UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

極東の地でヒッチハイクに成功しました。もう怖いものはありません。

こんにちわ!

 

前回のブログで、バスの他にGettという配車サービスを用いた移動手段を紹介しました。

【配車アプリ「Gett」をウラジオストクで使ってみたら便利すぎた】

 

今回は、そんな配車サービス・ライディングシェアの起源とも言われる「アレ」にまつわるお話です。

トカレフスキー灯台を観光

僕はその日、有名な観光地とは言いませんが、超穴場写真スポットである「トカレフスキー灯台」に行っていました。

 

トカレフスキー灯台へは市内から、59.60.62番のバスに乗るのが無難です。

 

駅前のバス停から約30分…

f:id:uenotakumi:20180106174240j:image

こちらが最寄りのバス停だからと降ろされました。

 

…ですが!

でも、ここからトカレフスキー灯台までがめちゃ長いんです…

 

歩き始めたはいいけど、とにかくマンションを建設中の風景がずっと続きます。

 

15分ほど歩いたでしょうか、

f:id:uenotakumi:20180106174851j:image

トカレフスキー灯台が小さく見えてきました。

ですが、まだまだ遠い、とにかく遠いという記憶しかありません。

f:id:uenotakumi:20180106175055j:image

ようやく、灯台までの一本道に到着。

ここには駐車スペースもあり、多くの車が停まっていました。

トカレフスキー灯台は冬がオススメ!日の入は特に!

トカレフスキー灯台はぶっちゃけただの灯台なんですが、

周りが海に囲まれていたり、向こう岸にルースキー島がみえることでインスタ映えスポットとして有名です。

 

特に冬は氷が凍っていて海を歩くことが出来るし、運良く夕日を見ることが出来たら超ラッキーです。

 

パシャり

f:id:uenotakumi:20180106175814j:image

パシャ、パシャ

f:id:uenotakumi:20180106175926j:image

(ウエノ作 OLYMPUS AIR A01)

 

と、こんな感じで綺麗な写真を撮って楽しんだあと…

 

「なんか帰り道歩くのダルいなぁ…」

【トカレフスキー灯台 アクセス】

徒歩が嫌ならアレしかない!

先ほども言ったように、灯台から最寄りのバス停までが中々遠い。

 

その日は朝早くから色々なところを巡っていたので疲れていたのでしょうか。

 

この時のことはよく覚えてませんが、僕の頭に「アレ」が浮かびました。

 

徒歩が嫌ならアレしかない!

 

灯台に向かう前の駐車場に、多くの車が停まっていたのは覚えていました。

f:id:uenotakumi:20180106181033j:image

じゃじゃーん!

 

ペンやスケッチブックは持ってる訳もないので、この親指だけが頼りです。

 

たかが20分弱歩きたくないがためのヒッチハイクが始まりました。

 

しかし中々停まってくれません。

 

それでも、なぜだか、とにかく歩きたくなかった僕は親指を掲げます。

 

「そもそもこのジェスチャーって万国共通なのか…?

もし変な意味だったらどうしよ…」

 

「でもこの感じ懐かしいな、とにかく笑顔で乗せたくなるような人をアピールするのがコツだったっけ…」 

 【過去記事】

【初心者必見!ヒッチハイクで宗教勧誘されるまでの話】

 【初心者必見!ヒッチハイクで宗教勧誘されるまでの話 part2】

10分ほどやって次々とスルーされていたその時でした…

 

ブブーン、、、ピタッ。

 

赤い日産NOTEが僕の10m先に停まりました。

 

20代くらいの若いお兄さんが、車から出てきて、

 

「Hey! Come in ! 」

 

遂に、極東の地ウラジオストクにてヒッチハイクに成功したのです。

極東ヒッチハイクに成功!

f:id:uenotakumi:20180106183518j:image

ダメ元で始めたヒッチハイクで乗せてくれたのは、ウラジオストク在住で飲食店経営をしている…さん。

 

(すみません、ロシア語の名前は一度聞いただけじゃ覚えられませんでした…)

 

英語が少し話せる方だったので、

彼の可愛い娘さんのお話や、彼が日本に来た時の話など、「彼女いるん?」などなど…

 f:id:uenotakumi:20180106184228j:image

バス停までのつもりが駅まで送ってくれるというので、その間ずっとお話していました。

 

やっぱウラジオストクは暖かい人ばかりだ…

そして、ヒッチハイクは世界共通なんだなと改めて認識しました。

f:id:uenotakumi:20180106184532j:image

夜のウラジオストク駅に送り届けてくれたところでお別れ。

 

一応、「お金払った方いい…? 」

と聞きましたが、

「何言ってんだ、アホ!要らんわ!」

 ニコニコして追い返されましたとさ…

 

※良い子はマネしないでくださいね!

 

ではでは!

超カンタン!配車アプリGettをウラジオストクで使ってみたら便利すぎた。

こんにちわ!

