UeNote

新潟県在住 21歳 大学生のブログ [旅×新潟×ラーメン]を発信中

【唐揚げ祭り】炊飯器片手におじゃマップの食べ尽くし企画をやってみた!

こんにちわ!

今回はyoutuberのような記事です!

子供に夢を与えたいですね!

 

いきなりですが、こちらの番組ご存知ですか?

f:id:uenotakumi:20171013183642j:image

おじゃマップは毎週水曜夜の7時から放送されているお笑い芸人のザキヤマさんと元SMAP香取慎吾さんが出演する旅バライティ。

 

こちらの番組の人気企画で「米20合食べ尽くし企画」と言うのがあります。

 

出演タレントさんが炊飯器に入ったお米20合(茶碗50杯分)を持ってグルメスポットを巡りそれをおかずにご飯を食べ尽くす。という企画です。

 

はい。勘の鋭い方はお気づきでしょうか…

今回、実際にやってみました!

 

そこで今回のロケ地に選んだのは…

こちら!!

f:id:uenotakumi:20171013185047p:image

✔︎から揚げ祭りとは

日本唐揚協会が開催する全国規模で行われるから揚げの祭典!

今年は新潟市西区小針の新潟西イオンにて10/12〜10/15に開催。

全国のから揚げ自慢たちが一堂に会し、全国の名店のから揚げを一つの場所で食すことが出来るという、から揚げ好きによる、から揚げ好きのための、から揚げの祭典!!

要チェック!!

(引用元 ウエノタクミ)

 

これは最強コラボ間違いなし!

 

ご飯食べ尽くし企画×から揚げ祭り

 

想像するだけでヨダレが垂れてきそう…

 

早速行ってみましょう!

いざから揚げ祭りへ!

PM.13:00

新潟西イオンへ向けて車を走らせる。

後部座席には行儀よく並べられた3つのお釜。

3合×3=9合(茶碗20杯分)

f:id:uenotakumi:20171013190955j:image

今回の挑戦は大食い自慢の友人と3人で。

 

新潟西イオンに到着!

f:id:uenotakumi:20171013191215j:image

んー盛り上がってます!

f:id:uenotakumi:20171013191359j:image

とりあえず着席、作戦会議。

 f:id:uenotakumi:20171013191538j:image

いざ出陣!!

 

しようとすると…

??「あのーすみません、BSNの当イベント主催者の者なんですけど…このお釜は…」

 

ウエ (やばい…怒られる?!え、ダメなんですか??絶好なオカズが目の前にあるのにご飯を食べない方がから揚げに失礼じゃ……)

 

BSN「すんごい面白いですね!取材させてもらっていいですか!」

 

ウエ「は、はい!ぜひぜひ!(怒られると思ったー…)」

 

お偉いさんが出てきて怒られるかと思いきや、

「から揚げ祭り史上初めてだよ!釜ごと持ってくるなんて!ホント面白いね!」

とすごく気に入っていただきました。

 

とりあえず気を取り直して、

目標は釜(3合)×3=9合を空けること&12店舗全てのから揚げを食らい尽くすこと!

から揚げ12店舗巡り開始!

○1店舗目

f:id:uenotakumi:20171013200403j:image

岩手県の「からあげ家 奥州いわい」さん

シンプルな醤油味の味付けと肉汁ジューシーで最高!

○2店舗目

f:id:uenotakumi:20171013200430j:image

宮城県ここみ亭」さん

仙台味噌とジューシーから揚げが絶妙に合う

可愛らしい女性スタッフの接客も◎

 

から揚げを買ってきては白いお米をお茶碗に盛り付け、順調にパクパクと食べてゆく3人…

f:id:uenotakumi:20171014014807j:image

 

○3店舗目

f:id:uenotakumi:20171013200849j:image

埼玉県「光苑」さん

こちらは海鮮ダシをつけダレに使っている新しいタイプのから揚げ!

月曜から夜更かしでも取り上げられたそう!

 

○4店舗目

f:id:uenotakumi:20171013201112j:image

東京都「からあげ渓」さん

にんにくベースのから揚げと甘酢つけダレの2種類があってありがたい!

