UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

ソウルの楽しみ方②とにかく食べて食べて食べまくろう!!最後はカジノで一攫千金!

アニョハセヨ〜!

前回のブログにて、
いま人気沸騰中の韓国の旅行情報のアレコレについてと、ニッチな観光情報について解説しました。

第三段である今回は、韓国 ソウルの定番スポット&グルメについて紹介して行きたいとおもいます。

韓国の渋谷!ソウルといえば明洞!

明洞(ミョンドン)はソウル最大の繁華街で、ファッション、コスメ、グルメなどなど若者が楽しめるすべてが詰まった場所です。

f:id:uenotakumi:20171211231814j:image

とにかく人が多い…

 

店員さんや街を歩く韓国人の方は日本語が喋れる人が多いので韓国初心者の人でもなんなく楽しめちゃいます。

ショッピングを楽しむ!

韓国といえばコスメ!上質な美容グッズが安く手に入ることで有名です。

女性にとってありがたいですが男子たちも全然行くのアリですよ…!

 

僕が行きまくったコスメ店がこちら↓

f:id:uenotakumi:20171211102808j:image

『NATURE REPUBLIC』というお店で、外観が全て緑の蔦のようなもので覆われています。なんじゃこれ。

f:id:uenotakumi:20171211103512j:image

僕はそこでハンドクリームや香水、女子たちへのお土産の顔面パックなどを買いました。店員も日本語しゃべれる人多いしオススメです!

 

美容グッズ以外にも明洞には何でも揃っています。

f:id:uenotakumi:20171211103659j:image

スポーツ用品店や最先端ファッションブランドまで…買い物好きには一日だけじゃ全然足りない!

 

とにかくオシャレさんにはたまらない場所でしょう…

ちなみに物価はほぼ同じです…(笑)

明洞で韓国グルメを味わう!

ど定番ですが明洞に来たら最低限味わっておきたいお店を紹介…。

【ソルビン】

ソルビンは韓国伝統のかき氷の最も有名なチェーン店の一つです。

その一号店が明洞にあるので絶対行くべしですよ〜!

f:id:uenotakumi:20171211104243j:image

これは1つで800円くらい…たしか。

 

手前のかき氷は中に餅が入っていてその上に大量のきな粉、上から練乳をかけて食べます。

右のかき氷は抹茶&チョコレート。小さいショコラケーキが所々に散りばめられています。

もちろん一番美味しいのは奥のストロベリーチーズケーキの乗ったかき氷。これまでのかき氷の概念が壊れるほどに…

f:id:uenotakumi:20171211233153j:image

スイーツ男子や口だけダイエット女子たちには是非オススメなお店です。

 

【ユガネ】

今一番日本人が食べたい韓国料理といえば「チーズダッカルビ」です。

 

ソウル市内にも多くのお店がありますが僕が訪れたのはこちら↓

f:id:uenotakumi:20171211105826j:image

「ユガネ」は明洞内に2店舗、東大門の方に1店舗のソウル市内に合計3店舗の店を構える有名店です。

メニューはこちら↓

f:id:uenotakumi:20171211110531p:image

(https://www.konest.com/m/gourmet_photo.html?id=11793&tab=uc)

f:id:uenotakumi:20171211110556p:image

鶏肉と野菜を甘辛く炒めたものに大量のチーズをぶち込んで…

というのがタッカルビの基本ですが、そこに加える海鮮だったりお肉の種類を変更できて値段が変わってきます。

完成後はこんな感じ↓

f:id:uenotakumi:20171211111201j:image

また追加でチーズを足したり、麺や炒飯を入れたりもできます。

 f:id:uenotakumi:20171211112912j:image

このために韓国に来てもいいくらい美味しいです、ぜひぜひ!

明洞でチマチョゴリの着付け体験!

明洞内のM-PLAZAの五階にて韓服の着付け体験を行なうことが出来ます。

無料なのにめちゃ盛り上がるから超オススメ。

こんな感じ↓(笑)

f:id:uenotakumi:20171211111650j:image

黄色いお殿様が僕で…(笑)

友人同士で写真を撮れば一生の思い出になるかと思います!

女性用の着物も借りることが出来るので絶対盛り上がること間違いなしですよここは!

夜もグルメ!ひたすら韓国グルメを食べまくる!

韓国に来てやることといえば、とにかく食べて食べて食べることでしょう!

 

韓国の料理はとっても美味しくて日本人の口に合うものばかりなので韓国にいる間は常に何か食べているやうにしましょう。

【焼肉ブュッフェ】

韓国といえば焼肉ですが…

焼肉ブュッフェ??なんだそれ!!

 

そんな日本では聞いたことのないお店が韓国にあります。

f:id:uenotakumi:20171211112823j:image

数十種類のお肉の部位を透明ショーケースの中から自分で持ってくるスタイルです。まさにブュッフェ形式。

f:id:uenotakumi:20171211112848j:image

野菜やスープやご飯など、その他ゲテモノサイドメニューも取り放題です。

f:id:uenotakumi:20171211113003j:image

自分の好きなお肉が自分たちの焼きたい時に焼ける。しかも制限時間無し…(笑)

f:id:uenotakumi:20171211113031j:image 

お肉の部位は、豚肉、牛肉、鶏肉、羊肉からサムギョプサルまで…

 

つけダレは「焼肉のタレ」ではなくコチュジャンなどの辛いタレとごま油を調合して自分で作ります。

 

唯一の注意点は韓国の焼肉屋さんでは網を焦がすとめちゃ怒られ罰金を課されることがあることです。

 

めちゃ怒ってました…

 

【その他韓国グルメ】

まだまだ紹介し足りない韓国グルメはたくさんあります。

【韓国チヂミ】

こちらは辛いものから海鮮系の味のチヂミまで種類は色々あります。

f:id:uenotakumi:20171211114945j:image

中央に見える玉ねぎをざく切りしたつけダレにつけて食べます。

日本の一般的なピザと同じくらいの大きさの2〜3人前で5000ウォンくらい。

切れない長すぎる冷麺】

f:id:uenotakumi:20171211115033j:image

韓国の冷麺はまず色紙グロテスクだし、長すぎるのでハサミで切りながら食べるようです。

味は普通に日本と同じ!