滞在中のウラジオストクが居心地良すぎて、ロシア人になってしまいそうなウエノです。

 

前回の記事で、ウラジオストク市内の移動についてまとめました。

【ウラジオストク市内バスの乗り方と行き先を徹底解説】

 

今回は、それ以外のもう一つの便利な移動方法について紹介してみようと思います。

 

今話題の配車アプリです!

配車アプリGettとは?

「Gett」とは今話題の、オンデマンドライディングシェアサービス(配車サービス)の1つを運営している、イスラエルの企業のサービスです。

 

ヨーロッパで急成長中で、ロンドンやモスクワなどを含む60都市でサービスが展開されています。

 

そもそも、配車サービスというものが分からない人のために。

配車サービスとは、タクシーのように現在地から目的地まで運んでくれるアプリやサービスのことです。

日本に居てはあまり感じませんが、海外でタクシーなどを呼ぶ際には、ぼったくりや時間や場所間違いなどの様々な不具合があるようで…

そんな社会問題を解決すべく2009年に「Uber」を始めとする企業が誕生しました。(参考: http://www.car-hokengd.com/qanda/uber/)

 

つまり私的な、個人タクシーです!

 

海外だと、タクシー会社のタクシーも全然安心できないんですね。

 

そんなら皆んなで、安全に車をシェアして乗り合いしようや!と言った双方がウィンウィンなサービスです。

 

そこで、今回使うのがそのうちの一つである「Gett」というサービスです。

「Gett」を実際に使ってみる

まずは「Gett」のスマホアプリをダウンロードします。

Gett - Car Service & Rideshare

Gett - Car Service & Rideshare

  • GT Get Taxi Ltd.
  • 旅行
  • 無料

 

ログインすると以下のような画面が表示されます。

f:id:uenotakumi:20180106154541j:image

ログイン時に入力するのは、

【携帯番号】

f:id:uenotakumi:20180106154926j:image

【メールアドレス】

f:id:uenotakumi:20180106155009j:image

【自分の名前 or ニックネーム】

f:id:uenotakumi:20180106155052j:image 

の以上です。

f:id:uenotakumi:20180106155658j:image

登録を済ませると、自分のいる位置周辺のGettタクシーを検索することが出来るようになります。

 

うわ、めっちゃいる!

Gettタクシーを呼んでみた!

「Gett」はGoogleマップと連携しているので、Googleマップで行きたいところを検索して目的地までのタクシーを呼ぶことが可能です。

f:id:uenotakumi:20180106160659j:image

この日はウラジオストクで有名なサーカス (Vladivostok circus) に行く予定。

 

宿泊先のホステルに呼ぼうと思います!

f:id:uenotakumi:20180106160929j:image

さっそく周辺のタクシーを検索…

f:id:uenotakumi:20180106161102j:image

ほんの数秒で、ヒット!

しかもあと1分後に到着するって!

 

ヒットした時点から、もうドライバーの人は自分の現在地に向かいます。

 

何か理由があって再検索する場合などはキャンセルする事が可能です。

f:id:uenotakumi:20180106161920j:image

到着したようなので、外に出てみると…

f:id:uenotakumi:20180106162111j:image

グレーのトヨタのVitzが到着!!

「CAR MODEL」や「COLOR」「PLATE NUMBER」まで登録してあるので非常に分かりやすいです。

f:id:uenotakumi:20180106162612j:image

さっそく乗車して、Ivanさんと楽しくお話ししながらサーカスへと向かいます!

 

ロシア語しか話せない人でしたが、なんとGoogle翻訳で会話してくれました。

f:id:uenotakumi:20180106162827j:image

10分ほどで到着!

 

決済方法はGettアプリ内で設定可能で、カードを登録すればその場で支払いする必要はないし、その場でもちろん現金でも支払いが出来ます。

 

料金は230ルーブルでした。

約3キロの道を10分ほどで、460円。

 

まあ日本なら安いかな!といった具合でしょうか。

まとめ

前回ブログで紹介したように、ウラジオストクにはバスという最強の移動手段があるのであまり必要ないかもしれませんが、物は試しなので使ってみました。

 

予想以上に簡単で、正確、かつ快適で驚きでした。

 

また、市内を走るバスは行ける場所が限られているので、その範囲を超えて移動する際はとても便利かもしれません。

 

料金が最初から明確である点、クレジットカードで事後決済出来る点、はかなりいいです。

 

後ほど、登録したメールアドレスに明細表が送られてくるので安心。

 

どうでしたか?

ぜひ皆さんも、海外に行った際はまだ日本であまりメジャーになってない「配車サービス」を使ってみてください!

 

Uber、Grab、Lyft…などなど他にもたくさん種類があるのでその土地に合ったサービスを利用してみてください!

 

ではでは!

ロシアで散髪したらやっぱり大失敗した話。ぜひオススメはしません…

こんにちわ!

