UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

盛岡に来たらこれ!盛岡三大麺を制覇したその感想&お店紹介。

こんにちわ!

 

ラーメン大好き、むしろ麺類大好きブロガーのウエノです。

 

僕の愛してやまない新潟はラーメン王国として有名なんですが、

 

実は岩手県盛岡市も「麺の聖地」と呼ばれるほど麺文化がお盛んで、

 

「盛岡三大麺」という三大ブランド麺があるようなんですね!

 

これはだまっちゃ要られません…

 

さっそく行って食べ尽くして感想を述べちゃおうと思います。

「盛岡三大麺」とは?

盛岡三大麺とは、その名の通り岩手県盛岡市を代表する、

わんこそば・盛岡冷麺・じゃじゃ麺の三つのことを指します。

わんこそば 「東屋本店」

わんこそばについてはコチラの記事で紹介した通りです↓

【わんこそばを求めて盛岡市「東屋本店」へ!目標は100杯超えです!】

 

盛岡市に代々伝わる「おもてなしの心」から生まれた地域特有の食文化です。

 

めっちゃお腹いっぱいなるし、とにかく楽しい!

 

「東屋本店」さんは予約無しで、2,700円からいつでもわんこそば体験ができるのでオススメですよ〜!

盛岡じゃじゃ麺 「白龍」

じゃじゃ麺は元々「炒めみそうどん」という意味で、発音の似た中華料理のジャージャー麺とは全く違う料理です。

 

うどんのような平打ち麺に肉味噌を混ぜ合わせ、しょうがやニンニク、ラー油でアクセントを加えながら楽しみます。

 

そんな元祖 盛岡じゃじゃ麺がいただけるのが「白龍」というお店です。

f:id:uenotakumi:20180110212656j:image

50年以上前に盛岡市で初めてじゃじゃ麺を考案したのが「白龍」の店主 高階貫勝さんだそうで。

f:id:uenotakumi:20180110213250j:image

メニューはこちら!

じゃじゃ麺とろうすう麺の二種類だけなので迷いましたが今回はじゃじゃ麺で!

 

「ちいたんたん」という想像のつかないメニューもオススメされたので頼んでおきました。

f:id:uenotakumi:20180110213935j:image

なんか思ってたより地元グルメ感がすごくて親しみやすい見た目ですね。(笑)

 

※僕は朝ごはんに中盛を食べたのですがけっこう量が多いのでご注意。

f:id:uenotakumi:20180110214345j:image

特製の肉味噌と平打ち麺を混ぜ混ぜします。

 

お味の感想としまして、

肉味噌の味が今まで食べたことのない不思議な味噌の味…

 

少ししょっぱいんだけどなんだか一味足りないような…

 

そこで、卓上のラー油、ニンニク、しょうが、お酢の出番です!

 

これらの調味料を使って自分流にアレンジするといい感じかもしれません。

 

僕のオススメ断然はニンニク!

f:id:uenotakumi:20180110215038j:image

麺を食べた後に生卵を割ってかき混ぜた状態で、カウンターに持っていきます。

「はいよ!ちいたんね!」

 

…と元気のいいおばちゃん。

f:id:uenotakumi:20180110215237j:image

スープとネギ、肉味噌が足された状態で器が戻ってきました。

 

プラス50円の「ちいたんたん」とは食後のたまごスープ?のようです。

 

冷えた体に染み渡ります。こちらはラー油やお酢のアクセントがオススメ!

 

総合的に大満足なじゃじゃ麺でしたが、「白龍」は行列店なので朝に行くことを勧めます!

盛岡冷麺 盛楼閣

冷麺といえば、今や焼肉チェーン店などでかなり頻繁に目にするようになりましたが、

 

元々は朝鮮半島の料理を、朝鮮から移住してきた方が盛岡に広めたことに由来する盛岡名物なんですね。

 

そんな本格的な盛岡冷麺を食べることのできるのが、駅前ビル2Fにある「盛楼閣」さんです。

f:id:uenotakumi:20180110221224j:image

こちらは焼肉店ですが、半分以上の人が冷麺目当てで来店するようです。

f:id:uenotakumi:20180110221345j:image

店内はかなり高級な雰囲気…

f:id:uenotakumi:20180110221623j:image

特製温麺もかなり気になりますが、「盛楼閣冷麺 中辛 1,000円」をオーダー。

辛さは7段階から選べます!

f:id:uenotakumi:20180110222606j:image

真ん中にクルクル盛らつけられた麺に、キムチ、キュウリ、ゆで卵、季節の果物といったトッピング。

f:id:uenotakumi:20180110222934j:image

食べて思ったのは普段食べる冷麺の麺とは比べものにならないくらいのコシの強さ!

 

あと、中辛は上から三つ目の辛さでしたが思ったより辛くないです。

むしろ甘い感じ!

 

どうせそこらの焼肉と同じじゃん?

と思っていましたが予想以上にクオリティが高くて驚きました。

 

盛岡のお店ごとに味付けやこだわりが違うそうなので他の店舗にも行ってみたいですね!

まとめ

盛岡市は駅前にも関わらずラーメン店が少ないなーと思っていましたが、こういうことだったんですね。

 

こんな美味しい三大麺があったらそりゃラーメンは厳しい。

 

三つがそれぞれ個性と歴史を持った素晴らしい伝統的な麺文化でした。

 

個人的に一番リピートしたいのはじゃじゃ麺…(笑)

 

エンターテイメント性を求めるなら断然わんこそば!

 

チェーンとの違いを味わいたいなら盛岡冷麺!

 

そんな感じで今回の三大麺巡りは充実していたなあ…

 

ちなみに新潟にも「新潟五大ラーメン」というのがありますよ!

 

ではでは!