UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

サンダル履いて人生初のフルマラソンに挑戦してみた!

こんにちわ!

新潟発信ブロガーのウエノです。

僕自身、もっと発信力をつけて新潟を盛り上げたいところです!

 

ということで、今回は新潟市の一大イベントである新潟市シティマラソンに参加をしてきました!

 

なんでマラソン…?

といいますと、遡ること半年前… 

こちらの記事にて、

www.uenotakumi.com

ヒッチハイクで乗せていただいた方がマラソンが趣味で世界各国のマラソンの大会にも出ているお方で、そこで色んな話を聞く内に、

 

マラソン超かっけえじゃん…

と思うようになったのです。(つまりいつも通りただ直感です)

 

そんな時に新潟でシティマラソン開催しているのを知り、即参加に踏み切ったのです!

もちろんフルで!

マラソンを走る前に

今回僕は2つのチャレンジをしようと思っていました。


⚪︎人生初のフルマラソンに練習なしでどこまで通用するかやってみる。
⚪︎サンダルで走ってみる。…←え?

1つ目の理由は簡単。
練習をサボっていたから。どこまで通用するか〜というのは正直、後付けに過ぎません。


人生で一度は走ってみたいと言われるフルマラソン。

今の自分でどれほど走れるもんなのか試したくないですか?


2つ目の理由は、

「走ることの本質」に迫ったこちらの書籍

 

こちらを読んで、

人間は従来裸足だったこと、裸足で走る事により足への負担を軽くし足本来の機能を最大限に発揮し、快適な走行を実現することが出来る、ということを知り、

ベアフット(裸足)で走ることに魅力を感じたのが始まりです。


そこで見つけたのがこちら、

ルナサンダル!まずデザインがいい◎

f:id:uenotakumi:20171012201940j:image
ルナサンダル公式サイトより

創始者であるテッド・マクドナルドは、長い間、ギプスのように固定された最新のランニングシューズで走り続け、痛みに悩んでいました。

ある時、それらのシューズを投げ出し、走り出すことにしました。すると、たちまち彼の足は解放され、そこからベアフット・ランニングのパイオニアが生まれたのです。

テッドは使い古しのタイヤから伝統のワラッチ・サンダルを作る名人で、伝説の民族タラウマラ族の「マニュエル・ルナ氏」に出会い、その作り方とその哲学を伝授されました。

「ルナ・サンダル」はここから始まったのです。

つまり、僕の惚れ込んだルナサンダルはベアフット走行を最大限に再現するために作られたサンダルで、人間の足本来の使い方を実現することが出来る。

と言うわけで、

このサンダルでフル走ったら面白いかな〜

ってそんな軽い動機で挑戦してみました!

フルマラソン当日迎えてみた!

AM.7:30 おはようございます!

f:id:uenotakumi:20171012120409j:image

スタート会場のビッグスワンスタジアムに到着

気合い十分!!

f:id:uenotakumi:20171012090928j:image

ものっそい人がうじゃうじゃ…

f:id:uenotakumi:20171012090850j:image

手荷物を預け、準備完了。

選手入場!

f:id:uenotakumi:20171012091043j:image

 入場完了!

f:id:uenotakumi:20171012091112j:image

 とにかく人が多い!

f:id:uenotakumi:20171012091242j:image

(変なおじさんいる〜(笑))

そしてコスプレしてる人が多い!

f:id:uenotakumi:20171012121325j:image

(う、う、ちょちょちょ…)

ワラーチ装着OK!

f:id:uenotakumi:20171012131435j:image

開会式!

f:id:uenotakumi:20171012091413j:image

スペシャルゲスト高橋尚子さん:

「みなさん!ランを楽しみましょう!」

 

8:30 スタート!

 目標: 42.195km立ち止まらないこと!

 

スタートから100m.

新潟の県民的アイドルNegiccoさん&高橋尚子さんとパシャリ

f:id:uenotakumi:20171012092057j:image

Negiccoさん生で見るとすんごく可愛い!

てか、なんか思ったよりもお祭りみたいな雰囲気で楽しい!!

f:id:uenotakumi:20171012092615j:image

あっという間に2km地点通過!

 f:id:uenotakumi:20171012092730j:image

沿道の応援がすごい…

 f:id:uenotakumi:20171012093013j:image

全然知らない自分にめっちゃ声かけてくれる。

やはり新潟はあたたかいなあ〜

時にはこんな可愛い応援団も。

f:id:uenotakumi:20171012093052j:image

アントニオ猪木さんも応援に!

f:id:uenotakumi:20171012093154j:image

 5km地点通過!

あの人気お笑い芸人の方々も!

f:id:uenotakumi:20171012093348j:image

新潟と言えばメディアシップ!(9km)

f:id:uenotakumi:20171012093648j:image

10km地点通過!

f:id:uenotakumi:20171012093814j:image

まだまだ余裕すぎるので、面白い人と写真撮りまくってます!

f:id:uenotakumi:20171012093914j:image

地球以外からの参加者の方も!

f:id:uenotakumi:20171012094007j:image

お次は長ーいトンネル!