 

今回のブログはウラジオストク滞在も4日目になり、徐々に街に慣れ始めてきた人の可哀想なお話です。

 

ロシアでの4日目の朝を迎え、鼻歌を歌いながらシャワーを浴び、ドライヤーで髪を乾かしていた時のこと…

f:id:uenotakumi:20180106114305j:image

うーん、髪が伸びたな…

…と、ふと思ったりしました。

 

ウラジオストクでは防寒対策のためニット帽を被るんですが、

髪が長いとペシャンコになるし、蒸れるし…でいいこと無しでした。

 

よし…切ろう。

今となっては止めればよかったのに…この時は興味本位で、ウラジオストク現地のビヨーインに行くことを決めてしまいました。

さっそくOld Boy に入店!

流石にウラジオストクのオススメの床屋・美容院をまとめているサイトは無かったので、ふらりと街に出て探すことにしました。

f:id:uenotakumi:20180106115632j:image

一番雰囲気がよかった「Old Boy」というお店に入店。

f:id:uenotakumi:20180106120104j:image

店内の雰囲気はいたって普通で、日本のソレと全く同じ(ように見えました…)。

 

※ちなみにこちらのOld Boyは人気店のようで、普段は予約でパンパンだそうなのでご予約をお忘れなく。

 

入店すると、フランクなお兄さんが英語を話すことが出来て一安心。

 

(何度も言いますが、ロシア人は基本ロシア語しか話せないとの認識で!)

f:id:uenotakumi:20180106120624j:image

「さて…どれがいい?」 

お兄さんは雑誌の表紙を見せていいました…

「え、え…」

「こんな中から選べばいいの?」

と尋ねると、

「うーん、てかロシア人の髪のレパートリーなんてこんなもんだぞ、あとは坊主だな!はっはっはっ…!」

 

そうなんですね、

僕もウラジオストクに4日も滞在して薄々気付いてはいましたがロシア人の男性の髪型は角刈り・剃り込み・坊主の三拍子

f:id:uenotakumi:20180107090711j:image 

思い悩んだ結果、一番自然でカッコいいのを選びました。

 

「どんな髪になるか楽しみだな〜。ロシア人みたいにイケメンになるのかな〜」

 

さっそく席に着いて凄いことに気付いてしまいました。

 

バリカンとクシしか置いてない…

 

そうなんです、

これまた驚きましたが机の上に置いてあったのは数種類のバリカンとクシ、ハサミは一つだけ。

 

なるほどなるほど。 

カット開始やで!

f:id:uenotakumi:20180106122139j:image

さっそくカット開始。

 

ここで、ロシア風カットの2ステップを紹介します。

 

1.まず、クシを使ってカットしたい髪型の「型」を作ります。15分くらいかけて丁寧に。

 

2.その固めた「型」のとおりにバリカン投入!

 

以上です!

ハサミはいつ使うんだろうな〜と思いつつも一度もその姿を見ることはありませんでした。

 

うぃーん、ぶいーん、うぃーん…

(ちょきちょきはどこや…)

 

最後にジェル状のワックスでカッチカチに固めてと…

 

完成したのがこちら!

f:id:uenotakumi:20180106123022j:image

で、

f:id:uenotakumi:20180106123050j:image

でで、

f:id:uenotakumi:20180106123139j:image

ででーん!

 

鋭い剃り込みと、高さと角のある角刈り風、そしてガチガチのジェルで固めた見事なツーブロック!

 

特徴は清々しいほどに刈り上げられた襟足、そして全く似合ってないオールバックスタイル!

 

これで見事にロシア人の仲間入りを果たすことが出来ました!!

 

日本の皆んなに合わす顔がねえ…

まとめ

僕の中ではロシア人というより、売れない韓流スターに一歩近づいたかなと言った模様です。

  

とてもいい経験になりましたが、もう二度と異国の地でカットをお願いすることはないでしょう!

  

でも楽しいからいいや!!

 

これから使う頻度が増えそうなので日本に帰って、新しい帽子をたくさん買います。

 

皆さんも海外では日本で出来ないことにぜひ挑戦するようにしましょうね!笑

 【Old Boy アクセス】

 

ではでは!

 

マリインスキー劇場のチケット購入&感想まとめ。人生初のバレエ鑑賞が凄すぎた…!

こんにちわ!

 

ロシアのウラジオストク滞在中のウエノです。

 

今回は、「マリンスキー劇場・沿海州劇場(THE MARIINSKY THEATRE)」に行ってきました!

 

もはやこの為にロシアに来たといっても過言ではありません…

 

さっそくレッツゴーです。

マリインスキー劇場 沿海州劇場とは?

沿海州劇場とはウラジオストクに位置するオペラ・バレーハウスです。

 

もともと、ロシアのサンクトペテルブルクに「マリインスキー バレエ団 (別名: キーロフバレエ) 」という超有名なバレエ団がありました。

 

キーロフバレエは世界五大バレエ団の1つで、この為だけに海外から殺到するバレエファンも多いんだそう…

 

そのキーロフバレエの発祥地であるサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場が2016年に、極東ウラジオストクにもオープンしたのです。

 

これは凄いことですよ!絶対に行くしかありません!

 

…ところでウエノさん、オペラ・バレエについて知ってるの?詳しいの?