【マッコリ】

韓国のお酒といえばマッコリですね。

f:id:uenotakumi:20171211213039j:image

だいたいどこのお店でもメニューにあるしコンビニやスーパーに行けば様々な味のマッコリを買うことが出来ます。

 

ぜひお土産に!

味の方も全然いけますよ!意外と度数は強いのでご注意…

カジノで一攫千金!?

韓国に来たらぜひ一度は挑戦してみたいのが『カジノ』

f:id:uenotakumi:20171211214600j:image

韓国のカジノは外国人観光客向けに作られており、韓国人は入ることが出来ませんが、私たちはパスポートを提示することで入場することが出来ます。

 

ドレスコードなども特に指定は無いなど規制が緩く入場無料。

 

僕たちが向かったのはこちら↓

f:id:uenotakumi:20171211224356j:image

【セブンラックカジノ ミレニアムソウルヒルトン店】

 

残念ながら写真撮影はNGだったのですが、想像している「カジノ」そのまんまです。

f:id:uenotakumi:20171211214727j:image

ウォンでも日本円でもチップと交換する事が出来て、ポーカーやブラックジャックなどのゲームにチップを賭けて楽しむことが出来ます。

 

僕はこういう類の賭け事が、真底ニガテなので500円ほどスられて帰りましたが、友人は1000円勝ちで帰ってきてました(笑)

 

日本では味合うことの出来ないスリルが体験できますのでぜひ!

まとめ 

どうでしたでしょうか…?

これらの二泊三日の観光&グルメ旅で僕が使ったお金をまとめると…

・航空券、ホテル代-29300円

・食べ歩き、グルメ代-5000円

・移動費-1000円

・観光料-500円

・雑費-1000円

《合計 約36800円》

 

これだけ楽しんでこの値段は安くないですか…!

 

まず航空券が安いこと、

ソウルには観光地が密集してるので地下鉄を使えば移動費が安く済むこと、

食べ歩きやグルメに関しては日本よりも物価が少し安いこと…

 

以上の要因が、格安ツアーを可能にしています。

しかも色んな意味日本人にで優しい!

 

こりゃ行くしかないでしょ!

 

ってなわけで僕が身をもってオススメする韓国 ソウルの魅力について説明しました。

 

ではでは!

ソウルの楽しみ方①とりあえずぶらりと世界遺産でも巡ってみる。少し腹ごしらえも…

アニョハセヨ〜!

 

前回のブログにて…

いま人気沸騰中の韓国についての旅行情報のアレコレを解説しました。

 

第二段である今回は、韓国 ソウルの少し変わったスポット&グルメについて紹介して行きたいとおもいます。

歴史・文化遺産を楽しむ!

韓国こと大韓民国は非常に多くの歴史を持つ国で、国内には様々な歴史・文化遺産が存在します。

 

狭い国土の中に現在登録されている世界遺産の数は12箇所。ソウル市内にも二つ世界遺産を持ちます。

 

韓国といえばグルメやショッピングのイメージが強いですが、まずは歴史や文化に触れるのもいいかもしれません。

宗廟(チョンミョ 史跡第125号)

f:id:uenotakumi:20171210220737j:image

宗廟(チョンミョ)は李氏朝鮮王朝の歴代王と王妃や功臣の位牌(神位)を祀り、祭祀を行っていた場所だそうです。

つまりは歴代の王様たちのお墓。とっても神聖な場所です。

f:id:uenotakumi:20171210220803j:image

また宗廟建築の特徴は、自然、地勢に順応し、建物の軸を統一せず、それぞれの建物が個別の軸に沿って建てられていることだそうで、

f:id:uenotakumi:20171210220825j:image

それぞれの建物自体は対称に建てられているのに、建物の全体的は配置は非対称構造な作りになっているそう。

 f:id:uenotakumi:20171210221016j:image

特に派手な様子はなく盛り上がりに欠けるかもしれませんが、朝鮮王朝の歴史を学べるいい機会です。

 

観覧料は1000ウォン(100円)で、日本語の無料ツアーも実施してるのでぜひ!

景福宮(キョンボックン)

f:id:uenotakumi:20171210222647j:image

朝鮮時代の正宮として、王の政務の場、王の生活の場として知られるお宮で、その建物はとても韓国らしい姿を映し出していると言えます。

 f:id:uenotakumi:20171210222713j:image

韓国を代表する古宮のひとつで、韓国歴史ドラマの背景となったり、撮影が行なわれることも。

f:id:uenotakumi:20171210222733j:image

また、韓国の伝統衣装・韓服(ハンボッ、チマチョゴリなど)を着用すると入場料が無料になります。

へいっ。

f:id:uenotakumi:20171210223027j:image

やっほい。

f:id:uenotakumi:20171210225941j:image

男性諸君は、チマチョゴリガールと一緒にたくさん写真を撮るのオススメしますよ!

景福宮の注意点はとにかく広いこと。すべて見て歩くだけで2.3時間はかかるのではないでしょうか。

 

宗廟と違って世界遺産登録はされていませんが、とてもオススメな場所です!

光化門広場

f:id:uenotakumi:20171211001051j:image

先ほどの景福宮から出てすぐのところにあるのが光化門広場。

f:id:uenotakumi:20171211001210j:image

ちなみにつまりのところ、先ほどの景福宮の入り口が光化門です。

光化門広場には、日本軍に攻められた際に活躍した国民的英雄の李舜臣(イ・スンシン)と、

f:id:uenotakumi:20171211002110j:image

ハングル文字を創設した朝鮮王朝の四代目世宗大王の銅像が立っています。

f:id:uenotakumi:20171211002213j:image

この2人が韓国では未だに、断トツでツートップの英雄とされているそうです。

 

地下の展示室もあるので歴史の好きな方はぜひ!