もちろんご飯が進むほうで!(甘酢)

 

美味しそうに食べてます!

f:id:uenotakumi:20171013212006j:image

 

○5店舗目

 f:id:uenotakumi:20171013202046j:image

兵庫県ジョニーのからあげ」さん

何と言っても関西弁のお兄ちゃんが面白い!

オススメは骨つきのハーブ鶏で、「伝説級の旨さ」だそうです。

 

お釜の方も半分ほど空けた頃…

??「あのーすみません!」

 

ウエ「なんだなんだ!すみませんが、サインは事務所を通してからに…」

 

??「日本唐揚協会というものなんですが…3人のことがずっと気になって!」

 

ウエ「え、えー!なにそれ!こちらこそどうもどうもご無沙汰しております!」

 

どうやら僕らの知らないところで日本唐揚協会なるものがあるらしく…

 

協会に入ってカラアゲニストになって欲しいと入会を勧められました(笑)

 

ネットで受けられる検定に合格すれば入会出来るそう!

 

喜んで入会する旨を伝えました。

 

最後に唐揚協会のみなさんとパシャリ!

 f:id:uenotakumi:20171013202622j:image

 

この頃から会場全体が、どうやら釜を持って参戦してるやばい奴らがいるらしいとザワつき始めます…

 

○6店舗目

f:id:uenotakumi:20171013203907j:image

北海道「ビストロ・ホヌ

ザンギとは北海道地方での「鶏のから揚げ」の別名と言われています。

衣がサクサク、フワフワで美味しい!

 

さてさて盛り上がってきました!

終いにはPRに使われる始末…(笑)

f:id:uenotakumi:20171013203624j:image

 

○7店舗目

f:id:uenotakumi:20171013204452j:image

神奈川県 「いろから」さん

味バライティ部門金賞に輝いたお店。

個人的オススメは柚子胡椒!

○8店舗目

f:id:uenotakumi:20171013204703j:image

大分県もり山」さん

こちらは参加店舗中で最も賑わっていたお店で

f:id:uenotakumi:20171013205202j:image

ずっと行列がすごくて30分以上待ち。

味はもちろん旨い!とにかくうまい!

ご飯を盛る手がとまらない…

 

ここで、もり山の店主の方が我々の方に…!

f:id:uenotakumi:20171013205731j:image

炊飯器持ってきただけなのにいい事ありすぎ!

 

あと3合くらい…

さすがに少し飽きてきたかも…

味を少し変えたいということでお次はここ!

 

○9店舗目

f:id:uenotakumi:20171013210141j:image

愛知県「鳥開」さん

愛知といえば名古屋!名古屋といえば手羽先!

こちら秘伝のタレが旨すぎる!

ご飯がとまらねえ…

 

手羽先のファインプレーにより、

残すはあと、1合!

f:id:uenotakumi:20171013211812j:image

またまた協会のお方、ありがとうございます!

○10店舗目

f:id:uenotakumi:20171013210838j:image

広島県とり将」さん

こちらのレモン塩ダレは他では食べらない超絶品から揚げ。残りのご飯がすすむすすむ!

 

と、ここで…

f:id:uenotakumi:20171013211602j:image

 9合完食!あーやっと帰れる! 

 

あと2店舗目!!ラストスパート!

 

11店舗目の「ぶんこや」さん

すみません、店舗の写真を撮り忘れてしまいましたが「唐揚げの聖地」とも言われる大分県中津直伝の醤油ダレの唐揚げを美味しくいただきましたよ!

 

○12店舗目

f:id:uenotakumi:20171013211219j:image

新潟県やまじゅう」さん

最期を飾るのは我が新潟のから揚げ!

コッテコテのカレー味美味しくいただきました

んージューシー!

 

お、終わったー!

9合完食&12店舗制覇!!

 

最後にBSNのラジオに「から揚げ祭りを一番楽しんでる男たち」という紹介で出演してしまいました(笑)

f:id:uenotakumi:20171014012104p:image

f:id:uenotakumi:20171014012206j:image

↑アナウンサーのお姉さん。とスタッフの方!

最後に感想

予想以上に炊飯器食べ尽くし企画は反響が大きくて、

沢山の一般人の方に声を掛けていただいたり、

店先で唐揚げ一個サービスしてもらったり、

終いには味噌汁飲みたいなあ!と一人が言ったのを聞いてポットを持ってきてくれたイオンの従業員さんがいたり…

 

f:id:uenotakumi:20171014085453j:image

やはり新潟はあたたかい人が多いと感じた1日でした!