熱気がすごい…

f:id:uenotakumi:20171012094727j:image

片道3kmの蒸風呂のような地獄のトンネル…

でもまだ余裕!

 

ウエなんだ〜フルマラソンって言ってもそんなキツくないね!

ルンルン飛ばします。

 

ここで休憩所に到着

f:id:uenotakumi:20171012095030j:image

休憩所には、

飲み物はお水、ポカリ、os1など、

食べ物はバナナ、オレンジ、ポッポ焼きなど、

f:id:uenotakumi:20171012095053j:image

この休憩所が砂漠の中のオアシス的な存在!

 

20km地点

f:id:uenotakumi:20171012095514j:image

この地点からなんだか足に違和感を感じるような感じないような…

んー気のせい気のせい!

 

42.195kmのちょうど中間地点!

f:id:uenotakumi:20171012110012j:image

マリオ&ルイージとおばさん二人で撮影!

 

関屋浜(25km)を超えた辺りからなんだか足の裏に激痛が走るように…

f:id:uenotakumi:20171012110647j:image

長年スポーツをやってた僕は分かります

あ、これやばいやつ…

 

さっきまでのペースがウソのように失速…

足首から下が痛い…

(絶対サンダルのせい)

なんだかんだ言いながら、休憩所の女の子たちに元気付けられて…

f:id:uenotakumi:20171012110601j:image

30km到達!

f:id:uenotakumi:20171012110829j:image

ちなみにこの頃は失速に失速を重ね、もはや歩きのようなペースに。

(ここら辺から写真が少なくなります…それどころでは無さすぎたので)

 

 さっきまでの威勢の良さはどこに!

 

足裏をかばっていたら今度は膝に、膝をかばっていたは太ももやふくらはぎが…って感じで一気にヘロヘロモード突入。

 

でも止まらないと誓ったので立ち止まることだけは絶対ヤダ!

 

途中、完走し終わったQちゃんが応援に!f:id:uenotakumi:20171012111433j:image

うそだろ…と思ったら本当に! 

f:id:uenotakumi:20171012111619j:image

Qちゃんパワーで一気に加速っ!…は出来ず。

35km!

f:id:uenotakumi:20171012111253j:image

あと7kmが今までの数10キロよりもはるかにキツイ…

  

マラソンで最後の方に、歩きよりも遅いペースで走ってる人見て、意味あるのかなー?(笑)とか思う人いますよね?

 

本人にとってはそれが絞り出した本気でめちゃめちゃ全力で走ってるんですこれが!

(経験者は語る)

 

ここでとんでもない人発見!

え、

f:id:uenotakumi:20171012113246j:image

ええー!下駄で走ってるー!

f:id:uenotakumi:20171012113407j:image

話しかけてみると、

「おれは、絶対完歩するよ!変なもの履いて走ってる者同士頑張ろう!」

とお互いに元気付け合いました。

 

残り3キロ

そしてここからは絶対に歩かず走りきろうと誓い、もう無心というか放心… 

 

今にも止まりそうな自分の足にムチ打って、あと1.195km!

f:id:uenotakumi:20171012114006j:image

頭の中はもう完全に、

「さくら〜ふぶーきの〜♪」状態。

f:id:uenotakumi:20171012212121j:image

 ゴール見えた!

(写真はいいから走ってくれ!)

f:id:uenotakumi:20171012114129j:image

 ゴーール!!

f:id:uenotakumi:20171012114733j:image

確かオリンピック選考タイムは、2時間…

どれどれ〜

 f:id:uenotakumi:20171012212245j:image

6:00,25!(ろくじかんとにじゅうごびょう)

恥ずかしいですが公開しましょう!

これが半年間まるで動かず練習もせず終いにはサンダルで走った人のタイムです!

入賞は惜しくもできなかったけど敢闘賞を自分であげたい!  

フルマラソン走ってみて!

出てよかった!と心から思います。

また走りたい!とは別の話で(笑)

 

今回、軽い動機でフルマラソンにろくに練習もせず出て、ヘロヘロ、バッキバキでゴールした訳ですが、

まずキツイけど頑張る自分に惚れる。

あとマラソン中やゴール後に色んな人に会える醍醐味かなと!

ありきたりな表現だけど走り終わった後の達成感がやっぱすごい!

ルナサンダルの感想!

初フルマラソン&初ルナサンダルはけっこう無理があったかも…(笑)

 

足首が訳わかんねえくらい痛くなるけど、裸足に限りなく近い感覚で走るのは快適だし、痛くなるのは普段使ってない筋肉を使っているから!

つまり良いこと!

もっと履き慣らしていきたいなあ。

 

42キロ後でも全然壊れないし傷んでないと言うものすごい耐久性!限りなく薄さと軽さを追求してるのにデザインが超かっこいい!

スポーツにもプライベートでも使える走る人のためのサンダル!!

これ絶対流行る!

こちらから↓

Luna Sandals OSO Flaco 4
 

 

こちらのベストセラーも読んでほしいです!絶対走り出したくなるはず!

皆さんも、

ぜひ一度42.195kmに挑戦してみませんか…

何事もやってみないと分かんないですから!

 

丸3日は筋肉痛で学校にも行けませんがね!

 

ではでは!