 

「いいえ、観たことも聞いたこととありません…」

 

しかし、こんな自分でも世界的有名なバレエ団の公演を観た後は、周りの人と一緒にアンコール。

 

とにかく最高でしたので、以下に紹介していきます。

マリインスキー劇場 沿海州劇場のチケット購入方法。

マリインスキー劇場の公演のチケットは事前にwebで購入することが出来ます。

 

というより、当日行ってはい購入。というのは、おそらく無理だと思うので事前にwebで予約を済ませましょう。

 

超簡単です!

※全てスマホで予約する場合ですがPCでもやる事は変わりません!

1. マリインスキー劇場公式サイトにアクセス

f:id:uenotakumi:20180107081721j:image

※ロシア語と英語しか対応してません!が簡単なので大丈夫です。

2.以下のサイトに飛ぶので、左上をクリック

その後、PLAYBILL AND TICKETS をクリックです。

f:id:uenotakumi:20180107082631p:image

3.自分の日程や趣向に合う公演を選択し、Buy tickets をクリック。

※条件を絞りたい人は、

SELECT VENUE : 公演が行われる会場を選択、

SELECT PERFORMANCE TYPE : Opera/Ballet/Concertの公演の種類を、

SELECT MANTH : 公演日の詳細を、

それぞれ選択することが出来ます。

 f:id:uenotakumi:20180107082701p:image

4.座席の選択画面に移動します。

黄色くなっているところが空席なのでクリックすると、その席の値段が表示されます。
決まったらAdd to Basket に入れます。

f:id:uenotakumi:20180107082722p:image

5.カートに入れたら、以下の画面に進みます。

予約内容を確認して間違いなければ、Complete perchace をクリック。

f:id:uenotakumi:20180107083325p:image

Full rateSpecial rate の2種類が選択可能ですが、後者はロシア人限定価格のようです。

安いからって選択すると現地で足りない分払わされるというめちゃ恥いことになるのでご注意!

6.当日公演を観る本人の名前、決済方法  をチェック

決済方法は、クレカ、ウェブマネー、ヤンデックスマネー、QIWIから選択。

また下の2つの項目にもチェックを入れましょう。

 f:id:uenotakumi:20180107083348p:image

※決済してから50分以内に手続きを済ませないと無効になるのでそれだけ注意!

7.次にの画面で、クレカ情報を入力して完了。

f:id:uenotakumi:20180107083505j:image

後は、メールで当日の案内と注文証書のPDFファイルが送られてきます。

 

そのファイルを出来れば印刷…無理なら、「スクショ」で大丈夫なので当日持参しましょう!以上です!

マリインスキー劇場 沿海州劇場へのアクセス

沿海州劇場へウラジオストク駅周辺から向かう時は、15番のバスがオススメです。

向かう途中には「潜水艦博物館」や「鷹の巣展望台」がありますので歩いてくのもアリです。

バスの乗り方はこちら↓

【ウラジオストク市内バスの乗り方と行き先を徹底解説】

ちなみに15番バスの最も分かりやすい乗り場はポクロフスキー教会前。

f:id:uenotakumi:20180106101429j:image

【ポクロフスキー教会 アクセス】

 

こちらから沿海州劇場や水族館へのバスが出ます。帰りも教会前の道路の向こう側のバス停なので分かりやすいです。

 

沿海州劇場へは、教会前のバス停から30分〜40分ほど。

f:id:uenotakumi:20180106101827j:image

金角湾に架かる橋を渡ってすぐのところの両端に劇場前のバス停があります。

f:id:uenotakumi:20180106102131j:image

沿海州劇場に到着!このイヌのようなトラのようなオブジェが目印です!

f:id:uenotakumi:20180106102642j:image

入り口はこんな感じですよ〜!

とても大きい建物ですがエントランスは1つしかないのでご安心。

f:id:uenotakumi:20180106102912j:image

KACCA = チケット売り場 これが唯一覚えた方がいいロシア語です。

受付でweb上で手続きを済ませたPDFの印刷かスクショを見せましょう。

f:id:uenotakumi:20180106103200j:image

チケットをゲッチュです!

f:id:uenotakumi:20180106103648j:image

館内は新しい建物なのもあってめちゃ綺麗だし、周りにいるのはロシア人マダムやお金持ちボンボンのお子様たちばかりでした。

f:id:uenotakumi:20180106103851j:image

一方僕は、汚れブーツに防寒靴下inスタイルの鬼ダサファッションなので、少々場違い感があった事は確かです…

f:id:uenotakumi:20180106104417j:image

ちなみに僕が観るのは、「The Nutcracker くるみ割り人形」のバレエ作品。

 

公演の15分前にならないと中に入らないので、僕のように張り切って1時間半も前に行かなくても大丈夫なようです。

f:id:uenotakumi:20180106104752j:image

ででーん!

これがオペラバレー劇場か…

「くるみ割り人形」公演スタート!

「くるみ割り人形」 って何か聞いた事はあるな〜くらいに思っていたんですけど、

チャイコフスキーの三大バレエ曲と言われる、ヨーロッパで大人気の作品だそうでした!