 

もちろん唐揚げも最高!

 

次はどこの祭りを食べ尽くそうかな…

f:id:uenotakumi:20171014085847j:image

会場を賑わせた3人は夕日に消えて行きました…

 

おわり。

サンダル履いて人生初のフルマラソンに挑戦してみた!

こんにちわ!

新潟発信ブロガーのウエノです。

僕自身、もっと発信力をつけて新潟を盛り上げたいところです!

 

ということで、今回は新潟市の一大イベントである新潟市シティマラソンに参加をしてきました!

 

なんでマラソン…?

といいますと、遡ること半年前… 

こちらの記事にて、

www.uenotakumi.com

ヒッチハイクで乗せていただいた方がマラソンが趣味で世界各国のマラソンの大会にも出ているお方で、そこで色んな話を聞く内に、

 

マラソン超かっけえじゃん…

と思うようになったのです。(つまりいつも通りただ直感です)

 

そんな時に新潟でシティマラソン開催しているのを知り、即参加に踏み切ったのです!

もちろんフルで!

マラソンを走る前に

今回僕は2つのチャレンジをしようと思っていました。


⚪︎人生初のフルマラソンに練習なしでどこまで通用するかやってみる。
⚪︎サンダルで走ってみる。…←え?

1つ目の理由は簡単。
練習をサボっていたから。どこまで通用するか〜というのは正直、後付けに過ぎません。


人生で一度は走ってみたいと言われるフルマラソン。

今の自分でどれほど走れるもんなのか試したくないですか?


2つ目の理由は、

「走ることの本質」に迫ったこちらの書籍

 

こちらを読んで、

人間は従来裸足だったこと、裸足で走る事により足への負担を軽くし足本来の機能を最大限に発揮し、快適な走行を実現することが出来る、ということを知り、

ベアフット(裸足)で走ることに魅力を感じたのが始まりです。


そこで見つけたのがこちら、

ルナサンダル!まずデザインがいい◎

f:id:uenotakumi:20171012201940j:image
ルナサンダル公式サイトより

創始者であるテッド・マクドナルドは、長い間、ギプスのように固定された最新のランニングシューズで走り続け、痛みに悩んでいました。

ある時、それらのシューズを投げ出し、走り出すことにしました。すると、たちまち彼の足は解放され、そこからベアフット・ランニングのパイオニアが生まれたのです。

テッドは使い古しのタイヤから伝統のワラッチ・サンダルを作る名人で、伝説の民族タラウマラ族の「マニュエル・ルナ氏」に出会い、その作り方とその哲学を伝授されました。

「ルナ・サンダル」はここから始まったのです。

つまり、僕の惚れ込んだルナサンダルはベアフット走行を最大限に再現するために作られたサンダルで、人間の足本来の使い方を実現することが出来る。

と言うわけで、

このサンダルでフル走ったら面白いかな〜

ってそんな軽い動機で挑戦してみました!

フルマラソン当日迎えてみた!

AM.7:30 おはようございます!

f:id:uenotakumi:20171012120409j:image

スタート会場のビッグスワンスタジアムに到着

気合い十分!!

f:id:uenotakumi:20171012090928j:image

ものっそい人がうじゃうじゃ…

f:id:uenotakumi:20171012090850j:image

手荷物を預け、準備完了。

選手入場!

f:id:uenotakumi:20171012091043j:image

 入場完了!

f:id:uenotakumi:20171012091112j:image

 とにかく人が多い!

f:id:uenotakumi:20171012091242j:image

(変なおじさんいる〜(笑))

そしてコスプレしてる人が多い!

f:id:uenotakumi:20171012121325j:image

(う、う、ちょちょちょ…)

ワラーチ装着OK!

f:id:uenotakumi:20171012131435j:image

開会式!

f:id:uenotakumi:20171012091413j:image

スペシャルゲスト高橋尚子さん:

「みなさん!ランを楽しみましょう!」

 

8:30 スタート!

 目標: 42.195km立ち止まらないこと!

 

スタートから100m.