 

運が良ければ大きな噴水も見れますよ!

韓国地元グルメを楽しむ! 

韓国の美味しい地元グルメを食べることが出来る隠れ家スポットを紹介します。

広蔵市場(クァルジャン市場)

f:id:uenotakumi:20171210225823j:image

こちらは『おじゃマップ』にて香取慎吾さんやザキヤマさんらが食べ歩きツアーで訪れたことでも有名な市場です。

f:id:uenotakumi:20171210230140j:image

見る人によってはゲテモノとされるような…

f:id:uenotakumi:20171210230046j:image

だけど美味しい韓国の地元グルメを堪能することが出来ます。

f:id:uenotakumi:20171210230720j:image

適当に席に座って好きな食べものを用意してもらうスタイルです。

 f:id:uenotakumi:20171210230816j:image

 ↑これ何だと思います…??

僕が注文したのはなんと定番メニューの「ビビンバ」です。

ビビンバの由来は…ビビン(混ぜる)、バ(ご飯)だそうで、つまりご飯と何かを混ぜ混ぜしちゃえば何でもいいそう。

 

おばちゃんがアルミのボウルにご飯をよそって、適当にナムルや薬味やらを素手で入れて最後に辛い調味料いれてはいどうぞって。

(素手で…)

 f:id:uenotakumi:20171210232459j:image

それで、こんな見た目ですが混ぜて食べると超絶品なんですね…(笑)

 

思ったより、というか普通に美味しいのでびっくりしました。

 

ちなみに右のやつは無料サービスの「ソンカルグクス」といううどんです、普通に日本と同じ味で美味しいし量多いしなんだこれ。

 

値段は確か…4000ウォンくらい。

 

他にも美味しいメニューがたくさん!

f:id:uenotakumi:20171210231537j:image

これを…

f:id:uenotakumi:20171210231653j:image

こうして…

f:id:uenotakumi:20171210231721j:image

こうするメニューとか、

 f:id:uenotakumi:20171210231817j:image

辛いのが好きな人は本場の「トッポギ」に挑戦するのもいいでしょう。

真っ赤に染まっていて甘辛うまです。でもその「辛」がめちゃめちゃ辛い…

 f:id:uenotakumi:20171210232518j:image

こちらは「オデン」というおでん。

海鮮系の練り物を長い串にさしてだし汁で煮込んだものです。

一つ500ウォン(50円)くらいでアツアツの「オデン」が食べれるという超コスパメニューです。

f:id:uenotakumi:20171210233450j:image

(https://goo.gl/images/Aj7GTu)

↑こちらも写真を撮り忘れましたがとても美味しいかったですよ〜!

 

名前は「麻薬キンパ」といい、食べ始めると麻薬のように止まらないことから名付けられたんだとか…。

たくあんとか人参の入った海苔巻きにごま油がぬってあるシンプンなお料理です。クセになる味を是非!

まとめ

今回は韓国 ソウルの歴史・文化遺産と地元グルメについて紹介しました。

 

実は、今回紹介した遺産と市場を巡った時間はたったの半日です。

 

まだ時間の流れでは半日しかないんですよ…!!

 

この事からもソウル市内に観光地が詰まっていてかつ移動しやすいのが分かりますね!

 

次回は紹介しきれなかった王道の観光地とグルメを紹介します。

 

ではでは!

往復19000円〜旅行!大人気観光地ソウルに今行くべき理由&楽しみ方をまとめる。

こんにちわ!

「時間あるし、海外旅行とかいってみたいな!」

でも…

「お金ないんだよなー…。」

 

そんな暇人大学生&貧困インスタ女子のみなさん!

皆さんに是非オススメしたい場所があります。

今をときめく人気観光スポット…

 

韓国 ソウルです!

f:id:uenotakumi:20171211230928p:image

僕は今年の春に一度だけ旅行で行ったきりなのですが、

 

男性も女性も楽しめる魅力の数々と、海外旅行初心者にとっても優しい要素がたくさんありすぎたので、

 

その魅力や様々な情報を共有して行きたいと思います。

 

北海道や沖縄なんかに行くより手軽で安く行けちゃいますよ!

韓国 ソウルの魅力を紹介

①とにかく安い!これに尽きる!

なんといっても韓国は日本から一番近い国! (まあ見方によりますが…)

 

成田空港から首都ソウルの仁川(インチョン)国際空港までは約2時間半〜3時間のフライト時間です。

 

そして航空券のチケット代金の相場は、往復19000円〜25000円ほどです。

 

え、往復で??

…と何度も確認したくなる安さです。

(LCC格安航空を使った場合に限りますが…)

 

そしてホテルの代金は人気観光地の明洞に近くなれば少々値上がりしますが、基本的には3000円〜から探すことができるでしょう。

海外で宿泊先を探す際はこちらがオススメです↓

 

 

こちらが実際に僕が、友人5人でソウルにいった時の旅行日程票です。

f:id:uenotakumi:20171210193241j:image

海外初心者が多かったので行きと帰りの空港 - ホテル間の送迎をつけてもこのお値段。

 

美味しい機内食も付いてましたよ! 

f:id:uenotakumi:20171210205037j:image 

ちなみにホテルは下から二番目のグレードのものを選択しましたが…

f:id:uenotakumi:20171210204506j:image

いや全然マシだし…

 f:id:uenotakumi:20171210204450j:image

 いや、てかむしろ…でしょ!

 

以上説明したように「近くて安い」これが韓国最大の魅力です。

②日本人に優しい!

