UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

潜入レポート!! 新潟開催のビジネスセミナーに参加してみた結果は…

こんにちわ!

 

ある日、大学の後輩からこんなメッセージが…

f:id:uenotakumi:20171109193523p:image

サイドビジネス…?つまりは副業ですね。

ビジネスセミナー…?なんだか楽しそう!

 

僕はブログを書いている関係からそういった類のワードには非常に興味を持ってますし、また後輩に誘われたことも嬉しく、何よりクレヨンしんちゃん誘いを断るわけにはいかないので…

 

「いいね、行こう!」

と、二つ返事で了解することに。

 

「どんな内容か分かる??」

f:id:uenotakumi:20171109122833j:image

共済保険…?

「あんまというかほとんど知識ないなあ…」

無料…?!

「無料のセミナー?!そんなのある?」

 

この時点で少し怪しいというか気分が乗らないような気がしていましたが、何事も行ってみないと分からないのでとりあえず行ってみることに!

 

ビジネスセミナーってどんな感じなんだろ〜

イメージでは…

f:id:uenotakumi:20171109124626j:image

(https://goo.gl/images/ir752k)

こんな感じの白スーツを着たバリバリの成功者風吹かしたお兄さんが出てきて…

 

「起業せよ!そして起業において大切なのは…」

 

ってな感じで偏った価値観を押し付けてくるようなイメージですね。

ウイズ株式会社ビジネスセミナー

 f:id:uenotakumi:20171109124014j:image

さっそくセミナー会場にやってきました!

どんなセミナーが始まるんだろうな〜

わくわく、、、

f:id:uenotakumi:20171109124139j:image

周りを見渡すと30代から70代くらいまでの幅広い年齢層の参加者が、その中でも高齢者の姿が多く目立ちます。

あれ、来るとこ間違えたか…

 

開始の時間になると、

黒いスーツを着た、少し髪型に特徴のある40代のしっかりとした男性が前に立ちました。

この方が今回お話をしてくださるウイズ株式会社のSさんというお方です。

 

それでは以下、Sさんのお話を書き綴っていきたいと思います。

 Sさんによるセミナー内容

S : 現在の日本において、政府の財政不安により年金制度は崩壊、雇用の削減、税金は上がる一方…と多くの人が将来不安を抱えているのです…

 

ウエ : (出た出た〜とりあえず現在の日本はこのままではやばいから普通の仕事してたらどんどん収入減っていく的な感じで不安煽るやつね…)

 

S : 収入には2種類あり1つはアルバイトや通常の就業体形である労働収入、それともう1つは権利収入です。今日の物騒な時代には権利収入を確保することが必要なのです。

 

※権利収入とは、労働に対して一時的に支払われるお金ではなく、継続的に生まれる収入源です

 

ウエ : (うむうむ。この手の話はブログ始めた頃から嫌という程知ってるぞ…つまり不動産とか太陽光発電のことだな。まあもちろんブログも。)

 

S : 日本人の人生における高い買い物を知っていますか?

一位は家、三位は車。それなら二位は?

…そうです、二位は保険です。

 

ウエ : (へーそーなんだ。まあ万が一の時に備えてるから仕方ないのかな…)

 

S : 私たちは今回、加入者の立場に立った保証をつけた最高の保険を作りました。我が社か提案する「なごみ共済」では死亡保証、入院保障ともに…

 

※ちなみに共済とは、不特定多数の人が加入できる保険とは異なり、特定の団体の組合員に対して提供される福利厚生の1つである保障のことをいいます。

 

ウエ : (保険のことはよく分からないけど聞く限りでは従来の保険より掛け金も安く、サポート期間が長いなど保証内容がすごくおトク!!ん、それで今日は保険の説明に来たの…?)

 

S : そこでみなさん!我が社のエージェントとなってこの共済保険を売ってくれませんか?

素晴らしい商品は大きな広告を打たなくても口コミで広まっていくものです…

そしてあなたの口コミの紹介で新たに友達や知り合いがエージェントとして入会したらあなたにお礼の手数料(報酬)をお支払いいただきます。

その手数料は自分の紹介から繋がった人が加入する限りずっともらい続ける(権利収入を得る)ことが出来るのです。

 ※エージェントとはウイズの代理店・代理人のような役割だと思ってください。エージェントになる事で「なごみ共済」に加入できます。

 

ウエ : (難しいから整理すると、ウイズ株式会社とエージェント契約を結ぶと共済保険を売ることや同じくエージェントの紹介をすることが出来る。紹介者がねずみ算式に増えることによってどんどん手数料も増えて素晴らしい保険も広まってウィンウィンということか…)

 

S : しかもこのビジネスにおいては在庫を抱える不安もなく、またノルマなどもありません。まさにノーリスクハイリターンなのです!

