UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

挑戦者求む!「ほうせい丸」2.5kg海鮮丼チャレンジに挑戦した結果は…

こんにちわ!

 

「〇分で食べれたら賞金〇〇円!」的なやつをやりたいって思ったことないですか?

 

僕は漫画とかバライティ番組でよく見る「ソレ」をやってみたくて仕方なかったんですけど…

 

ついに見つけちゃいました…↓

f:id:uenotakumi:20171226212459j:image

海鮮チャレンジ丼…

15分未満に完食で10000円贈呈。

30分未満に完食で5000円贈呈。

フードファイター挑戦者求む…!

 

きましたこれ!!

海鮮丼とかいくらでも食べれるやつ!

余裕すぎるわ〜、、、

 

お寿司や海鮮系が大好物の僕にとってはもってこいの挑戦です。

 

早速、予約をして行くことにしました。

※前日までに予約は必須です。

そこでチャレンジする旨と「来店時間」「来店者数」「挑戦者数」をお伝えください。

いざ「ほうせい丸」へ出陣!

f:id:uenotakumi:20171226214152j:image

新潟県聖籠町 東港インターを降りてすぐの所にある「居食亭 ほうせい丸」にやってきました!

 

店内の様子はこちら↓

カウンター席や座敷、デーブル席の全てが完備された広い作りになっています。

f:id:uenotakumi:20171226214941j:image

「居食亭 ほうせい丸」はお昼には定食やランチ、夜は地元民に愛される居酒屋さんとして営業されているお店です。

 

その中心は何と言っても新鮮な海鮮メニュー!

期待が高まりますね。

 

僕が入店するとそこは「予約席」のカードがしっかりと用意してありました。

テーブルの上はこんな感じ↓

f:id:uenotakumi:20171226220211j:image

まずはトイレへと向かい、今日のお腹の調子を確認。

「うんうん、悪くない…」

 

再びテーブルに着くと、早速おばちゃんたちがやってきて「始めちゃっていい?頑張ってね…!(ニコニコ)」

…と、僕のチャレンジの意思を確認し、激励のお言葉を。

 

ここの店員のおばちゃんたちは基本的にフレンドリーで挑戦中もずっと声をかけてくれます。

改めてルール確認!

f:id:uenotakumi:20171226215925j:image

まず最初に15分で完食10,000円コースか30分5,000円コースを選択。

食べきれなかった時はどちらの場合も3,980円。

そして食べきれなかった後は没収されてしまい、最後まで食べることはできない。

よって同席の方とシェアも禁止とされ、また同席者もメニューを頼まなくてはいけない。

ワサビやガリ、みそ汁は完食しなくても大丈夫。

挑戦中のお手洗いは禁止。

 なるほどなるほど…

 

よし!気合い十分!ばちこいや!

海鮮丼チャレンジ開始!

着丼…

f:id:uenotakumi:20171226222415j:image

伝わりますでしょうか…

恐らくまだ伝わってないと思います。

f:id:uenotakumi:20171226222657j:image

友人(撮影協力)が頼んだ通常1500円の海鮮丼と比較…

 

左が小さいんじゃないですよ!!

 

チャレンジ海鮮丼の容量は、

ライスが1.7kg、お刺身が800gの合計が2.5kgとなっています。

 

お米は炊き上がり一合が350gと言われているのでライスだけで五合分と言うことになります。

【スタート】 

何だか少し弱気になってる気がしますが、早速スタートさせていきましょう!

f:id:uenotakumi:20171226225837j:image

そもそもこのスプーンがデカすぎ!

f:id:uenotakumi:20171226225128j:image

一口目…

普通にめちゃくちゃ美味しいです。

今が旬の素材を存分に使ってるので脂ののった上質なお刺身ばかり!

f:id:uenotakumi:20171226225410j:image

今んとこ順調に食べ進めます。

それにしてもクオリティが高いなあ…

具材の方は、

f:id:uenotakumi:20171226225604j:image

ウニ&サーモン

f:id:uenotakumi:20171226225637j:image

寒ブリ!←断トツで1番美味しかった。

f:id:uenotakumi:20171226225715j:image

アナゴ&タコ&卵焼き

f:id:uenotakumi:20171226225750j:image

エビ&イカ

f:id:uenotakumi:20171226230102j:image

中央に大量のイクラさん…

 

ご覧の通り超豪華な海鮮丼です!