「日本人に優しい」と言うのは、

①日本人に対して親切・丁寧でとても優しいという意味であり、

②また街並みや文化などが日本と似ているところが多いため過ごしやすい意味でもあります。

 

【①について】

韓国人は「反日」である。というイメージが多くの人の中にあると思いますが、そんなことは決してありません。

 

少なくとも観光客として行く場所においては、むしろ大歓迎。

ホテルは都市の中心部から離れた大学のすぐ近くの学生街に泊まりましたが、「過ごしづらさ」を感じることはありませんでした。

 

むしろみんな優しい、日本が大好き。

 

しかも学生の多くはだいたい日本語が喋れてしまいます。

 

理由を聞くと韓国人はめちゃめちゃ日本に行きたがるだそうで、

長期休暇を利用しては日本に遊びに行くために日本語を勉強する若者が本当に多いんだそうです。

 

困ったらだいたいの人は英語か日本語が喋れてしまうからソウルは超安心なんです。

 

【②について】

また、韓国は日本人にとってとても過ごしやすい環境です。

 

まず、アジアだから当然かもしれませんが街並みもろ日本。

f:id:uenotakumi:20171210204806j:image

日本風の建築が多く、街を歩いていてとても落ち着きます。

f:id:uenotakumi:20171210204738j:image

その他の日常のマナーも共通するものがとても多く特に気を使うこともないでしょう。

 

違うといえば、車道が右側通行だったりトイレに紙を流してはいけない点くらいでしょうか。

日本以外のトイレでは水に流れやすい紙を使用していないため基本的に紙を流すのはタブーです。

 

唯一気をつけなくてはいけないこと、韓国は上下関係にとても厳しい国であることとレディーファーストの文化が日本よりも発展していることです。

 

韓国人は初対面では必ず年齢を確認してから会話し、お店では必ずドアを開けて女性を先にいれるそうです。

 

女性のみなさんはそんな日本では味わえない文化を味わうのもいいですね。 

③移動には地下鉄が便利すぎる!

ソウル市内には至るところに地下鉄が張り巡らされていてほとんどの場所に地下鉄で移動することが可能です。

 

そのため絶対購入した方がいいのがこちらのT- moneyカード↓

f:id:uenotakumi:20171211225609j:image

T-moneyカードとは日本におけるSuicaやPASMOなどと同様に、ある一定の金額をチャージすることで、後はワンタッチで鉄道やバスに乗ることができるカードです。

 

T-moneyカードはほとんどの地下鉄やコンビニエンスストアでも購入出来ます。 

 

地下鉄の場合はこちら↓日本語の案内があるので安心です。

f:id:uenotakumi:20171210203017j:image

(https://goo.gl/images/Kn1W8t)

こちらでチャージも可能で使わず余った分は払い戻すことも出来ます。

 

韓国の地下鉄にはとても案内が丁寧で分かりやすく、また英語表記もあるためT-moneyカードを購入してしまえば市内の移動は超カンタンです。

f:id:uenotakumi:20171210204911j:image 

実際に僕の場合も、通信環境がなくてもホテルでスクショした路線図だけで目的地に容易に辿り着くことが出来ました。

④韓国人は美人・イケメンが多い!

噂には聞いていたけど僕も実際に見てみて驚きました! こればっかりは。

 

思わず隠し撮りの技術がとても向上しましたね。(笑)

 

大韓航空を利用したのですが、CAさんはみんな美人。電話番号渡すやつ何回やろうと思ったことか。

 

街にでても綺麗な人が本当に多くて、「韓国人はセ◯ケイしてる…」というのなんてどうでもよくなっちゃいます。

 

男の人も韓流イケメンが多いですが、そもそも美意識の違いかなって思いました。

 

韓国人の若者が見る人みんな服装や髪型に気を使ってる人が多くて「ダサい」人は一人もいません。

 

お肌もツルツルだし…服装もみんな気を使ってる…

この点は日本人負けてんな、と思いましたね。

まとめ

今回は韓国に旅行に行くための前提となる知識や知っておくと便利なことについて書きました。

 

とにかく日本人にとってはすごく「過ごしやすい」く「とにかく安い」場所なので本当にオススメです!

 

観光地やグルメについては次の記事でお会いしましょう!

f:id:uenotakumi:20171210205448j:image

 

ではでは!

新潟でうどん食べるならここしかない!『角中うどん』が超オススメ!

こんにちわ!

僕はラーメンがまあまあ好きな訳なんですが、ラーメンだけでなく麺類は全般いけるクチです。

 

でもそうめんは少しニガテ…(笑)

 

いつも通りラーメンを食べに行こうと思って車を走らせていたところ、

 

行きたかったラーメン店が三店舗連続で定休日という想像し難い事実に直面しました。

 

そんな中ヤケクソで入ったお店がたまたまた最高のうどん屋さんだったのでここに紹介します。

f:id:uenotakumi:20171210162949j:image

『角中うどん』について

新潟県新潟市の東区中野山に「角中うどん」の本店は位置しています。

最近、長岡市の宮内に2号店がオープンしました。

 

そもそも角中株式会社の角中グループが経営する飲食店の一つで、系列店には「麺作 赤シャモジ」「荒川らーめん魂 あしら」「麺作 ブタシャモジ」などがあります。

 

新潟県内でこれだけ有名なラーメン店が系列にある時点で味のレベルは分かったも同然ですね。

店内の雰囲気はこんな感じ↓

f:id:uenotakumi:20171210171641j:image

カウンター席、テーブル席共に多くあります。また元気のいいおばちゃんの接客も個人的には好きでした。(笑)

『角中うどん』の魅力について

うどんのメニューが豊富すぎる!

f:id:uenotakumi:20171210164158j:image

『角中うどん』の一番の魅力はそのメニューの豊富さ。

 

一番人気の「肉つけうどん」から「角中うどん」「かきあげうどん」など一般的なうどんはもちろん、

 

その他に「坦々うどん」や「カレーうどん」期間限定のうどんなど(僕のときは「四川麻婆うどん」でした)を数多く揃えます。

 

その他、丼ぶりや定食メニューも豊富で捨て難いです。しかも大盛無料!

