UeNote

オモロい大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

日本の水族館にはもう行けない!ロシア最大の沿海州水族館に行ってきた。行き方&見所を解説!

こんにちわ!

 今回は、ウラジオストクに来たからには絶対に行きたいと思っていた「沿海州水族館」に行ってきました!

想像以上にすごくて、魅力度マックス!な観光スポットだったので、

そんな「沿海州水族館」へのアクセスから楽しみ方までの全てを紹介していきたいと思います。

沿海州水族館とは?

沿海州水族館 (別名:プリモルスキー水族館) は、ウラジオストクのルースキー島に2016年6月オープンしたロシア最大級の水族館です。

2016年に開催されたウラジオストクで開催された、APECに合わせてルースキー島で行われた、大幅な整備と開発の一環で建てられました。

そのため、水族館にはプーチン大統領や安倍首相も訪れたほどです。

f:id:uenotakumi:20171229223917j:image

(https://goo.gl/images/iVh72u)

ちなみに僕は水族館が大の大大大好き。

沿海州水族館へのアクセス!

ウラジオストク駅周辺の宿に滞在している方が多いと思うのでそこからのアクセスを解説します。

バスの乗り方はこちらを参照↓

市内から15番のバスに乗って約1時間ほど…

f:id:uenotakumi:20171229225400j:image

沿海州水族館の入り口前のバス停に到着です。

…と思いきやここは入り口の入り口。

f:id:uenotakumi:20171229225821j:image

ここから、さらに20分ほど歩きます。

 f:id:uenotakumi:20171229230302j:image

ど、どどーん!

これがロシア最大の水族館の入り口です!

天気が悪いせいで全然伝わらない…

f:id:uenotakumi:20171229230436j:image

入り口の周りには、脱走しちゃったお魚や甲殻類さんがたくさんいます。

f:id:uenotakumi:20171229230620j:image

玄関口のすぐ横にある建物でチケットを購入します。

f:id:uenotakumi:20171229231059j:image

受付は基本ロシア語ですが、指差しだけで購入出来るでしょう。

カードで支払いも可能です。

f:id:uenotakumi:20171229231307j:image

大人一人の平日の基本料金は700ルーブルで、11時と15時に行われるイルカショーを見ると800ルーブルになります。

子供は基本400ルーブル、休日は子供、大人共に200ルーブルずつ値上げです。

もちろん僕は、平日・大人(イルカショー付き) 800ルーブルのチケットを購入して入場。

 

それでは以下に、「沿海州水族館」の魅力を紹介していきます。

とにかく広い!2時間あっても周りきれない!

沿海州水族館の一番の魅力は、普通に歩いて回るだけでも2時間以上はかかってしまうほど館内がとても広いことです。

f:id:uenotakumi:20171230000327j:image

「バカでかいジオラマいえーい。」

また途中途中にある大迫力のジオラマはすごく魅力的で、男子はテンション上がること間違いなしです。

f:id:uenotakumi:20171230000605j:image

こんな昔の古代魚のジオラマまで…

f:id:uenotakumi:20171230000733j:image

写真撮影のスペースも広く用意されていて、フォトジェニックプレイスがたくさんありますよ! 

f:id:uenotakumi:20171230092711j:image

化石の発掘コーナー…

f:id:uenotakumi:20171230092804j:image

た、楽しい…

超マニアック!日本じゃ見れない生き物が多すぎる!

館内はとても広く、熱帯地域や北極・南極というように、生き物が地域別に分類されています。

f:id:uenotakumi:20171229235035j:image

こちらの扉を開けると…

f:id:uenotakumi:20171229235331j:image

リアリティのある熱帯雨林の中に、カメレオンなどの珍しい熱帯の動植物が、自然界のままの状態で生活しています。

f:id:uenotakumi:20171229235611j:image

本当に熱帯に居るかのような臨場感を味わうことが出来ます。

 f:id:uenotakumi:20171229235843j:image

熱帯に居たと思いきや…

ホッキョクグマさんとのツーショットが撮れたり。

f:id:uenotakumi:20171230091113j:image

こちらは江湖にしか生息していないチョウザメです。

日本にいたらまずお目にかかれません!

f:id:uenotakumi:20171230091636j:image

こちらはカメレオンが隠れているんですけどどこだか分かりますか〜?…

f:id:uenotakumi:20171230091705j:image

女子たちが好きなアレもたくさんいますよ!

大迫力のイルカショーは絶対に見るべし!

イルカショーは11:00と15:00の一日2回の公演です。

普通料金チケットにプラス100円観ることが出来るので、観ない理由はありませんね。

f:id:uenotakumi:20171230093309j:image

さっそく一番前の席を占領。いえい。

日本では味わえないほどの本格的なショーなのでぜひオススメです!

 

いくつか動画を紹介しておきます↓

沿海州水族館 3

△時期が悪かったのか席はスカスカで、好きなとこに移動し放題でした。


沿海州水族館 1

△解説のお兄さんの陽気な解説もいい感じで、会場は大盛り上がりです!


沿海州水族館 2

△イルカショーが終わったと思ったら今度はこんなショーが!

まとめ

2016年にオープンしたばかりのロシア最大級の水族館は、水族館が好きな人もそうでない人も絶対楽しめるスポットです!

市内からもアクセスも簡単で、料金も安いです!

 

日本にいない生物がほとんどなので見ていて飽きな過ぎました。

「水族館大好きブロガー」の僕からしたら、このためにロシアに飛んでもいいほど…

 

ではでは!