UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

『新潟五大ラーメン』を食べ歩く旅…《新潟濃厚味噌編》

こんにちわ!
皆さん新潟県に『新潟五大ラーメン』という定義があるのをご存知ですか?


かつてラーメン王と呼ばれたラーメン評論家の石神秀幸氏が定義した新潟特有のラーメンだそうです。


「新潟あっさり醤油」「新潟濃厚味噌」「燕三条背脂」「長岡生姜醤油」の4種類に「三条カレーラーメン」を新たに加えた5つのことを指します。


これまでその存在は知っていましたが、これと言って気に留める事もありませんでした。

でもラーメン王が定義したご当地ラーメンがあるってすごい!!

…ということで改めて五大ラーメン巡りの旅に出ることにしました。

新潟濃厚味噌

こまどり

f:id:uenotakumi:20171201114748j:image

新潟市西蒲区に位置する「新潟濃厚味噌」発祥とも呼ばれる『こまどり』。

常に満席で、行列が出来絶えず長い時は1時間以上待つことも…

周辺地域のお客さんはもちろんのこと県外からもわざわざ足を運ぶ方もいるそうです。

メニューはこちら↓

f:id:uenotakumi:20171201114839j:image

たんたん味噌、ごまだれ味噌、とんこつ味噌…これだけ味噌ラーメンだけで多くの種類を揃えるのは「こまどり」さんだけではないでしょうか。

さっそく注文…

f:id:uenotakumi:20171202102203j:image

【特製味噌ラーメン 950円】

なんといっても特徴は茶色いすり鉢のような器。

そこにこれでもかと言うほどにキャベツともやし、ひき肉を炒めた野菜炒めに卵焼きを薄く切ったのを載せたのが「特製」のトッピングになります。

 

『濃厚味噌』のスープは長時間煮込むことにより味噌のコク、芳ばしさを出しそこにニンニクの風味を効かせた濃厚スープです。

f:id:uenotakumi:20171201115021j:image

麺は極太麺を使用していて、こちらが濃厚な少ししょっぱめのスープに合うんですね〜。

お湯を入れないとダメなほどしょっぱくはなく、全体に野菜の甘みもプラスされているため全体的にマイルドな仕上がりになっています。

 

 西蒲区の伝統ある一杯をぜひ!!

関連ランキング:ラーメン | 巻駅越後曽根駅

東横 愛宕店

f:id:uenotakumi:20171201115116j:image

(https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000093/)

『こまどり』の「濃厚味噌」を直に受け継いだ名店。現在、新潟市内に4店舗と京都府に一つのお店を構えています。

メニューはこちら↓

f:id:uenotakumi:20171202104303j:image

 一番人気の味噌ラーメンから醤油ラーメン、塩ラーメン、その他定食など幅広いメニューを扱います。

注文したのがこちら↓

f:id:uenotakumi:20171202104215j:image

 【特製味噌ラーメン 880円】

茶色いすり鉢の器に極太麺にたくさんの野菜(炒めてはいない)がたくさん入った上に大きすぎるほどのチャーシューが載ります。

 

麺は割りスープで薄めることが前提になっているため少し少なめ。

割りスープは濃厚な味噌の味を薄める、と言うよりは魚介の風味をプラスし味の変化を楽しむもの、だと思っています。

 

『こまどり』とはまた少し変化を加えた「新潟濃厚味噌」を味わうことができますのでぜひぜひ!

 

関連ランキング:ラーメン | 関屋駅青山駅白山駅
 

まとめ

『濃厚味噌』は五大ラーメンの中で最も歴史の浅い最近のラーメンらしいです!

これからもっと有名になって札幌味噌と同じくらいになって欲しいですね…

 

『新潟五大ラーメン』というご当地ラーメンをもっと有名にして行きたいですね!
後の四大ラーメンはこちらから↓
《燕三条背脂ラーメン》
《新潟あっさり醤油ラーメン》
《長岡生姜醤油ラーメン》
《三条カレーラーメン》

ではでは!