メニューの豊富さからいつ来ても飽きない、何度でも来たくなるお店です。

名物『肉つけうどん』が絶品!

f:id:uenotakumi:20171210165602j:image

【肉つけうどん (780円)】

メニューが豊富でいいと言っておきながら、ここに来たら最初に食べるべきは間違いなくこちらのうどん。

f:id:uenotakumi:20171210165616j:image

まず注目すべきはこちらのつけ汁。さすがラーメン店を系列に持つだけあって背油が浮いています。

うどんのつけ汁というよりはラーメンならつけ麺のつけ汁に近い感じ。

 

背油はそんなにクドくなく、しっかりと和風の出汁と煮干しのスープに上手くマッチしています。

 

なんといってもトッピングのお肉がとっても美味です、片栗粉をつけて揚げた豚肉を甘辛く炒めたものでしょうか。

 

これはうどんにもご飯にも合う逸材ですね、うどんに浮かしておくにはもったいないかも(笑)

 

その他のトッピングもうどんとつけ汁との相性バツグンで。玉ねぎ天かすはお代わり無料です。

f:id:uenotakumi:20171210171148j:image

こちらのボリューミーなとんかつが乗った「黒カレーうどん」もオススメです!

自家製麺が三玉まで無料!

『角中うどん』の魅力のもう一つが、店内に製麺所を設け自家製麺にこだわりを置いている点です。

f:id:uenotakumi:20171210171528j:image 

なんでも「この店にしかないうどんをつくる」ために長い熟成期間をかけた門外不出の製法で麺を作るんだとか…

f:id:uenotakumi:20171210172036j:image

たしかに麺はコシの強さがいい感じで、それでいてツルツルっと胃に入っていく平打ち麺でした。美味しかった。

 

そんなこだわりの麺は三玉までは無料なんていうんだからすごいですよ!

 

でも一玉がそんなに多いわけではないので、女性でもたくさん食べたいひとは二玉、三玉に挑戦しても全然いいかと思いますよ!

 

最後に

僕はそんなにうどんには詳しくはありませんが、『角中うどん』のうどんは麺もスープもサイドメニューも一流であると分かりました。

 

期間限定メニューも魅力的だから何度も通いたくなるお店です。

 

新潟市にこんな隠れたお店があったとは…

 

皆さんも是非行ってみてくださいね!

 

ではでは!

 

『小暮写真館』を読んで。心温まる家族&青春を描いた感動のストーリー!

こんにちわ!

たまには読書もします。ウエノです。

 

今回は宮部みゆきさんの長編小説である、『小暮写真館』を読みました!

小暮写眞館 (書き下ろし100冊)

小暮写眞館 (書き下ろし100冊)

 

 

宮部みゆきさんと言えばベストセラーになった『ソロモンの偽証』で描かれたように少し「エグい」ミステリー小説のイメージがありますが、

 

今回紹介する『小暮写真館』は、ゆるい展開で主人公を取り巻く人々の生活が展開していくとてもほのぼのとする感じ。

 

それでもやはり続きが気になって次々とページをめくる手が止まらず、

そして最終的には「大きな感動」のエンディングに辿り着く…

 

といったように、宮部みゆきさんらしさが存分に発揮された長編現代版ミステリーと言われている作品です。

『小暮写真館』あらすじ 

四部構成からなる書き下ろし長編小説となっています。あらすじは以下の通り↓

第1話・小暮写眞館、第2話・世界の縁側、第3話・カモメの名前、第4話・鉄路の春の4部から構成される。

ごく普通の高校生1年生・花菱英一は平凡な両親と弟の4人暮らしである。

両親が結婚20周年を機会に購入した念願のマイホームは「小暮写眞館」という看板が軒先に掛かったままである築30年以上の元写真館であった。

花菱家が「小暮写眞館」に引っ越すとすぐに心霊写真が持ち込まれたり、身の周りで心霊現象を体験するようになる。

友情・恋愛・死・出会い・別れを経験し英一は少しずつ成長していく…

 

元の家が写真館だったからという理由だけで花菱家には色んな心霊現象を思わせる写真の調査依頼が来ます、

そんなありがた迷惑の写真を長男の英一が高校の同級生や弟の光と協力しながらその謎を解き明かしていくー。 

 

ザックリ言うとこんな感じのストーリーです。

 

でも、写真の謎に迫るミステリー要素に主眼が置かれているのではなく、その写真の取り巻く人々の背負った重い過去やそこで英一が出会う人との繋がりが主なテーマなっています。

 

そこで出会う登場人物を宮部みゆきさんお得意の人物描写で一人一人を丁寧に、かつ繊細に描きます。

 

以下に簡単な登場人物を整理していきます。

『小暮写真館』登場人物

□花菱英一(花ちゃん)

この物語の主人公。花菱家の長男であり自分より何事においても出来のいい弟と、親友のテンコに少々コンプレックスを持つ。

面倒くさいと言いながらも頼まれると断れない&几帳面な性格で文句を言いながら何事も卒なく丁寧にこなしてしまう。

 

□店子力(テンコ)

英一の親友で実家は名手でお金待ち。学業、容姿ともに優れており英一が困った時はいつも的確な対応でピンチを救う。弟の光と兄の英一よりも仲が良い。 

 

□寺内千春(コゲパン)

一目見れば、そのあだ名の意味を全員が理解するほど真っ黒な肌をもった英一たちのクラスメイトの女の子。本人は気にしているらしいが…

色々あって、英一の調査に積極的に協力することに。

 

□花菱光(ピカ)

私立の有名小学校に通う英一の弟。小学二年生とは思えない可愛い容姿と兄に劣らない知識と知恵で調査に協力する。

苦手なものはオバケ。

 

□花菱秀夫・京子

英一の両親であり、古屋である写真館をそのまま新居とする辺りからも分かるように相当な変わり者。

かつて四歳であった娘の風子(ふうちゃん)を亡くすという辛い過去を持つ。

 

□垣本順子

写真館を仲介したST不動産の事務員であり、人間的に欠点が多いことからミス垣本と呼ばれる。

実際は彼女自身そのように振る舞わざる理由が…

 