 

ちなみに後の二つは「白鳥の湖」と「眠れる森の美女」。超有名やん…

 

クリスマスイブの夜に人形にされてしまった主人公クララ。

そこに突然ねずみの王様率いる軍隊が現れる。

クララが可愛がっていたくるみ割り人形率いる、おもちゃの兵隊とねずみの王様の軍隊が戦争を始まり…

以下が超簡潔なあらすじ。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらのサイトから↓

european-style.n

f:id:uenotakumi:20180106111300j:image

公演は二部公演となっていて、第1部と第2部の間には15分ほどの休憩が。

f:id:uenotakumi:20180106111430j:image

あまり詳しくは語れませんが、2時間を通して圧巻のパフォーマンスでした。

 

感動という、圧倒されたというか…

とにかく素人でも「なんか凄さ」分かる作品過ぎました…

 

気付いたら、隣のおっちゃんと一緒に「bravo!! (ブラボー!) 」と叫び、手を叩いている自分が居ました…(笑)

まとめ

バレエの詳しい人には申し訳ないですが、僕は全く知らない素人のミーハー野郎です。

 

そんな僕でも、感動したし、言葉に上手く言えないけどめちゃ楽しむこと出来たんだとてもオススメです!

 

何と言ってもチケットの値段が安くて、安すぎます!

 

僕は二階席の一番前で、1200ルーブル(2400円)でした。

日本で観るのと一桁違うと言われているほどです!

 

ぜひウラジオストクに来た際はオペラ・バレエ体験してみてはどうでしょうか!

 

分からないことがあればコメントください!

 

 【アクセス】

 

ではでは!

日本の水族館はもう行けない!ロシア最大の沿海州水族館に行ってきた。行き方&見所を解説!

こんにちわ!

 

今回は、ウラジオストクに来たからには絶対に行きたい観光地である「沿海州水族館」に行ってきました!

 

想像以上にすごくて、魅力度マックス!な観光スポットだったので、

そんな「沿海州水族館」へのアクセスから楽しみ方までの全てを紹介していきたいと思います。

沿海州水族館とは?

沿海州水族館 (別名:プリモルスキー水族館) は、ウラジオストクのルースキー島に2016年6月オープンしたロシア最大級の水族館です。

 

2016年に開催されたウラジオストクで開催された、APECに合わせてルースキー島で行われた、大幅な整備と開発の一環で建てられました。

 

そのため、水族館にはプーチン大統領や安倍首相も訪れたほどです。

f:id:uenotakumi:20171229223917j:image

(https://goo.gl/images/iVh72u)

ちなみに僕は水族館が大の大好き。

沿海州水族館へのアクセス!

ウラジオストク駅周辺の宿に滞在している方が多いと思うのでそこからのアクセスを解説します。

バスの乗り方はこちらを参照↓

【ウラジオストク市内バスの乗り方&行き先を徹底解説。 】

市内から15番のバスに乗って約1時間ほど…

f:id:uenotakumi:20171229225400j:image

沿海州水族館の入り口前のバス停に到着です。

…と思いきやここは入り口の入り口。

f:id:uenotakumi:20171229225821j:image

ここから、さらに20分ほど歩きます。

 f:id:uenotakumi:20171229230302j:image

ど、どどーん!

これがロシア最大の水族館の入り口です!天気が悪いせいで全然伝わらない…

f:id:uenotakumi:20171229230436j:image

入り口の周りには、脱走しちゃったお魚や甲殻類さんがたくさんいます。

f:id:uenotakumi:20171229230620j:image

玄関口のすぐ横にある建物でチケットを購入します。

f:id:uenotakumi:20171229231059j:image

受付は基本ロシア語ですが、指差しだけで購入出来るでしょう。

カードで支払いも可能です。

f:id:uenotakumi:20171229231307j:image

大人一人の平日の基本料金は700ルーブルで、11時と15時に行われるイルカショーを見ると800ルーブルになります。

 

子供は基本400ルーブル、休日は子供、大人共に200ルーブルずつ値上げです。

 

もちろん僕は、平日・大人(イルカショー付き) 800ルーブルのチケットを購入して入場。

 

以下に、「沿海州水族館」の魅力を紹介していきます。

とにかく広い!2時間あっても周りきれない!

沿海州水族館の一番の魅力は、普通に歩いて回るだけでも2時間以上はかかってしまうほど館内がとても広いことです。

f:id:uenotakumi:20171230000327j:image

また途中途中にある大迫力のジオラマはすごく魅力的で、男子はテンション上がること間違いなしです。

f:id:uenotakumi:20171230000605j:image

こんな昔の古代魚のジオラマまで…

f:id:uenotakumi:20171230000733j:image

写真撮影のスペースも広く用意されていて、フォトジェニックプレイスめちゃありますよ! 

f:id:uenotakumi:20171230092711j:image

化石の発掘コーナー…

f:id:uenotakumi:20171230092804j:image

た、楽しい…!

超マニアック!日本じゃ見れない生き物が多すぎる!