 

 

つまり保険を紹介するだけで一生遊んで暮らせるほどの権利収入が!?

 

 

 

めちゃめちゃオイシイ話ですやん!

 

 

 

 ん、まてよ…

※お気づきでしょうか…?

これはマルチ商法MlM(マルチレベルマーケティング)などと呼ばれる「連鎖販売取引」という形態をとったビジネスなのです…

連鎖販売取引(マルチ商法)とは?

勘違いしないでいただきたいのは、法律上違法とされているネズミ講(無限連鎖講)とは異なるということです。

以下、viral-community.comさんの説明を借りて解説していきます。

1.物品の販売(または役務の提供等)の事業であって、
2.再販売、受託販売もしくは販売のあっせんをする者を、
3.特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し、
4.特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引をすること。

上記のような販売形態を、「連鎖販売取引」といいます。

 

要は、「売り上げに応じてたくさんの報酬がもらえるよー」とか「新規会員をいっぱい勧誘してくる事で、不労所得を得ることができるよー」などと言って、次々に勧誘していき、ピラミッド状に販売員を増やしていく仕組みが、マルチ商法であり「連鎖販売取引」なんですね。

 

f:id:uenotakumi:20171109150236g:image

ただ実態は、ピラミッドの上層部にいる連中だけが良い思いをして、下層にいけばいくほど全く稼げていないのが特徴で、世間的には「マルチ商法悪徳商法」といったイメージが浸透しています。

僕が超オイシイ話を断った理由

このようなネットワークを駆使し顧客を増やし、共済保険を販売することをビジネスとしているウイズ株式会社は決して怪しくも不当な儲けをしてる訳でもありません!! 

 

しかし、セミナー後もLINEにて度々熱烈なオファーを頂いたのですが最終的には断る結果に…

 

その理由を以下に説明していきます。

1.共済保険をマルチ商法で売るという点に疑問が!

保険というのは生命や身体のいざという時に救ってくれる最後の頼みの綱のようなものですよね。

 

そのような人生に関わる保証を個人の私利私欲のために集められたお金で賄うというのはどうも信用ならないというか…

 

しかも自分の納めた保険金は手数料(報酬)に使われるのです。その先は手数料欲しさのエージェントたちの私用に使われるという訳です。

 

なんだか乗り気になれない話ですよね…

2.特定商取引法上の記載がない?!

僕はこう見えても法学部の学生なので少しばかり世の中の法律のことが分かったり分からなかったりします。

 

先ほど説明したように、連鎖販売取引というのは特定商取引法33条にてその記載があります。

 

それに準ずる販売を行う為にはその旨がどこかに記載されてなければならないのですが…貰ったパンフレットやHPにそのような記載は見当たりませんでした。

3.人脈に支障をきたすと思ったから!

このビジネスでは自分が儲けを上げる為には周囲の友人や家族をはじめとした身の回りの人を巻き込む必要があります。

 

僕の周りの友人が、

「いいビジネスがあるからエージェントになってくれない?絶対儲かるんて!」

とか言ってきたとして、自分ならどう思うかという事を考えてみると、

 

「なんか宗教でも入ったんか…」

「自分も変なことに巻き込まれそう…」

と僕でも思ってしまうな…と思ったんですね。

 

たとえそれが本当に健全な商品だったとしてもマルチ商法に対する社会の目がそうあることは避けられないので、今の人脈に支障をきたしかねないと考えたんです。

 最後に

もしかしたら隣で聞いていたお爺ちゃんが数年後に数百万の権利収入を得ているなんて事もあるかもしれません、、、

でもそれはそれで良くて、僕は世の中には楽して稼ぐ方法は絶対にないと思ってるし、そもそも他の人が作り上げたビジネスモデルに乗っかるもなんか気が向かないので!

 

 

今回のお話は、権利収入という素晴らしい収入が無限に手に入りますよというオイシイ話の裏にマルチへの勧誘が潜んでいるという事案でした。

 

皆さんも何事もすぐに怪しいとするのではなく話を聞いた上で見極めるようにしまょう!

 

ウイズ株式会社に興味がある人がいたらこちらから詳細を見ることができます!

 

 

こんな感じで今回の潜入レポートは以上です!

 

 

ではでは!