主な登場人物は以下の通りです。これらの登場人物をすべて丁寧な描写で描いていくんですねぇ。さすが宮部さん。

『小暮写真館』感想・見どころ

次々に持ち込まれる写真に秘められた謎

花菱家には元写真館に越してきたという理由だけで多くの奇妙な写真の謎の調査依頼が届きます。

 

心霊写真というのは不可解な現象などではなく、撮影者や被写体の強い思いや感情の起伏などを表すのだそうです。

 

そこで英一は調査するにつれて、多くの辛い過去や今に向き合っている人に出会います。

 

そんな人々との出会いを通して英一を始めとする登場人物が成長していく様子がこの作品の魅力の一つでもあります。

「必要なときに、絶妙なタイミングで、会うべきヒトに会うようにできてるんだよね。これが天の配剤ってヤツかなあ。」

 

「生きてる者には、ときどき、死者が必要になることがあるんだ。僕はそれって、すごく大切なことだと思うよ。この世でいっちばん怖ろしいのは、現世のことしか考えられない人だって、つくづく思うから」

 

「泣かせようなんて、これっぽっちも思わないんだよ。幸せにしようって、いつも本気で思ってるんだよ。だけどね何だか泣かせちゃうことがあるんだ。」

英一が色々な人に出会っていく中で触れるセリフ・名言はとても深く、印象に残るものが多くあります。

 

その本当の意味が知りたい人ぜひ本編を読んで…

圧巻のラストを飾る第四話

四部構成のうちの第四話は心霊写真の問題は出てきません。しかしこの話のために前の三話があるようなもの。

伏線をすべて回収し、様々な問題が雪溶けに向かいます。

以下に二つポイントを↓

※少し話の結末含みます!

ⅰ. 花菱家の抱える大きな問題

登場人物の紹介のところで少し述べたように花菱家は数年前に長女の風子を不慮の事故で亡くしているんです。

 

また花菱家の家族四人はそれぞれ風子が死んでしまった原因を自分のせいだと考えてしまっています。

 

あの時、もっと早く帰っていたら…

あの時、短時間の仮眠さえ取らなければ…

あの時、変なプライドのせいで自分を抑えなければ…

あの時、僕さえいなければ…

 

第四話ではそんな四人のトラウマが徐々に薄れていき、未来に向かって家族が歩み出します。

 

ここで宮部作品で一貫して表現される、「残された者の不幸」の存在と「それを受け入れてどう生きるか」を強いメッセージとして読者に訴えるのです。

ⅱ.実はヒロインな垣本順子

英一が不動産屋に足を運ぶごとに事務員のミス垣本は「バッカみたいっ」と憎まれ口を叩きます。

 

しかしそんな彼女の本質を見抜く能力やふとした時にみせる女性らしさに英一はなぜか惹かれていく自分に気付きます。

 

彼女には凡人には想像しがたい過去があり、彼女自身も英一と過ごす時間が増すにつれて過去に向き合うことが出来るように…

 

そんな中、迎えるラストはただただ感動…と同時にもう物語が終わってしまうのかと悲しくもあります。

 

「続きが見たい」というよりは、

「まだまだ彼らの物語を見ていたい…もっと共有したい。もう終わりなの…」といった感じです。

 

こんなにいい意味でラストを迎えたくない作品に初めて出会いました…はい。

最後に

800ページ弱ある長篇小説なのですが、すいすいと中だるみなく読んでいけるのではないでしょうか。

まだまだ読んでいたい…!そんな作品です。

ラストを迎えると同時に、表紙の描写が意味するものと、帯に書かれた本当の意味が分かるかもしれません。

 

講談社から上下巻出ていたものが、今年2017年になって新潮社からⅠ〜Ⅳ巻の四冊で重版されることが決まりました。

 

ぜひぜひ一話からでいいので読んでみてください。

 

小暮写眞館I (新潮文庫nex)

小暮写眞館I (新潮文庫nex)

 
小暮写眞館III: カモメの名前 (新潮文庫nex)

小暮写眞館III: カモメの名前 (新潮文庫nex)

 
小暮写眞館II: 世界の縁側 (新潮文庫nex)

小暮写眞館II: 世界の縁側 (新潮文庫nex)

 
小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)

小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)

 

 ではでは!

僕たちは奴隷だから…イベントバイトをして思ったこと&起こったことを10個ほど書くよ。

こんにちわ!

コンサートやライブのイベントスタッフって知ってますか?

f:id:uenotakumi:20171208101840j:image

有名ミュージシャンなどのライブの会場設営や当日の運営、会場撤去などをお手伝いするアルバイトです。

僕はこれまで何回か経験したことがあるんですけどその度に、、、

 

ツラい…!

もう絶対したくない…

と思うんですよね(笑)

 

そんな今回、機会があって、そのアルバイトに参加することがあったので感想をまとめたいと思います。

イベントスタッフとは?

学生に人気な短期バイトの代表例としてあげられるのがイベントスタッフです。 

イベントの代表例は、「コンサート」「ライブ」「スポーツイベント」「セミナー」など様々。

 

今回紹介するのはライブやコンサートのスタッフですが、その仕事内容もイベントによって異なり、例えば、グッズ販売やチケットもぎり、会場の案内、会場の設営・運営、販売支援、警備など…

 

またそのイベントで、どのような仕事をするかは当日に知らされることも多いのです。

逆に言えば、能力や条件などは求められず初心者でも気軽に応募することができるということです。

 

求人サイトなどで見つけた仕事に応募し、登録会社への登録をしてから仕事を紹介してもらうケースが一般的です。

イベント会社に登録する手順

イベントスタッフとして仕事をするにはまず、イベントを紹介してくれる会社に登録する必要があります。

一般的は登録の手順は以下に↓

1.タウンワークやIndeedなどのイベント情報サイトでやりたいイベントを見つけましょう。

f:id:uenotakumi:20171208104609j:image

2.労働条件や仕事内容を見て、いいなと思うイベントに応募します。

f:id:uenotakumi:20171208123405j:image

3.まずはイベント斡旋会社に登録するのですがここでオススメなのが電話応募の方です。

※webの応募だと無視されてしまう事があったりその後の手続が面倒だったりします。

 

