UeNote

好きなことしかしない大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

断捨離していたらミニマリストの思考が目覚めてしまった

こんにちわ!ウエノです!

今回は引き続き大学生の大きな悩みの1つである部屋の掃除・片付けについて考えようと思います。

お片付けがうまくいかずに悩んでる人は必見です!

CHECK

「メルカリで40000円→6000円のお掃除ロボットを買ったら掃除が楽しくなった。」

 

前回ブログで考えた部屋がキレイにならない三つの原因

・キレイにすることのモチベーションがない

・掃除自体に魅力がないから 楽しくないからしたくない

・物が多いから ムダなものが多いからいつか は散らかるの当たり前

3つ目の原因である「部屋が片付かないのは物が多いからである」というのは当たり前のことを言ってるようですが部屋がキレイにならない原因の元はすべてコレです。

何とかしないと…

 

そうであるならば物を減らせば良いでは?

そう、簡単。…ということで

断捨離します!!!

断捨離とは

家にずっとあるいらない物を捨てる。

離:物への執着から離れる。
として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

断:入ってくるいらない物を断つ。

捨:為、単なる片付けとは一線を引く。

えーー!断捨離ってこんなめんどいの?

 

ただただめっちゃ捨てればいいのかと思ってました。

ヨーガの行法…??

f:id:uenotakumi:20170705204331j:image

こんな感じか…?

よく分からないので自分なりに解釈すると…

自分の身の回りの物を思い切きって捨てる。

物への執着なくなる。

身の回りも心の状態もスッキリ。

物事の本質的なものが見えてくるのかも?!

…って感じでしょうか。

 

僕の経験上、精神的に安定してない時ってだいたい部屋が散らかってて

部屋を掃除した後ってなんだか心がスッキリ!ということは知っていたので…

 さっそく断捨離やってみました!

とりあえず捨てまくってみた。

心を鬼にして今までの片付けよりも圧倒的に捨てようと心がけて…

▽3時間がたちました。

f:id:uenotakumi:20170707114023j:image

元々そんなに散らかってたわけではなかったと思いますがゴミ袋にいれて集めてみるとかなりの量になりますね…

実際にやった断捨離の手順を紹介

☑まずは洋服

タンスの中を片っ端から物色して、

「1週間以内に着る予定が!」

「今着たい!」

と思うもの以外全部捨てました…(笑)

「いつか着るかも…」

「着ないけど高かったから…」

「この服はちょっとした思い出が…」

なんてものはもう着ません。

 

断言します。一年間着ることのなかったものは 、

一生タンスの奥に眠ってます。

すると10分の8くらいの服はゴミ袋へ消えていきました

そのうちの2割くらいのちょっと高かったやつとかは売ろうかなって…

 

こんなにたくさん一気に捨てたから悲しい気持ちになるかな…と思ったんですが何だかとってもすっきりした気持ちに。

物を持つことによる重圧から解放されるような…

f:id:uenotakumi:20170705211345j:image

これがヨーガの求める境地というやつか…

うんうん。この調子。

☑次に書籍

自分はそこまで読書家ではないですが100冊近くの本が本棚には溜まっていました。

自分は数ヶ月前ほどから電子書籍への移行を試みていますので紙の本はなるべく手放したいと思ってました。

後で読み返す本って本当にわずかだし、本棚いっぱいだとなんか本棚から読めと言われてるようでいやだったので必要としてる人にあげたり売ったり捨てちゃおうと思いました。

まだ紙の本読んでるの?って人はこちら▽

Kindle

Kindle

  • AMZN Mobile LLC
  • ブック
  • 無料

 本専用のフリマアプリはこちら▽

すきま時間を活用したい人はこちら▽

オーディオブック - FeBe

オーディオブック - FeBe

  • OTOBANK Inc.
  • ブック
  • 無料

 

さて本も手放しました。

どんどん今まで積み上げた物がなくなっていきます。

しかし身の回りのものが少なくなっていくたびにだんだん捨てるのが楽しくなってきました。

その他生活用品・雑貨

ちょっとお洒落かなと思って買ったカーペット。

何かムダなものが載りそうな広いデスク。

たいして自炊しないくせに新学期に揃えたキッチン用品。

 

などなど…「いるかな?」て迷った瞬間捨てることにしました。

 

この時の僕は過去を断ち切ってとにかく捨てることに完全にハマっていました(笑)

 

「いつか使いそう…」

「とりあえず取っておこう…」

をすべてゴミ袋へポイしました。

 

ようやく断捨離が終了。

五時間ほどかけて家の中をすっからかんにしました。

 

こうして断捨離を終え、今ブログを書きながら思うことが2つほど。

なんか物って少ない方がいいなってこと。

大学生やってるとバイト代が入ったりするたびに何買おうかな〜とかって考えて物欲にまみれてしまうことが多いけれど…

それって本当に必要なのかなって。

物を買えば買うほどに、満たされない日常を「物」で一時的に満たしてある程度経つとまたそれが原因でストレスになって…

なんてことを繰り返してるんじゃないかなって思うんです。

本当に必要なものってそんなにないってこと。

今の自分に本当に必要な物を考えてみると

・iPhone

・PC

・Kindle

・筆記用具

・大学の講義で使う資料,教科書

・上記の物を持ち運ぶバックパック

・お気に入りの洋服

・家での作業効率を上げてくれるフカフカソファ

・pcが載るほどの小さなデスク

・その他最低限の生活用品

もっとあるのかも知れませんし、もっと少ないかも知れませんが今思いつく限りではこんなもんです。

 

多くの物を抱えてムダに選択肢を増やしてそれがストレスになるくらいなら自分の一軍だけの持ち物で過ごした方が毎日が豊かになる気がします。てか絶対にそうです。

 

「周りの目を気にしすぎて、見栄を張りたいがために」物を所有しすぎてストレスになっている大学生のみなさんぜひ断捨離をオススメしますよ!

最後に

このようにぼくは、かなり順調に断捨離の持つ力に洗脳されているような気がします(笑)

そんなこんなで単純な僕は断捨離ってやっぱすごいなあ…なんて思っていたら、最近流行っている「ミニマリストなる言葉を見つけました。

 

なになに……

スティーブ・ジョブズはミニマリストだった?

彼は世界的イノベーションの開発・思考における選択に全ての時間を割くために日常のムダな選択をいっさい排除していた??そのため彼は365日同じ服装を心がけていた???

 

スケールは違うけどなんか僕が感じてたことと似た雰囲気を感じる〜…

 

さっそく「ミニマリスト」を調べていると… 

 「ミニマリストは絶対読むべき」的な本を発見!

さっそくKindleで注文!

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

順調に読み進める

この本すごい…めちゃくちゃすごいこと書いてある。

 

 ・・・読了

「よし。明日はTVも捨てよか…」

 

ではでは!