こんなに豪華なお刺身がたくさん食べれるなんて本当幸せです。

 

こんなん食べれない方がおかしいで!

【5分経過】

f:id:uenotakumi:20171226230623j:image

悪くないペースです。この調子いけば30分以内に完食は出来そうです。

【10分経過】

なんと海鮮丼の半分ほどを食べ尽くしてしまいました。

 

「余裕すぎんな…へへ。」

と思っていた頃、だんだん雲行きが怪しくなってきました…(笑)

f:id:uenotakumi:20171226231020j:image

平に見えていたお皿は中央に行くにつれてどんどん深くなっていきました。

お刺身はめちゃくちゃ美味しいけどご飯の量がとにかく鬼。

【20分経過...】

この頃から完全に箸が止まります。

f:id:uenotakumi:20171226231503j:image

お、おかしい…

こんなはずではなかったのに。

周りのお客さんが何か変なことやってる奴いるぞ…

ソワソワし始め、観客も増えてきます。

【25分経過...】

f:id:uenotakumi:20171226231713j:image

わさび醤油をかけまくって味を忘れながらも口に流し込む作業が続きます。

周りからの声援に助けられながらも、無理なもんはムリなんやで…(笑)

【30分経過…】

f:id:uenotakumi:20171226232114j:image

ギブアップです。

すみません、7割も食べきれませんでした。

 

僕の人生初の大食い賞金チャレンジは儚くも夢のまた夢で終わりました…。

 

この時、ニタニタ笑う店員のおばちゃんの顔を未だに忘れることが出来ません。 

【お会計】

f:id:uenotakumi:20171226232735j:image

これはスラムダンク理論でいくと9000円の損失です…

また取り返しにくるからな、

待ってろよこんにゃろ。

挑戦者のためのコツ!

出来ることなら僕がもう一度行って完食してやりたいですが、

あまり現実味が無いと思われるのでだれか僕の仇を打ってください...

 

そのために僕が学んだ大食いのコツを伝授しましょう。

1.変に食事を抜いてはいけない。

これは大食い界ではよく言われていることですが、前日や数日前から食べる量を制限してると胃が小さくなってキャパが少なくなるそうです。

 

むしろ当日まではある程度の量を食べて胃を大きくしてから前日には消化の良いものを食べて、胃を空にして臨むのが良いそうです。

2.ペース配分を考えよう。

時間が決まってるチャレンジではペース配分は大事。

胃は食べながら時間が経つにつれて膨らんでいくので制限時間30分だったら最初にペースを飛ばしたほうが良いかもしれません。

3.ウニ・イクラは先に片付けるべし。

今回のチャレンジで僕が失敗したのは大好きなイクラとウニを最後に残してしまったこと。

僕のショートケーキの苺は最後に食べる派が裏目に出てしまい、終盤にウニ・イクラの生臭さに胃が受け付けなくなっていました。

 

冷たいものとかクセのあるものは早めに片付けてしまった方が良いです。

4.わさび醤油とお味噌汁を使い方を考えるべし。

大食いで大切なのは味覚を麻痺させて飽きないようにすることだと思います。

同じ味のものは無駄に満腹感を刺激してしまうので…

 

今回のチャレンジでは味噌汁に限りがあったのに真っ先に飲んでしまったことが失敗でした。

 

…と僕が教えられることは以上です。

 

さあ、是非みなさんも以上を参考にして「ほうせい丸」の海鮮丼チャレンジに挑戦してみましょう!

 

最後に聞いた話によると通常の海鮮丼の7〜8倍のボリュームだそうです… 

 

頑張ってください…!

 

ではでは!