新潟の県民的アイドルNegiccoさん&高橋尚子さんとパシャリ

f:id:uenotakumi:20171012092057j:image

Negiccoさん生で見るとすんごく可愛い!

てか、なんか思ったよりもお祭りみたいな雰囲気で楽しい!!

f:id:uenotakumi:20171012092615j:image

あっという間に2km地点通過!

 f:id:uenotakumi:20171012092730j:image

沿道の応援がすごい…

 f:id:uenotakumi:20171012093013j:image

全然知らない自分にめっちゃ声かけてくれる。

やはり新潟はあたたかいなあ〜

時にはこんな可愛い応援団も。

f:id:uenotakumi:20171012093052j:image

アントニオ猪木さんも応援に!

f:id:uenotakumi:20171012093154j:image

 5km地点通過!

あの人気お笑い芸人の方々も!

f:id:uenotakumi:20171012093348j:image

新潟と言えばメディアシップ!(9km)

f:id:uenotakumi:20171012093648j:image

10km地点通過!

f:id:uenotakumi:20171012093814j:image

まだまだ余裕すぎるので、面白い人と写真撮りまくってます!

f:id:uenotakumi:20171012093914j:image

地球以外からの参加者の方も!

f:id:uenotakumi:20171012094007j:image

お次は長ーいトンネル!

熱気がすごい…

f:id:uenotakumi:20171012094727j:image

片道3kmの蒸風呂のような地獄のトンネル…

でもまだ余裕!

 

ウエなんだ〜フルマラソンって言ってもそんなキツくないね!

ルンルン飛ばします。

 

ここで休憩所に到着

f:id:uenotakumi:20171012095030j:image

休憩所には、

飲み物はお水、ポカリ、os1など、

食べ物はバナナ、オレンジ、ポッポ焼きなど、

f:id:uenotakumi:20171012095053j:image

この休憩所が砂漠の中のオアシス的な存在!

 

20km地点

f:id:uenotakumi:20171012095514j:image

この地点からなんだか足に違和感を感じるような感じないような…

んー気のせい気のせい!

 

42.195kmのちょうど中間地点!

f:id:uenotakumi:20171012110012j:image

マリオ&ルイージとおばさん二人で撮影!

 

関屋浜(25km)を超えた辺りからなんだか足の裏に激痛が走るように…

f:id:uenotakumi:20171012110647j:image

長年スポーツをやってた僕は分かります

あ、これやばいやつ…

 

さっきまでのペースがウソのように失速…

足首から下が痛い…

(絶対サンダルのせい)

なんだかんだ言いながら、休憩所の女の子たちに元気付けられて…

f:id:uenotakumi:20171012110601j:image

30km到達!

f:id:uenotakumi:20171012110829j:image

ちなみにこの頃は失速に失速を重ね、もはや歩きのようなペースに。

(ここら辺から写真が少なくなります…それどころでは無さすぎたので)

 

 さっきまでの威勢の良さはどこに!

 

足裏をかばっていたら今度は膝に、膝をかばっていたは太ももやふくらはぎが…って感じで一気にヘロヘロモード突入。

 

でも止まらないと誓ったので立ち止まることだけは絶対ヤダ!

 

途中、完走し終わったQちゃんが応援に!f:id:uenotakumi:20171012111433j:image

うそだろ…と思ったら本当に! 

f:id:uenotakumi:20171012111619j:image

Qちゃんパワーで一気に加速っ!…は出来ず。

35km!

f:id:uenotakumi:20171012111253j:image

あと7kmが今までの数10キロよりもはるかにキツイ…

  

マラソンで最後の方に、歩きよりも遅いペースで走ってる人見て、意味あるのかなー?(笑)とか思う人いますよね?

 

本人にとってはそれが絞り出した本気でめちゃめちゃ全力で走ってるんですこれが!

(経験者は語る)

 

ここでとんでもない人発見!

え、

f:id:uenotakumi:20171012113246j:image

ええー!下駄で走ってるー!

f:id:uenotakumi:20171012113407j:image

話しかけてみると、

「おれは、絶対完歩するよ!変なもの履いて走ってる者同士頑張ろう!」

とお互いに元気付け合いました。

 

残り3キロ

そしてここからは絶対に歩かず走りきろうと誓い、もう無心というか放心… 

 

今にも止まりそうな自分の足にムチ打って、あと1.195km!

f:id:uenotakumi:20171012114006j:image

頭の中はもう完全に、

「さくら〜ふぶーきの〜♪」状態。

f:id:uenotakumi:20171012212121j:image

 ゴール見えた!

