UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

実は簡単&超便利!ウラジオストク市内バスの乗り方と行き先を徹底解説。

こんにちわ!

 

僕はウラジオストク滞在中に色々な場所へ行くことが出来ましたが、その移動手段のほとんどはバスでした。

 

ウラジオストク市内を縦横無尽に走り、一回の乗車でどこまで行っても21ルーブル(42円)の最強の移動手段…

 

この市バス攻略が、ウラジオストクを楽しむ鍵になる事は間違いありません。

 

では以下に出来るだけ分かりやすく解説していきます。

f:id:uenotakumi:20171229083922j:image

※今後ウラジオストク市内を紹介する上でも使えると思われる、こちらの地図を見ながらだと分かりやすいです。

そもそも市バスとは?

市バスとはウラジオストク市内を朝から晩まで、ほぼ全範囲を走り続ける超便利なバスです。

 

ウラジオストク市内の移動手段はほとんどがバスかタクシーに限られていて、バスが非常に発達しています。

f:id:uenotakumi:20171229084827j:image

このように多い所では数百メートルに一つバス停があるほどです。

f:id:uenotakumi:20171229090536j:image

市バスは番号と、共通の車体の色で区別をします。

f:id:uenotakumi:20171229090709j:image

バスの利用の仕方は簡単。

後ろの方の乗車口から入り、目的地のバス停に着いたら運転手に21ルーブルを手渡し前の降車口から降りる。

それだけです。

f:id:uenotakumi:20171229091302j:image

車内の様子はこちら↑

よく揺れるので出来れば座りたいところですがご高齢の方には譲りましょう。

 

またバスの先と後ろは番号が振られていて、同じ番号のバスが走るルートは決まっています。

つまりその番号のバスの走るルートを覚えてしまえば自由に移動できるという事です。

 

でも違う番号のバスは数十種類あるしそもそも未知の土地でルートを暗記するなんて…

 

というのは当然なので、今回は分かりやすい市バス攻略法をお教えします。

Googleマップを使える場合

ウラジオストク滞在中、SIMカードやポケットWi-Fiなどで日常的に通信環境があればもう何も怖いものはありません。

 

今の時代、便利すぎます…

目的地を入れると現在地からのバス停、何番のバスに乗ればいいか、目的地までの時間の全てが経路マップに表示されるようになっています。

 

そこで今回はGoogleマップを使い、僕の宿泊地から「マリンスキー・沿海州劇場」へのアクセスを例に見ていきます。

f:id:uenotakumi:20171229093438j:image

「マリンスキー劇場」はウラジオストク市内で有名なオペラハウスです。

それではレッツゴー!

f:id:uenotakumi:20171229093614j:image

バスのアクセスは車と徒歩の間の、「54分」のところです。

目的地に地名を入れるとオススメのルートが検索されます。

f:id:uenotakumi:20171229093812j:image

オススメのルートをクリックすると、現在から徒歩7分で着くバス停から62番のバスに乗って29分…

そして「Detskiy Park」のバス停から徒歩4分で到着。

 

という流れを一気に表示してくれます。

f:id:uenotakumi:20171229094109j:image

あとは案内に従って、最寄りのバス停まで向かうだけ。以上です。

 

難しいと言われていた市バスもGoogleマップを使えば、好きな時に行きたいところに行くことが出来ます。

オフラインの場合

何らかの都合で、外出先で通信環境が使えない場合についても考えましょう。

 

先ほど言ったようにウラジオストク市内のバス停とバスの番号、そのルートを覚えるのはロシア語が読めないとほぼ不可能です。

 

でも十分行きたいとこに行ける方法があります!

 

その節は僕もこちらのサイトを参考にさせていただきました。

バスに乗ってみよう(おすすめ3路線)!! | ウラジオストク

 

サイトでも紹介されていますが、

ウラジオストク市内のだいたい有名なスポットを網羅できるオススメの3路線というのがあります。

f:id:uenotakumi:20171229100107j:image

 (http://urajio.com/news/bus)

この3つのルートは簡単かつ覚えてしまえばどこでも行ける、のでこの3つは最低限覚えましょう!

1.59番バスルート

f:id:uenotakumi:20171229100327j:image

59番のバスは主に青か黄色い車体が多いです。

ウラジオストク駅を中心として北と南を行き来しているバスです。

ファブリ・カザリャーやトカレフスキー灯台に行く時に使用します。

2.15番ルート

f:id:uenotakumi:20171229101133j:image

15番のバスは黄色い車体が特徴。

オケアンスキー通りのバス停から、マリンスキー沿海州劇場や鷹の巣展望台、沿海州水族館など多くの観光スポットに通じているので超便利です。

 

一番覚えておきたいルートです!!

3.31番ルート

f:id:uenotakumi:20171229101819j:image

31番ルートは銀色かオレンジ色の車体です。

金角湾に面したスヴェトランスカヤ通りを往復しているバスで、サーカスやキタイスキー市場に行く際に便利なルートです。

最後に

ウラジオストク駅から半径1キロのほどの宿に泊まっているとしたら、歩いて数分でこの三つのルートを走るバスの通りに出ることが出来ます。

 

僕は宿のWi-Fiである程度Googleマップでバス停や番号、その通りをスクショしてから、街に繰り出すというやり方でほとんど不自由しませんでした。

(僕の旅は基本オフラインなので…)

 

他のルートのバスにも挑戦しましたが、1回慣れてしまえば、難なく乗り降りすることが出来ました!

 

オフラインでもGoogleマップを使えば、現在地だけは表示してくれることを知っていましたか?

 

その機能を使えば、降りるタイミングも分かるので、最悪「スクショ作戦」でも十分観光ができるはずです!

 

慣れてきたら他の路線バスにも乗ってみましょう!

 

※ちなみに、市バスの運転手さんはみんなめちゃめちゃ怖いおじさんばかりです。

…が、分からないことを聞くと丁寧に怖い顔で答えてくれる優しいおじさんなので安心してください。

 

ウラジオストク市内は、市バスをマスター出来るかどうかで充実度が変わってきます!

 

覚え方も簡単なので是非挑戦してみてください!

 

ではでは!