UeNote

好きなことしかしない大学生「ウエノ」をnoteするブログ。

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

初心者必見!ヒッチハイクで宗教勧誘されるまでの話。

こんにちは!

いきなりですが…

ヒッチハイクって知ってますか??

f:id:uenotakumi:20170623005533j:image

 ・・・そう、それです。

親指あげて「ヘイっ」ってやるやつです

実際はそんなことしませんがね…

ヒッチハイク

通りがかりの自動車・トラックなどを呼びとめてただで乗せてもらうという方法で行う旅行。
▷ アメリカ hitchhike

(引用元-Google)

僕は今年の春にヒッチハイクを初めてやったんですけど、

めちゃくちゃ面白くて「大学生はみんなこれやるべきやろ!」って思いました。

 

なのでこれを読んでくれてる人がやりたくなるような記事を書きますね。

 *この記事はヒッチハイク初心者が見て興味をもってくれたらなーなんて気持ちで書いてるんで、コツとか教訓とか専門的なんじゃありません。

最初だし1人でやるの不安だったんで今回は友達のヒロシくん(仮)と人生初のヒッチハイクに挑みます。

2人とも完全シロウトです。

それではいってみまっしょ!

出発はヒッチハイクの聖地!

なんか噂によればヒッチハイクの聖地なるところがあるらしいんですね… 

 f:id:uenotakumi:20170623010615j:image

東京都世田谷区用賀ICの出入口のことを指します。ゆーてただのマックです。

 

 東名高速に入る直前の車を狙うベストプレイスなわけですね。ふむふむ。

matome.naver.jp 

分からないことはとりあえず先人の真似をすることも大事。

ってなわけで今回の旅はここから始まります。 

⏰17:00

用賀駅から徒歩10分。

ついにやってきました聖地!!

 f:id:uenotakumi:20170623010805j:image

 ただのマクドナルドなんですが、ここから数多くの先輩ヒッチハイカーが巣立っていったのかと思うと、急にワクワクしてきました!

 

到着後…

軽くマックを食べながらさっそく作戦会議。

「スケッチブックには目的地じゃなくて、〇〇方面とか、近いSAとかを書くのがいいみたいね」ふむふむ。

 f:id:uenotakumi:20170624182954j:image 

「今日の最終目的地は名古屋にしようよ」

「そんないける??」

 

「今回の旅は名古屋グルメ食べ尽くしツアーね」

 

「もし乗っけてもらったらどっちが助手席座る??」

 

「もし女の子に乗せてもらえたら、ワンチャンあったりするんかな〜。ムフフ」

 

「...」

 ここで作戦会議終了です。

ごちゃごちゃ考えずにやってみましょうよ!!

 そんな時…  

ポツっ。ポツっ。

えーー…うそやん。

 

まあちょっとくらいの雨は気にしない!ってことでヒッチハイクスタートです!

 f:id:uenotakumi:20170623012330j:image 

この瞬間の緊張と興奮は一生わすれることはないでしょう(注: 写真はヒロシくん(仮)です) 

ヒッチハイクの洗礼をいきなり受ける

強く意気込んでいた僕らでしたが、次第に強くなる雨と、こんな辺り一面真っ暗な時間帯から始めたせいか、開始からすでに1時間が経過。

 

なんや、15分から30分くらいで大体は乗せてくれるっていろんなとこに書いてあったやん。何がヒッチハイクの聖地やねん。

くっそ。(おそらく原因は完全に上の2つ) 

そんな風に思っていたその時でした。

 

「お兄ちゃんたちっ」

 

「はい!!!」 

 

「そこに置いてある荷物どかしてくんない?出入りのじゃまだからさ!」 

「…はい。」

 

声をかけられ期待して振り向いた先にいたのは、マックの店員のオヤジさんでした。

従業員入り口にの目の前に自分らのリュックを置いていたら怒られました。

ここでテンションが3から-40まで下がります。 

こんな時、2人でやっててよかったなって思います。僕のメンタルが崩れ、回復を待つ間ヒロシくんがずっと続けててくれたんですね。 

 

そして開始から1時間半、雨の粒が大きくなり、いったん中に戻ろうとしたその時。歓喜の瞬間が訪れます。 

私たちの前に真っ黒のベンツが停まりました。

ん?ヤクザか、って一瞬思いましたが、

「……。」

 

「乗りなよっ」

 

・・・

 

「…はいっ。」

 f:id:uenotakumi:20170624193655j:image

私たちは赤子のように泣きました…

これがヒッチハイクの魅力か車内の話が盛り上がりすぎる!

