投資やその維持費に膨大なコストがかかってしまうわけです。

 

それらコストを回収するために出来るだけ高いプランを契約して欲しいキャリア側としては、

あの手のこの手を使って、(ぶっちゃけムダな)サービスを付けてはセット料金として契約料を増そうとするので、月々の値段は必然的に上がってしまうわけなんです。

 

一方で、格安スマホの場合には莫大なコストのかかる通信回線を三大キャリア会社から「レンタル」して使います。

また、一人一人のデータ通信量や月間の通話時間に合わせた料金プランを設計することが可能です、

 

以上の点から、

そもそも通信回線を自社で持つためコストがかからない点、ムダを省いたプランを自分で設計できる点で、格安スマホが「格安」たる所以なわけです。

個人的なオススメは「UQモバイル」!!

僕は元々auの回線だったこともあり、現在CMで話題の「UQモバイル」に変更をしました。

 

なので今回、乗り換えをして二週間ほどが経った今現在の感想を書いていこうと思います。

 

しっかりとデメリットにも言及していきますよ〜。

1.au契約時の月額料金が半分以下!

格安スマホの一番の利点ですが、UQモバイルではいくつかのプランでこれらを実現しています。

主なプランは、

Sプラン(1980円〜) / Mプラン(2980円〜) / Lプラン(4980円〜)の三つですが、これの差は月間データ容量によって生じます。

 

それらにプラスして、一回5分以内の通話を無料にするおしゃべりプランと月々120分以内の通話を無料にするぴったりプランから通話プランを選ぶことが出来ます。

 

整理するとこんな感じ↓↓

【おしゃべりプラン】

f:id:uenotakumi:20180610172422j:image

 

【ぴたっとプラン】

f:id:uenotakumi:20180610172603j:image

(料金・サービス | 【公式】UQモバイル)

 

月々の通話料が少なくなってきているという方も多いと思いますが、全くのゼロの人はいないと思うので、二つのプラン(かなりお得)から選べるのはUQのいいとこです、

 

僕はちなみにぴったりプランMで契約をしていますが、来月からは「プランS」に変更しようと思ってます。

 

え、「月額2GB」って少ないでしょ!

そう思った方も多いと思いますが、ここにはUQモバイルのカラクリがあるんですよ〜。

2.SNS使用のデータ消費がゼロ!

簡単に言ってしまうと、データの通信速度を自分でコントロールすることが出来るんです。

この点が、僕がUQモバイルをオススメする一番の理由かもしれません。

 

UQモバイルでは、専用アプリ上で切り替えることが出来る「節約モード」と「高速モード」か存在します。

 

節約モードに設定をすると、通常のキャリア通信や高速モードにこそ劣るものの十分にSNSやネット検索、音楽ストリーミングを楽しむことが出来る通信に変更されます。

 

f:id:uenotakumi:20180610232111j:image

(MMD研究所「2017年2月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」)

 

また高速モードでは、通信速度が弱点と言われる格安スマホの中で1.2を争う通信スピードが実現されています。

 

これらのモードを使い分け、

基本的には節約モードでデータ消費ゼロ、早い通信が欲しい時のみ高速モードに切り替える。という使い方をすることで月々の通信量は格段に削減することが出来ます。

f:id:uenotakumi:20180610175507j:image

こちらは僕の実際のアプリ上の通信データですが、10日間ストレスなく使用して1GB弱のデータ消費(初日に間違えて、かなーり長時間の動画を再生してしまいましたが…)です。

 

家にWi-Fiがあったり、そこまで早い通信を求めない方には絶対オススメですよ!

3.乗り換え&切り替えがラク!

今までauなどのキャリアを使っていて、乗り換えようと思ってる人は新しい端末を買うことなく中古スマホを利用することができます。

 

その場合はSIMを変えるだけで、UQモバイルスマホに変身するのでとっても簡単です。

分からない方はまずこちら!

 また僕の場合は、画面がふとしたことでバキバキに割れてしまって再起不能&すぐ使う必要性があったのですが、

契約をしに行ったその日のうちに新しい端末を購入でき、UQモバイルの契約をセットで済ませることが出来ました。

 

このように、切り替える際もセットで出来る会社は少ないんです。

 

iPhoneの取り扱いは、iPhone6s、iPhone SEの二つだけですが、その他の多くのスマホは端末ごと契約することが出来ない会社が多いので、こちらもかなり優秀だと思われます。

 機械オンチな人にとって、専用ショップなどの実店舗が多く存在等する点でもUQモバイルは優秀です。

※そのほか多くの格安スマホは実店舗を持たないので、ネット上での契約になるので初めての人にとっては少し不安&難易度高めです。

4.家族割がとってもお得!