4.会社によって異なりますが、本社に出向いて簡単な個人情報や口座情報を記入して登録の手続きを完了させます。

 

5.登録を完了することで、応募したイベントの参加は確定し、それ以降のイベントバイト情報を受け取る事が出来ます。

ライブスタッフをやってみて感想

まずはコツや知っておきたいことを↓

1.とにかく大きな返事をすべし

設営や撤去の仕事は周りもうるさく危険が伴う仕事であるため、何か言われたら「はい!」ミスをしたら「すみません!」とすぐに大きな声で返事をする必要があります。←しないとめちゃ怒られます…

2.分からないことはすぐ聞くべし

会場はとても危険が多く複雑な機械などが多くあります。もし壊してしまったり操作を間違えると取り返しのつかないことになるので、分からないことはすぐに質問しましょう。←勝手にやってミスすると死ぬほど怒られます。

3.イベントによってキツさや厳しさはかなり異なる

イベントによっては1日中、建設現場のおっちゃん達と汗を流して働き続けるような時と、バイトが多すぎて仕事を探すのにやっとな時があります。

またその現地のおっちゃん達の優しさも異なります。罵声が飛び交うこともしばしば…

4.参加したからには積極的に自分から仕事をすべし

上で述べたようにヒマな会場に当たった場合はひたすら人の後ろについてサボりまくることも可能です。

僕も最初はそうでしたが、それだと中々時間が過ぎていきません。

また仕事を積極的にやると怖いおじさんとかに気に入られたりして案外いいこともあるので積極的に仕事をしましょう!

5.バイト仲間とは仲良くなった方が良い…?

僕が参加したバイトは朝早くから深夜までという時間帯もありました。

後半になってくると自然と無言でも絆が芽生えることもしばしば…(笑)

きっとその場限りの関係ですが一人で殻にこもってるよりマシ。

とにかく時間の流れが遅いので積極的に仕事したりお話したりで時間を忘れるのがコツです!

6.お弁当だけを楽しみにするべし

そんなただの時間の切り売りなバイトな訳ですが、唯一楽しみなのはお弁当が支給されること。

f:id:uenotakumi:20171208114535j:image

僕の経験上、まあまあのクオリティのお弁当が支給されるのでつらいバイトの唯一の楽しみにしましょう!

7.社会性が身につく…?

このバイトの唯一の良さを見出すとしたらここかもしれません。

バイト中は建設現場のおっちゃん達にどうしたら怒られないかを考え、また見ず知らずの人と一緒に作業して行くので社会性がないとやっていけません。

コミュ力がや気遣いなどが身につくかもしれません…たぶん。

8.ライブがタダで見れるのはラッキー

設営や解体の仕事以外に当日のライブ会場での仕事もあります。

僕がやったのは"ステージ脇を通るアーティストにタッチしようとするお客さんを柵から出ないようにする"という何ともその場限りの仕事でしたが、タダでライブが見れちゃいます。

UV○Rworldさんの30センチ横で必死に柵を抑えてたのは僕です…(笑)

 

と、ここまではそんなにキツくなさそうだしこれで単発の日給日払いなら全然いいバイトじゃん!と思うかもしれませんが大変な面も多くあります…↓↓

9.スタッフの裁量で残業は当たり前

これマジでキツかったです…

バイト中はとにかく終わりの時間を今か今かと待ち望んでいます。

そんな時にスタッフのミスで、僕らがやった作業を一からやり直しになったことがありました。

後で述べますが僕たちは「奴隷」なのでそんな指示にもぺこぺこ従うしかありません。

しかも残業は当たり前、みたいな風潮があるのも残業大っ嫌いの僕にとってはキツかったです。

10.奴隷的な扱いをうける…

これは僕が思った事ではなくて、仲良くなった40代ほどのバイト仲間のおじさんに言われたセリフです。

僕が「いや〜きついですね。いつ終わるんですかねー?」と言うと、

「うんまあ。そんな事は考えずに僕たちは言われた事を返事してやってればいいのさ。何せ彼らにとって僕らは「奴隷」のような存在だからね。意思を持っちゃダメなんだよ…。」

僕「おじさん……」

この時は流石に泣きそうになりました。

とてもお世話になった方で感謝してますが、このような生き方・働き方はしたくないな…と思ってしまうのでした。

 

ちなみに僕たちの呼び名は、いい時で「バイト君」、忙しくなってくると「おい」「バイト」「お前」などです…

最後に

僕が今回紹介した内容もその斡旋会社や会場によっても大きく異なると思うのであくまで参考程度にしてください!

 

みんな優しくてワイワイしている会場もあれば、ピリピリした雰囲気の中で作業する厳しい環境もあるでしょう。

 

まあ"郷に入っては郷に従え"と言うことで罵声が飛び交ったりする環境については全然いいんですが、平気で残業したりとにかく生産性のない1日を過ごさなきゃいけない点は僕にとってきついです。  

 

やっぱもうやりたくないや…(笑)

 

時間の対価に報酬を貰う仕事から早く卒業したいなと改めて思うのでした。

 

いいとこもたくさんありますからね!

僕はアンチではありませんから!

 

ではでは!!

日常がつまらない…そんなあなたにオススメしたい「旅の魅力」の詰まった映画を紹介!

こんにちわ!

「何だか毎日同じ日々の繰り返しだ…」「新しいことしたいなあ…」

って人いませんか??

 

そんな人に僕は、とにかく「旅」に出ることをオススメしています。

f:id:uenotakumi:20171207195624j:image

…とはいっても、

どんな感じで?…とか具体的にイメージ湧かない人も多いと思います。

 

そんな人は映像を通して「旅」の素晴らしさを実感しましょう!