(写真はいいから走ってくれ!)

f:id:uenotakumi:20171012114129j:image

 ゴーール!!

f:id:uenotakumi:20171012114733j:image

確かオリンピック選考タイムは、2時間…

どれどれ〜

 f:id:uenotakumi:20171012212245j:image

6:00,25!(ろくじかんとにじゅうごびょう)

恥ずかしいですが公開しましょう!

これが半年間まるで動かず練習もせず終いにはサンダルで走った人のタイムです!

入賞は惜しくもできなかったけど敢闘賞を自分であげたい!  

フルマラソン走ってみて!

出てよかった!と心から思います。

また走りたい!とは別の話で(笑)

 

今回、軽い動機でフルマラソンにろくに練習もせず出て、ヘロヘロ、バッキバキでゴールした訳ですが、

まずキツイけど頑張る自分に惚れる。

あとマラソン中やゴール後に色んな人に会える醍醐味かなと!

ありきたりな表現だけど走り終わった後の達成感がやっぱすごい!

ルナサンダルの感想!

初フルマラソン&初ルナサンダルはけっこう無理があったかも…(笑)

 

足首が訳わかんねえくらい痛くなるけど、裸足に限りなく近い感覚で走るのは快適だし、痛くなるのは普段使ってない筋肉を使っているから!

つまり良いこと!

もっと履き慣らしていきたいなあ。

 

42キロ後でも全然壊れないし傷んでないと言うものすごい耐久性!限りなく薄さと軽さを追求してるのにデザインが超かっこいい!

スポーツにもプライベートでも使える走る人のためのサンダル!!

これ絶対流行る!

こちらから↓

Luna Sandals OSO Flaco 4
 

 

こちらのベストセラーも読んでほしいです!絶対走り出したくなるはず!

皆さんも、

ぜひ一度42.195kmに挑戦してみませんか…

何事もやってみないと分かんないですから!

 

丸3日は筋肉痛で学校にも行けませんがね!

 

ではでは!

軽井沢アウトレットで食べたケバブ丼の味が忘れられない…

へいへい!ウエノです!

 

いきなりですが、僕の好きな食べ物といえば、

1位 ラーメン

2位 ???

3位 ラーメン

ですが、2位はなんでしょう…?

 

 

 

 

 

そうです、

ケバブです、

f:id:uenotakumi:20171008190824j:image

ケバブといえば、お祭りの屋台なんかでよく見るトルコの伝統料理。

1つ400円〜いただけるコスパの良さとクセなく誰でも食べれる手軽さが特徴。

 

そんな中でもケバブの1番の特徴は圧倒的に「美味い」こと!

 

 ちなみに、日本で一般的に食べられるパンに肉を挟んで食べるやつは「ドネルケバブ」といい、ケバブは「焼いた肉」ドネルは「回転」という意味だそう。

 

そんな僕も本格的にケバブにハマり始めたのはつい最近のことで、 

バンコクカオサン通りにて、こちらの2人の少女が作る、

f:id:uenotakumi:20171008061622j:image

激ウマケバブ(50バーツ)を食べてからです。

f:id:uenotakumi:20171008061723j:image

 本場(...?)のケバブの味と安さに仰天してしまい1日の滞在で3回通いました(笑)

 

そこからはもうケバブの虜に…

日本に帰ってきてからもあの味が忘れられないのです。

 

バンコクでの様子はこちら↓

www.uenotakumi.com

 

少々前置きが長くなりましたが、

話を日常に戻しましょう。

軽井沢ケバブ店に行くよ!

現在、大学生3年生の僕は大学生としての活動も忘れてはなりません。

先日、ゼミの合宿で軽井沢に行ってきました。

 

そこで、みんなが大好き軽井沢ショッピングプラザに行くことに。

俗にいうアウトレットですね。

 

でも僕は、実は買い物があまり好きではなく、全部ネットで買えばいいやん主義なので、

 

あんまり楽しくない…

 

そこで、

アウトレット内のケバブを食べて半日を過ごしました…

 

友達いないわけじゃないよ!!

