UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

超便利!新型タブレットKindle Fire を購入して僕が引きこもりになるまで。

こんにちわ!

寒い日が続きます…

「家から出たくないな〜!でも家にいても暇だな〜!」

と思っているそこのアナタ…!

 

寒い日に家からでるための「何か」を教えるわけではなく…

今回は、家からより一層出なくなる方法をお教えしたいと思います。

その手順と方法を解説していきます。

家から出なくなる手順

その方法はとても簡単です。

①Amazonプライム会員になる。

②Kindle Fire タブレットを購入する。

③こたつor暖房のスイッチオン。

 

以上の3点を意識するだけで明日から簡単に引きこもることができます。

 

①に関してはこちらの記事をお読みください。↓

[Amazonプライム会員に入らない人はバカとまでは言わないけど、控えめに言ってバカだと思うぞ!!]

今回は②の、僕も愛用している超便利タブレット端末についてを解説します。

Fireで引きこもりになる理由

Kindle Fireとは?

Kindle FireとはAmazon.comが提供するKindle対応電子ブックリーダーのAndroidタブレットである。Androidをベースに独自開発されたFire OSを搭載し、7インチのIPS液晶タッチディスプレイを備えている。 (引用元:ウィキペディア)

 

電子書籍Kindleに対応しAmazon特有のサービスを内臓した新型タブレットです。

 

※最初に断っておきたいのが本格的にビジネスシーンや生活の一部としてタブレット端末を使いたいお方はiPodなどをお買い求めください。

 

タブレットをお試し的に使ってみたいという人や、スマートフォンの画面じゃ狭くて見づらいからもう少し大きい画面でWebなどを見るのに使いたい……という程度の方にオススメです。

 

以下にKindle Fireの魅力を紹介していきます。

現在、最新の市場に出回っているのはFire 8.10があるのですが今回はFire 7を基本に話を進めていきます。

各タブレット端末の比較はこちら↓

f:id:uenotakumi:20171127100037j:image

f:id:uenotakumi:20171127100059j:image

[Fire7タブレット(8GB)が4,980円!確認しておきたい購入前の注意点まとめ]

1.ちょうどいいサイズ感

ディスプレイの大きさは7インチで解像度は1024×600(171pip)となっています。

f:id:uenotakumi:20171127095224j:image

7インチというのがとてもいいサイズ感です。スマホよりもかなり大きめで映画や読書をする際も文字が大きく読みやすいです。

 

また持ち運びがとっても便利な大きさなのも特徴の一つです。Fire HD8はまだいいけどFire HD10くらいにもなると持ち運びは出来ません。

 

また解像度の171pipというのは「綺麗な写真を見たい!」と言うような、よほどの事がない限り映画や読書などをする分には全く気にならない画質です。

 

また立て掛けることの出来るカバーを買ってしまった日には引きこもり確定ですね…絶対に買ってはいけません。

 

 2.Amazonプライムとの連携で最強に

Kindle Fireでは自分のAmazonアカウントと連携しているため、Amazonのアプリや個人情報がすべて最初から入っていている状態です。

なのでAmazon Musicで音楽を聴くのもプライムビデオで映画を見るのもKindleで読書をするのもこれ一台で済みます。

 

そして決済も超簡単。前もってクレジットカードを登録しておけばボタン一つでビデオのレンタルや本の購入が可能です

 

またもちろんアプリストアにてTwitterやInstagramなどの一般的なアプリもダウンロードが可能です。

ここらへんで引きこもり確定…

3.圧倒的コストパフォーマンス

元々の値段は8900円(税込)ですが、Amazonプライム会員特別割引で4900円で購入できます。

なんと4000円引き…

 

元々の値段も普通のタブレット端末と比べても半分以下なのに更に値引きされるんですね!

5000円以下ってDSのカセットと一緒じゃん…

コスパの良さがFireの一番の特徴でタブレット初心者が手を出しやすいですね。

僕も「とりあえず」買ったうちの1人です。

Kindle Fireのデメリット

 Kindle Fireは完璧!

と言いたいところですがもちろん低コストを実現する上で他のタブレット端末と比べて見劣る点も少々あります。

1.容量が少なめ

Kindle Fireでは内臓ストレージが8GBとすこし少ないため大量のコンテンツを保有したい方はmicroSDカードを購入するといいです。

そんなに高くもないSDカードを購入してしまえばもはや無敵レベルなのでむしろセットで買うべきです。

 

2.LINEは出来ない

Kindle FireはgoogleアカウントではなくAmazonアカウントでログインします。

その関係でgoogleアカウントを使用するアプリが使えなかったり総アプリ数に限りがあるKindleストアを使用することことになります。

 

そこでは「LINE」がダウンロード出来なかったりGPS機能を使う「googleマップ」などは使用できません。

(それはスマホでやりましょうね…)

3.電子書籍リーダーとは違う? 

こちらはデメリットではありませんが…

現在Amazonが発売している電子書籍リーダーは4種類、タブレット端末は3種類あります。

[電子書籍リーダー]

Kindle:廉価版電子書籍リーダー。バックライト無
Kindle Paperwhite:Kindle+バックライト
Kindle Voyage:Paperwhiteの上位版
Kindle Oasis:最軽量、超ロングバッテリー。バッテリー内蔵カバー付き

[タブレット]
Fire 7:廉価版タブレット
Fire HD 8:Fire7の上位版
Fire HD 10:HDの上位版

 

電子書籍リーダーとはKindle機能に特化したもの。解像度の点やバックライト機能、重量の軽量化や持ちやすさなど読書をするために全て設計されています。

 

タブレットの場合は読書はもちろんのこと動画をみたり音楽を聴いたりゲームをしたりと…

 

「電子書籍リーダーよりも多くの用途に使用できる、けどそこまで細部にはこだわってないよ」と言う違いがあります。

最後に

Kindle Fireはその他のタブレット端末の機能が全て備わってると言うわけではありません。

あくまで「読書や動画、音楽などを楽しむために特化した引きこもりのためのタブレット端末」です。

 

「タブレットを購入したことがない、けど持ってたらカッコいいかな…」

という、僕みたいなタブレット初心者には超オススメです。

 

だって4980円ですよ??

最近発売のiPad Proは10万越えです…

 

家にあるモノを出来るだけ少なくミニマル化を目指したい僕にはとってはもってこいな商品です。

 

近々、本棚とテレビはメルカリ行きだと思われます…

 

欲しい娯楽を全て1つのタブレットに入れて持ち歩くことが出来るしこれ1つで無限に家で引きこもることが出来る…

 

ぜひKindle Fireでどうぞ!!

 

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

 

少し高いけど容量や画質が少しアップするのがこちら↓

 

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

 

 

ではでは!