 

そんな今回は、思わず旅に出たくなるような「旅の魅力」を教えてくれる映画を紹介していきます。

イントゥ・ザ・ワイルド

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

 

原作は、1992年に青年が放浪の末にアラスカで死体で発見された事件を描いたノンフィクション作品。

 

裕福な家庭で育った一人の青年が「自分をぶち壊す」ための旅に出ようと、一人でアラスカ高原へ繰り出します。

 

親の言う通りに生きてきた人生でしたが今一度、荒野(ワイルド)に身を投げることで「人生とは一体誰のものなのか?」について考え直します。

 

彼は旅に出ることで何を学び、何を訴えたかったのか……「旅の魅力」がこれでもかと詰まったアカデミー賞作品です。

 

バックパッカー必見です!!!

わたしに会うまでの1600キロ

わたしに会うまでの1600キロ [DVD]

わたしに会うまでの1600キロ [DVD]

 

 

薬物&セックス中毒の女性が、ある事をきっかけに一人でPCT(カリフォルニア山脈を南から北まで)をひたすら1600キロ歩き続けるという実話を元にしたストーリー

 

彼女はたった一人でメキシコからアメリカを通ってカナダへと向かいます。その過程で会う「仲間」に助けられながら、彼女は旅を続けます。

 

また彼女の家族や離婚した旦那さんとの過去と並行して物語が進みます。

辛い過去を抱えながらも、本当の「わたし」を探すための旅を続けるのです。

 

女性でも一人旅出来る!そんな勇気を与えてくれるような作品でもあります。

ザ・ビーチ

ザ・ビーチ (字幕版)

ザ・ビーチ (字幕版)

 

「夢の楽園のような伝説のビーチがある…」そんな言葉を残し翌日に自殺したホテルの隣人の謎を確かめるべく、伝説のビーチに向かう3人の若者の運命は…

 

レオナルド・ディカプリオが刺激を求めてバンコクにバックパッカーとして降り立った青年を演じます。

 

そんな彼らがようやく辿り着いた伝説の楽園。しかし、そのビーチには大きな秘密が……

 

撮影地となったピピ島の魅力もさる事ながら、楽園内で様々なヒューマンドラマが繰り広げられます。

深いです…ぜひ!

モーターサイクル・ダイアリーズ 

キューバ革命を起こした革命家チェ・ゲバラ(エルネスト)を生んだ、12000キロの南米大陸横断の旅を映画化したノンフィクション物語。

 

若き日のエルネストは友人のアルベルトと一緒にオートバイ一つで放浪の旅に出ます。

そこで出会う弾圧的な政府の存在を知るとともに、ハンセン病患者やそれを診る人々の優しさに触れます。

 

旅を通して彼は「民衆のための"心の医者"になる」ことを決意するのです…

 

チェ・ゲバラのドキュメンタリーというよりは、普段あまり情報のない南米大陸の魅力について教えてくれる名作です!

星の旅人たち

星の旅人たち (字幕版)

星の旅人たち (字幕版)

 

800キロに及ぶサンティアゴの聖地巡礼の途中で息子を亡くした父親。その息子の果たせなかった目的を果たすために人生最大の旅に出ることを決意する…

 

巡礼をする父親は道の途中で少し止まっては進み、また止まって何かしてを繰り返します。それには大きな理由が…

 

道中で出会った巡礼者たちも自分の中の「旅をする理由」があり「新しい自分探し」に必死です。

 

道中で会う旅の同士の存在がここまで心強いものかと再認識します。

本当に「いい話」です…ぜひ!

ヒラリースワンク ライフ

ヒラリースワンク ライフ [DVD]

ヒラリースワンク ライフ [DVD]

 

時を同じくしてアフリカの地にてマラリアで息子を亡くしてしまった母親同士が出会い、互いに生きがいを見つけていくという愛の物語。

 

息子を亡くしたマラリアと母親が闘う姿を通して、現在も致死率の高い深刻な病について深く考えさせられます。

 

アフリカの大自然や純粋無垢な子供たちの笑顔もこの映画の魅力の一つです。

 

「旅」が題材ではないですがアフリカの魅力と現状を教えてくれるオススメの感動作です!

食べて、祈って、恋をして 

食べて、祈って、恋をして (字幕版)
 

「あなたは一度全ての財産を失う…」

そう宣告されたエリザベスは離婚や失恋を経た後、人生の全てをかけて「自分の探し」の旅に出る。

そして最後に訪れたバリ島にて…

 

世界中の女性から支持を集めるエリザベス・ギルバートのベストセラー自叙伝を映画化したのがこの作品です。

 

イタリア、インド、バリ島を舞台にして題名通り「食べて」「祈って」「恋をする」ことで女性としての輝きを取り戻し始めます。

 

女性で「旅」に興味がある人にぜひ見て欲しいです!

「女子旅」いいですね!!

ネブラスカ ふたりの心をつなぐ旅

田舎暮らしの老人ルディは100万ドルが当選したという詐欺ダイレクトメールを頑なに信じ、遠く離れたネブラスカまで歩いて引き替えに行こうとする。

最初は止める家族たちであったが…

 

明らかに詐欺なチケットの引き替えに付き合うことになった息子のデイブ。

最初は嫌々だったものの、ネブラスカまでの道中で徐々に父子の間で絆が生まれていきます。

 

心温まる家族のロードムービーです。

また終始、白黒タッチの映像で物語が進んで行くのもいいですね。

 

たまには親子で旅に出るのもアリかも!そんな風に思える作品です。

最後に

僕が今回紹介した映画を見ることで…

【イントゥ・ザ・ワイルド】→アラスカ

【1600キロ】→PCT(カナダ、メキシコ)

【ザ・ビーチ】→タイ(東南アジア)

モーターサイクル】→南米大陸

星の旅人たち】→サンティアゴ巡礼

ヒラリースワンク】→アフリカ

食べて、祈って】→インド、イタリア、バリ島

ネブラスカ】→アメリカ横断

 

…というように世界各国の魅力が詰まっているので、見終わった頃には世界一周がしたくなるように出来ています…(笑)

 

少しでも映画を通して「旅」の魅力を感じてくれたら嬉しいです!

 

「行きたい!」と思ったら今がチャンスですよ!

 

ではでは!