館内はとても広く、熱帯地域や北極・南極というように、生き物が地域別に分類されています。

f:id:uenotakumi:20171229235035j:image

こちらの扉を開けると…

f:id:uenotakumi:20171229235331j:image

リアリティのある熱帯雨林の中に、カメレオンなどの珍しい熱帯の動植物が、自然界のままの状態で生活しています。

f:id:uenotakumi:20171229235611j:image

本当に熱帯に居るかのような臨場感を味わうことが出来ます。

 f:id:uenotakumi:20171229235843j:image

熱帯に居たと思いきや…

ホッキョクグマさんとのツーショットが撮れたり。

f:id:uenotakumi:20171230091113j:image

こちらは江湖にしか生息していないチョウザメです。

日本にいたらまずお目にかかれません!

f:id:uenotakumi:20171230091636j:image

こちらはカメレオンが隠れているんですけどどこだか分かりますか〜?…

f:id:uenotakumi:20171230091705j:image

女子たちが好きなアレもたくさんいますよ!

大迫力のイルカショーは絶対に見るべし!

イルカショーは11:00と15:00の一日2回の公演です。

 

普通料金チケットにプラス100円観ることが出来るので、観ない理由はありませんね。

f:id:uenotakumi:20171230093309j:image

さっそく一番前の席を占領。

 

日本では味わえないほどの本格的なショーなのでぜひオススメです!

 

いくつか動画を紹介しておきます↓

沿海州水族館 3

時期が悪かったのか席はスカスカで、好きなとこに移動し放題でした。


沿海州水族館 1

解説のお兄さんの陽気な解説もいい感じで会場は大盛り上がりです!


沿海州水族館 2

イルカショーが終わったと思ったら今度はこんなショーが!

まとめ

2016年にオープンしたばかりのロシア最大級の水族館は、水族館が好きな人もそうでない人も絶対楽しめるスポットです!

 

市内からもアクセスも簡単で、料金も安いです!

【アクセスはこちら】

 

ではでは!

実は簡単&超便利!ウラジオストク市内バスの乗り方と行き先を徹底解説。

こんにちわ!

 

僕はウラジオストク滞在中に色々な場所へ行くことが出来ましたが、その移動手段のほとんどはバスでした。

 

ウラジオストク市内を縦横無尽に走り、一回の乗車でどこまで行っても21ルーブル(42円)の最強の移動手段…

 

この市バス攻略が、ウラジオストクを楽しむ鍵になる事は間違いありません。

 

では以下に出来るだけ分かりやすく解説していきます。

f:id:uenotakumi:20171229083922j:image

※今後ウラジオストク市内を紹介する上でも使えると思われる、こちらの地図を見ながらだと分かりやすいです。

そもそも市バスとは?

市バスとはウラジオストク市内を朝から晩まで、ほぼ全範囲を走り続ける超便利なバスです。

 

ウラジオストク市内の移動手段はほとんどがバスかタクシーに限られていて、バスが非常に発達しています。

f:id:uenotakumi:20171229084827j:image

このように多い所では数百メートルに一つバス停があるほどです。

f:id:uenotakumi:20171229090536j:image

市バスは番号と、共通の車体の色で区別をします。

f:id:uenotakumi:20171229090709j:image

バスの利用の仕方は簡単。

後ろの方の乗車口から入り、目的地のバス停に着いたら運転手に21ルーブルを手渡し前の降車口から降りる。

それだけです。

f:id:uenotakumi:20171229091302j:image

車内の様子はこちら↑

よく揺れるので出来れば座りたいところですがご高齢の方には譲りましょう。

 

またバスの先と後ろは番号が振られていて、同じ番号のバスが走るルートは決まっています。

つまりその番号のバスの走るルートを覚えてしまえば自由に移動できるという事です。

 

でも違う番号のバスは数十種類あるしそもそも未知の土地でルートを暗記するなんて…

 

というのは当然なので、今回は分かりやすい市バス攻略法をお教えします。

Googleマップを使える場合

ウラジオストク滞在中、SIMカードやポケットWi-Fiなどで日常的に通信環境があればもう何も怖いものはありません。

 

今の時代、便利すぎます…

目的地を入れると現在地からのバス停、何番のバスに乗ればいいか、目的地までの時間の全てが経路マップに表示されるようになっています。

 

そこで今回はGoogleマップを使い、僕の宿泊地から「マリンスキー・沿海州劇場」へのアクセスを例に見ていきます。

f:id:uenotakumi:20171229093438j:image

「マリンスキー劇場」はウラジオストク市内で有名なオペラハウスです。

それではレッツゴー!

f:id:uenotakumi:20171229093614j:image

バスのアクセスは車と徒歩の間の、「54分」のところです。

目的地に地名を入れるとオススメのルートが検索されます。

f:id:uenotakumi:20171229093812j:image

オススメのルートをクリックすると、現在から徒歩7分で着くバス停から62番のバスに乗って29分…

そして「Detskiy Park」のバス停から徒歩4分で到着。

 

という流れを一気に表示してくれます。

f:id:uenotakumi:20171229094109j:image

あとは案内に従って、最寄りのバス停まで向かうだけ。以上です。

 

難しいと言われていた市バスもGoogleマップを使えば、好きな時に行きたいところに行くことが出来ます。

オフラインの場合

何らかの都合で、外出先で通信環境が使えない場合についても考えましょう。

 

先ほど言ったようにウラジオストク市内のバス停とバスの番号、そのルートを覚えるのはロシア語が読めないとほぼ不可能です。

 

でも十分行きたいとこに行ける方法があります!

