UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

読書嫌い必見! Amazonで好きな本を1円〜買う方法をまとめる。

今回は、

本を読むのがあまり好きじゃない方、いやもちろん、本を読むの大好きな方にとっても少しお得な情報をお届けしたいと思います。

 

かつての僕は本を読むのがぜーんぜん好きじゃなかったのですが、最近では好んで色々な本を読んでいる、読書まあまあ好きマンです。

 

だからそこまで好きじゃない人の気持ちもよーく分かりますし、その理由も大体分かっているつもりです。

 

その理由の一つに、本をわざわざ買うのって高いなあ…一冊に千円とか少し気が引ける…ということがあると思います。

 

(もちろん、自分よりも数段賢い著者の脳内が数千円で覗けると考えれば、読書ほどコスパのいいインプット方法は無いのですが…)

 

そんな人に向けて、読みたい本を出来るだけ格安で(0円〜)手に入れる方法を考えていきます。

 

最初の二つは、前回の記事で紹介済みなので、さらーっと流します。

まずは王道「Kindleオーナーライブラリ」で!

f:id:uenotakumi:20180617124829j:image

本を実質タダで手に入れる方法の一つとして、 Amazonのプライム会員特典の一つである「オーナーライブラリ」を使う方法があります。

 

今さら感はありますが、プライム会員になる十分すぎるメリットはこちらから↓↓

「Kindleオーナーライブラリ」とはプライム会員の方限定で、1ヶ月に一回好きな本を無料で受け取ることができるサービスです。

(このサービスと送料無料だけで、プライム会員の元は充分に取れてしまうんですよね…)

 

「好きな本」と言っても、 Amazonが認めている本に限られています。しかし和書だけで、軽く二万冊は超える量を扱っているので十分すごいです。

 

普通に考えて、1ヶ月に一度好きな本(千円前後)をタダで貰えるってヤバいですけどね。

 

本を買うコストが気になる!という方はまず無料で本を受け取ってみてはどうでしょうか。

 

※オーナーライブラリ対応の本を探すのは意外に大変で、僕もこちらの記事にお世話になりました。↓↓

Kindleオーナーライブラリーの探し方がやっと解った。

※このサービスはKindle端末を購入しないと使えません。なのでこの際に買いましょう。(笑)

月額で読み放題!「Kindle Unlimited」

f:id:uenotakumi:20180617125113j:image

こちらはAmazonがサービスを展開している、本をたくさん読む人のための超お得なサービスです。

 

月額980円で、Amazon内の(オーナーライブラリより遥かに多いです。)本が読み放題になるというサービス。

 

読める本の種類は小説や新書だけでなく、マンガや雑誌など多くの本が読み放題です。

その数は和書だけで、20万冊ほど。

 

単純に二冊以上でAmazon泣かせですし、

好きな時に好きなだけ本を読めるので、読書にどっぷりハマりたい!という人は契約しない手はありませんね。

中古本を「1円」で買うお得すぎる方法。

こちらはあまり知らない方もいるんですけど、 Amazonでは一般の方による中古の商品が数多く出品されています。

 このAmazon以外が出品者となり販売するサービスを「マーケットプレイス」と言います。

 

このマーケットプレイスを使うことで、あらゆる商品を原価より安く買うことができ、その最たるものが「中古本」なわけです。

 

例を見ていきましょう。

f:id:uenotakumi:20180617111319p:image

 

例えば又吉直樹さんの「火花」を買うとします。普通に買うと626円ですが、

(下に進む↓)

f:id:uenotakumi:20180617111538p:image

 

マーケットプレイスにて2円から売りに出されているのが分かります。

に、に、にえん…?!

(さらに進む↓)
f:id:uenotakumi:20180617111501p:image

 

確かに、中古品でかつ状態の良い商品が2円で売られていました!

その他にも、77点もの「火花」がマーケットプレイスで売りに出されていました。
f:id:uenotakumi:20180617111600p:image

 

買う際には、⑴出品者の評価 ⑵お支払い方法と発送について⑶商品の状態 の三点を確認しましょう。
f:id:uenotakumi:20180617111514j:image

 

 今回のように、Amazon側による販売では到底有り得ない、一般者出品だからこその企画・サービスなんかもあったりします。

 

※またマーケットプレイスでは、プライム会員でも送料がかかってしまうのでその辺は注意が必要です。

(逆に送料がかからなかったら、完全にAmazonが赤字になりますよね…ご了承ください)

 

僕は近年、電子書籍への完全移行を試みていますが、

手元に置いておきたい&他に人に共有したい本であり、かつKindle版よりも中古本が安い時に、マーケットプレイスを使っています。

 

このように、書店で買うよりもはるかに安く本を買うことができるので、読書のハードルが高い方、読者=紙派の方はぜひ!

まとめ

紹介した出来るだけ安く本を読む方法をまとめます。

1.プライム特典「Kindleオーナーライブラリ」で1ヶ月に一冊無料で本を受け取る。

2.「Kindle Unlimited」で月額980円で本を読み放題。

3.「マーケットプレイス」で本を1円〜買う。

 

(

※もう一つプライム特典で「prime reading」という700〜1000冊が読み放題になるサービスがありますが、扱う書籍が少なすぎるのであまりオススメしません。

f:id:uenotakumi:20180617124639j:image

参考:通販 教えて.com

)

これからの時代、いくらでもコストをかけずに読む方法は用意されているので、「忙しくて…お金がないから…」は言い訳ですよ!

 

このブログを読んで、本嫌いな人が少しでも本を読みたくなってくれたら幸いです。

 

ではでは〜!