都内某有名私立大学の医学部の教授で現役のお医者様のセンセイなのでした!

業界では超有名な方みたいです。

 

最初は、何話せばいいのかなって少し緊張していたんですけどお互いの自己紹介だったり過去の経歴を話したりしてるうちにだんだんと盛り上がってきました。

 

そして、センセイの学生時代のスパルタ武勇伝が面白すぎました!

 テストができなかったら駅まで上裸でダッシュ、その後お腹にバカと書かれて通る電車に向かって「私はテストの出来ない馬鹿者です」と叫ばされた、

とか

ガラス割ったら、先生の逆鱗に触れ、縄で縛り付けられ屋上から吊るされ謝罪する

などなど…

とんでもねえブッとんだ話をたくさん聞きました。

 

またまた、センセイは業界で有名なグルメらしく、

「なんか好きな食べ物いってみな」

「うなぎ!!」

 

「うなぎなら〇〇だよ!」

せんせいの言うお店を調べてみると…

食べログ評価☆4.6!!

すっげええ…!

関連ランキング:うなぎ | 池袋駅要町駅北池袋駅

 

「じゃあ、和食!」

「〇〇ってとこは和食日本一だよ」

☆4.9…

そこは予約が半年待らしい。

関連ランキング:京料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

「そーいやさ、この前日本一美味い焼き鳥屋さんでロックンローラーの内田裕也と会ってさ…

 

話のスケール違いすぎて終始圧倒されてしまいました。

 

いつか僕もビックスケールな男になったろ、と密かに思うのでした。

そんなこんなで1時間半はあっという間に過ぎてしまい、静岡県清水SAに到着。

「こんど連絡くれたら、美味しいお店つれてったげるよ、じゃ頑張ってね」

と言い残し去ってゆきました。

 f:id:uenotakumi:20170623015219j:image

本当にありがとうございましたっ

とうとう第一回ヒッチハイク成功!

 f:id:uenotakumi:20170623015235j:image

って…

喜んでいる暇はないのです。

現在地はここ。

 f:id:uenotakumi:20170623015259j:image 

⏰21:00 

まだまだいけるっ!!

次の目的地は大きく出て「名古屋方面」に設定しました。

 f:id:uenotakumi:20170623015338j:image

スタートから10分ほど… 

 愛知に向かっているお父さんが乗せてくれました!

 2人目の方は有名企業の部長さんで、就職活動についてアツい議論を交わしました。

またお父さんは趣味のマラソンで、フルマラソンをサブスリー(2時間代で走る)で走り、なんと世界6大マラソンに挑戦中という超人なのでした。

 

この瞬間なぜかフルマラソンに興味を持ってじっさいに始めちゃう僕の話はまた今度…(笑)

 

最後に、オススメの名古屋飯のお店を教えてもらってさようなら。わざわざ気を遣って、1番大きなSAに降ろしてもらいました。

 f:id:uenotakumi:20170623015559j:image

ありがとうございましたっ

ただいまここ。

f:id:uenotakumi:20170624185057j:image

一日目終了!野宿も楽じゃない!

⏰24:00

時間も遅いのでこの日は野宿することに。 

そこでコンビニに向かう途中で同じスケッチブックを持ったヒッチハイク仲間に遭遇!

この瞬間がお互いめちゃくちゃ嬉しんですよね。 

しかもこの2人のうち1人はお笑い芸人だそう。

お笑い歴18年の僕には分かっちゃうんですよねー。

「こやつら、売れるな」ってね。応援してます頑張ってくださいっ!

f:id:uenotakumi:20170623020520j:image 

コンビニには味噌煮込みうどん置いてあった見て、ああ、もう名古屋来たんやなって。

安堵感を覚えるとともに睡魔がやって来ました。 

今日はつかれた。寝よ。

そんなこんなでヒッチハイク1日目終了です!!

 

 

 

 

なら、よかったんですが…

 

さっっぶい!さむい!さむすぎる!! 

野宿といっても、ベンチに腰掛けて腕組みながら寝るだけですから、気温5度前後の冷気が遠慮なく襲ってきます。

とてもじゃないけど寝られません。

少しでも暖かいところを求めて多目的トイレで寝ようとしたり、

自販の側面に寄りかかったりしたけど全然だめで…

 

仕方なく、1番暖かいコンビニに行って暖をとることに。 

途方に暮れて、雑誌を立ち読みしていたら、少年ジャンプとエロゴシップ系雑誌を一通り読み終えたところで寝落ちしました。 

人生初、立ち寝落ち。笑

 ⏰2:30 

それでは2日目いきまーす。

ではでは!