 

その節は僕もこちらのサイトを参考にさせていただきました。

バスに乗ってみよう(おすすめ3路線)!! | ウラジオストク

 

サイトでも紹介されていますが、

ウラジオストク市内のだいたい有名なスポットを網羅できるオススメの3路線というのがあります。

f:id:uenotakumi:20171229100107j:image

 (http://urajio.com/news/bus)

この3つのルートは簡単かつ覚えてしまえばどこでも行ける、のでこの3つは最低限覚えましょう!

1.59番バスルート

f:id:uenotakumi:20171229100327j:image

59番のバスは主に青か黄色い車体が多いです。

ウラジオストク駅を中心として北と南を行き来しているバスです。

ファブリ・カザリャーやトカレフスキー灯台に行く時に使用します。

2.15番ルート

f:id:uenotakumi:20171229101133j:image

15番のバスは黄色い車体が特徴。

オケアンスキー通りのバス停から、マリンスキー沿海州劇場や鷹の巣展望台、沿海州水族館など多くの観光スポットに通じているので超便利です。

 

一番覚えておきたいルートです!!

3.31番ルート

f:id:uenotakumi:20171229101819j:image

31番ルートは銀色かオレンジ色の車体です。

金角湾に面したスヴェトランスカヤ通りを往復しているバスで、サーカスやキタイスキー市場に行く際に便利なルートです。

最後に

ウラジオストク駅から半径1キロのほどの宿に泊まっているとしたら、歩いて数分でこの三つのルートを走るバスの通りに出ることが出来ます。

 

僕は宿のWi-Fiである程度Googleマップでバス停や番号、その通りをスクショしてから、街に繰り出すというやり方でほとんど不自由しませんでした。

(僕の旅は基本オフラインなので…)

 

他のルートのバスにも挑戦しましたが、1回慣れてしまえば、難なく乗り降りすることが出来ました!

 

オフラインでもGoogleマップを使えば、現在地だけは表示してくれることを知っていましたか?

 

その機能を使えば、降りるタイミングも分かるので、最悪「スクショ作戦」でも十分観光ができるはずです!

 

慣れてきたら他の路線バスにも乗ってみましょう!

 

※ちなみに、市バスの運転手さんはみんなめちゃめちゃ怖いおじさんばかりです。

…が、分からないことを聞くと丁寧に怖い顔で答えてくれる優しいおじさんなので安心してください。

 

ウラジオストク市内は、市バスをマスター出来るかどうかで充実度が変わってきます!

 

覚え方も簡単なので是非挑戦してみてください!

 

ではでは!

 

バックパック一つで一人旅!身軽な5泊6日ロシアの持ち物を全て公開する。

こんにちわ!

 

僕は先日、ロシアのウラジオストクに5泊6日で滞在していました。

 

そんな極寒の地に1週間弱滞在するには何を持っていけばいいのか!

 

僕が今回の旅で持ち歩いた全ての持ち物を公開していきたいと思います。

f:id:uenotakumi:20171228233453j:image

僕が「モノを出来るだけ少なくして、自分の一軍だけで周りを固めたい派」の人間であることはこちらから↓

【断捨離していたらミニマリストの思考が目覚めてしまった】

【トーキョーに早く着いたのでなんとなく持ち物を公開】

外出する際のコーデネート!

まず1番気になるのがロシアで外出する際の防寒対策ではないでしょうか。

 

12月のウラジオストクは最高気温-5°で、最低気温-15°の世界でした。

 

そんな中での僕の基本的なコーデネートはこちら↓

f:id:uenotakumi:20171228233719j:image

○BURTONのニット帽 (年末セールで半額で購入)

○イヤーマフ (可愛いのでお気に入り)

○LACOSTE コットンピケダウンコート (アウトレットで半額で購入。最強。)

○GUの黒スキニー (下にはUNIQLO超極暖タイツ着用)

○スマホタッチ出来るタイプの手袋

○靴下(二枚重ねがオススメ)

 

基本的な防寒具は以上になります。

 

とりあえず出来るだけ肌の露出は少なめにして、あとはLACOSTEが守ってくれて上半身は大丈夫。

 

下半身はユニクロの極暖タイツの上から普通のGUスキニーを履くだけ!という「ロシア系男子勝負コーデ」です。

 

ダウンの下はこちら↓

f:id:uenotakumi:20171228235000j:image 

○肌着としてTシャツ一枚

○UNIQLOの超極暖ヒートテック (実際これあれば無敵)

○Patagoniaのフリース (かなり暖かくて超絶お気に入り)

 

以上のメンバーで、日々ロシアでの冬を乗り切っていました。

 

とりあえずUNIQLOの超極暖ヒートテックシリーズとダウンジャケット、肌の露出を出来るだけ封じるアイテムがあれば死ぬことはないようです。

 

ちなみに靴は普通の日本で履いてるもので大丈夫です。 

 

そこまでツルツルではないのでトレッキングシューズなどをわざわざ購入する必要はありません。

バックパックの中身を公開!