他の格安スマホにはほとんど見られない特典ですが、二台目以降月々500円オフの「家族割」が適応されます。

 

この月々500円オフが永久に続くのはかなりデカいです!

 

僕の家もそうですが、そこまでデータ通信を使わない自分の両親などが高いセット料金を払わされているケースは多いと思います。

f:id:uenotakumi:20180610182843p:image

(UQ家族割で月額1,480円、だぞっ | 【公式】)

 

なので、僕は両親を頑張って説得している最中です!家族揃ってムダをなくしましょう!

 

続いてデメリットを…↓↓

 

1.キャリアメールが使えなくなる。

UQモバイルでは、@ezweb.ne.jp / @docomo.ne.jp / @softbank.ne.jp などのメールアドレスを使うことが出来なくなってしまいます。

 

代わりに@uqmobile.jpのアドレスを使用するためには月額200円がかかってしまいます。

 

この点は、Gmailなどのフリーアドレスをメインで使ってる人なら全く問題ないはずです。

2.二年目以降から値段が変わる。

Sプラン1980円〜!!安い!と思った人には申し訳ないですが、14ヶ月目以降の料金は1,000円高くなってしまいます。

f:id:uenotakumi:20180610231637p:image

この点は、かなりの批判を浴びているようなので今後改善されるかもしれません。

 

とは言っても、

まだまだ安い範囲の内ですし、その他の格安スマホも同じような料金形態をとっている会社が多いので、致し方ないと言えるのではないでしょうか…。

3.他社と比べてプランが少ない。

これはぼくの場合は特に気にならなかったですが、「UQモバイル」は先ほど紹介した三つのプランとデータ高速プラン、データ無制限プランの五種類になります。

 

詳しくはこちら↓↓

その他の格安スマホは、

例えばUQモバイルと比較される「mineo」の場合は500MB〜30GB間の七種類から選ぶことが出来るなど、料金プランの多様さでは、UQモバイルは負けを認めざるを得ません。

 

2GB、6GB、14GBの中から選ぶのでは不十分というのであれば、他の会社を検討してみてもいいかもしれません!

メリット・デメリットを整理

メリット

☑︎どう頑張っても月額料金は以前より安く。

☑︎SNS使用のデータ消費ゼロ。

☑︎高速モードは格安スマホ随一の速さ。

☑︎切り替え&乗り換えがラク。

☑︎実店舗による徹底したサポート体制。

☑︎家族割でお得。

デメリット

☑︎キャリアメールが使えない。

☑︎二年目以降に料金アップ。

☑︎プランが少なめ。

☑︎もっと安い格安スマホはたくさんある。

 基本的には、

データ通信速度の速さと節約量、また大手キャリアのauの子会社という安心感がUQモバイルの強みでないかと思います!

まとめ : 自分に合ったスマホを選ぼう!

一概に格安スマホと言っても、知らないうちに非常に多くの種類のスマホが登場しています。

 

Y!mobile、mineo、UQ Mobile、楽天モバイル、LINE モバイル、DTI SIM…

 

いま使ってる回線からの乗り換えやすさや、様々な条件を検討した上で自分に合ったプランを選びましょう!

 

また上に挙げたように、メリットばかりではなくキャリア会社に劣ってしまう点があるのも忘れてはいけません。

 

個人的には、

格安スマホに変更するメリットは、デメリットを遥か多いと思ってるのでこれからもどんどん薦めています。

 

よく分からないから〜…怪しそうだから〜…という理由で変えないのは良くないですよ!もったいない!

 

もったいない関連でもう一つ話をすると、

二年縛りがあるから…という理由で変えない人の方が全然もったいないですよ!

 

二年縛りの違約金は9,500円なので、例えば僕なら月額3,000円〜4,000円浮いていることを考えるとたった数ヶ月で、元が取れてしまいます。

 

…とするならば、変えるなら早い方がいいのでは??

と、僕は思うわけです。

 

今回は話題の格安スマホについて、例として「UQモバイル」を挙げて紹介しました。

ぜひ検討してみてください!

 

それ以外にもオススメを貼っておきますね。

合わせて読みたい

・プラン豊富とコスパの「mineo」

・たくさん通話をしたい人は「Y!mobile」

・楽天ユーザーにオススメの「楽天モバイル」

・ラインをたくさんする人は「LINEモバイル」

UQモバイル検討の方も、それ以外の方も分からないことが、あれば聞いてくださいね。

レッツ格安!おトク!節約!賢い!

 

ではでは!