僕は「もしかしたらいるかも…」と思うものは全て持って行きません。

 

「とにかく荷物を少なく!」が僕のモットーです。 モノが増えていい事は一つもないので…

1.貴重品類

こちらは絶対に無くすことの出来ない僕の持ち物たちです。

f:id:uenotakumi:20171229001117j:image

○パスポート (そのコピーをもう一枚別の場所に保管しておく事を勧めます)

○お財布 (未だに貰い物のルイ・ヴィトンを価値も分からず3年以上使ってます)

○スマホ iPhone6 (SIMカード使えないから早く買い替えたい…)

 

こちらの貴重品類は必ず手持ちで持ち歩くようにしています。

2.電子機器類

f:id:uenotakumi:20171229001708j:image

○Kindle Fire 7  (海外ではオフラインになる事が多いのでダウンロードした電子書籍や映画を観れるので超便利)

f:id:uenotakumi:20171229002138j:image

○充電器/モバイルバッテリー/タコ足配線/Cタイプのプラグ

(モバイルバッテリーは必須。スマホの充電切れることが現代人の1番のストレスです。)

(プラグは海外に行く時は気をつけましょう。ロシアなど多くのヨーロッパの国はCタイプのプラグが必要です。)

 f:id:uenotakumi:20171229002724j:image

○OLYMPUS AIR A01

(現段階で僕の唯一のカメラであるレンズカメラ。

これ単品でも写真撮れるしスマホと連動して写真が撮れる優れものです) 

 

写真はブロガーになる上で避けては通れない道だと思うので、もっと勉強していきたいです。

3.その他

こちらは特にこだわりも無い、けれども最低限必要ない生活用品です。

f:id:uenotakumi:20171229003151j:image

○フェイスタオル2枚 (基本的にゲストハウスでタオルを貸してくれることが多いので2枚ほどで十分)

○洗面用具 ( コンタクトセット、歯磨きセット、カミソリです)

※機内持ち込みの液体持ち込み規制に気をつけましょう。

f:id:uenotakumi:20171229003615j:image

○肌着用のT-シャツ3枚、ヒートテック2枚、その他下着と靴下3日分

(基本的に3日分の衣類や着替えがあれば一年中海外に滞在出来ると言われています。)

※僕自身、今回の滞在で洗濯をしたのは一回だけでした。

f:id:uenotakumi:20171229004006j:image

○ジッパー付きの透明ケース、トイレットペーパー

(透明ケースは液体を持ち込む際に必要ですが忘れがちです。

海外はトイレに紙がなかったりするので凡庸性の高くなおかつコンパクトなトイレットペーパーを持ち歩いています)

f:id:uenotakumi:20171229005438j:image

○タビトモ会話シリーズ ロシア編

 (分からない言葉の国に行く時は「タビトモシリーズ」がオススメです。

絵がとても分かりやすいし例文が実際に使えるものばかりで使用頻度高めです。)

バックパックと手持ちポーチは必須! 

f:id:uenotakumi:20171229004842j:image

○Columbiaの30Lバックパック

(Columbiaはアウトドアブランドな事もありとても使いやすいのでオススメ。)

f:id:uenotakumi:20171229005036j:image

○GREGORY ショルダーバッグ

(これめっちゃ使いやすいです!

小さく見えて容量がすごいのとデザインが好き。ぜひオススメです)

 

※ちなみにこちらのバックに入れるのは、貴重品類とKindle、OLYMPUS、バッテリー類、タビトモ、の以上です。

f:id:uenotakumi:20171229005920j:image

↑めっちゃいい感じじゃないです〜??

 

以上です…!

ぜひ、参考にしてください!

今回は最低限、ウラジオストクで生きていくためのモノを紹介しました。

○LACOSTE コットンピケダウン 

(ラコステ)LACOSTE コットンピケ ダウンコート BH320E 08H チャコール 048

(ラコステ)LACOSTE コットンピケ ダウンコート BH320E 08H チャコール 048

 

○Patagonia フリース 

○Burton ニット帽

○Kindle Fire 7

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

 

○OLYMPUS AIR A01

○絵を見て話せるタビトモ会話シリーズ 

ロシア (絵を見て話せるタビトモ会話 ヨーロッパ)

ロシア (絵を見て話せるタビトモ会話 ヨーロッパ)

  • 作者: 玖保キリコ,オオイシチエ,玖保キリコ(マンガ)
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 単行本
  • クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

○Columbia 30L バックパック 

○GREGORY ショルダーバッグ

[グレゴリー] GREGORY 公式 テールメイトXS GM74645 Black (ブラック)

[グレゴリー] GREGORY 公式 テールメイトXS GM74645 Black (ブラック)

 

 

少しでも参考になればいいです!

 

ではでは!