ケバブのお店を探すよ!

f:id:uenotakumi:20171008062546j:image

集団行動がニガテな僕は、開始1秒もしない内にゼミのみんなとははぐれてしまいました。

 

さっそく大好物のケバブを食べるためにケバブ屋さんを探します。

 

ウエノート独自調査、で軽井沢アウトレットの中にあるケバブ屋さんはたったの2つ。

f:id:uenotakumi:20171007111632p:image

1つはCENTER MALLのナイキショップとかがある辺り!

もう1つがEAST地区のアウトドア系のショップが並ぶ通りにあるこちらのお店!

f:id:uenotakumi:20171007111858j:image

f:id:uenotakumi:20171007111935j:image

イラッシャマセ〜、タベテタベテ!」

f:id:uenotakumi:20171008062816j:image

そうそうこれこれ!

陽気でやたらテンションの高い店主もケバブやさんの特徴の1つ

これにつられて立ち寄ってしまう人も多いのでは?

 

早速ケバブを買おうとメニューを見ていると…

ん、ん…

f:id:uenotakumi:20171007215325j:image 

な、なんだこれはー!

 f:id:uenotakumi:20171007215541j:image

ケバブといえば、

回転肉焼き機で焼かれたジューシー極まりない塊肉、シャキシャキ新鮮なキャベツとトマト、そこにめちゃウマな謎のソースをかけ、最後にピタパンで包んで完成!隠し味はゴリゴリ店長の愛情かしら〜…

 

なのに、丼にしちゃったの??

これはケバブロガーとしては黙っちゃいられない!

 

という訳で早速注文…

辛さは三段階から選べるようで、

f:id:uenotakumi:20171007215940j:image

辛さはオススメの中辛で

ケバブ丼を食べるよ!

世にも珍しいケバブ 800円がこちら

f:id:uenotakumi:20171007220642j:image

f:id:uenotakumi:20171007221015j:image

入っているのは、ご飯の上に、キャベツ、レタス、トマト、塊肉(たぶん豚肉)、ピリ辛ソースとオレンジ色のオーロラソース(...?)の2種類のソース。

 

いざ、実食。(ででーん)

んー美味い!

 

やっぱジューシーな肉が美味しい!

2種類のソースとシャキシャキの野菜の相性もいいしやっぱケバブは美味しいなあ…!

 

ん、待てよ。

 

これご飯じゃなくてもいいな。

むしろ新鮮なレタスとかトマトと白ご飯ってあんまり合わないのでは〜!

 

上のトッピングは文句なしに美味しいですが、やはりパンで包んだ時の美味しさを知ってる身としてはちょっと違うかなって思ってしまうのでした…

 

でも、今まで食べたことのない新しい味と組み合わせに衝撃を受けました。

 

機会があればまた食べたいケド!

◎最後に

ケバブを愛する僕は、ケバブはもっともっと日本に浸透しメジャーになっていくべきフードだと思っています。

 

そのためには大きい会社(Appleとか)にもっとお金を出してもらって、

店舗数を増やしフランチャイズ化、

そして原価率を下げ、すき家とかマクドナルドのように超低コストで提供できるようになればケバブの未来は明るいのでは!!!

まあ、googleでもいいや。

 

 

 ケバブについて調べていたら見つけてしまってポチっちゃいました(笑)

 僕よりもっとケバブ愛が強い人はこちらも↓

日本ケバブを広める会」でも作っちゃおうか


日本の食卓にケバブが並ぶ日を夢見て!

 

ではでは! 

 

 

 

⑧[ゴーゴーバー]お嬢さんとボクと、時々、オカマ

สวัสดี ครับ サワディ クラップ!
(こんにちは!: タイ語)

 ごきげんよう!ウエノタクミです!

前回は寺院巡りなどと文化人ぶっていた僕ですが、バンコクに行く本来の目的はただ1つ!
タイに行ったら一度は行きたいと思っていた男性の楽園ゴーゴーバーです


 ✔︎知らない人のために

タイに訪れる男性観光客の99%の目的はこの店を訪れる事である。一度店内に足を踏み入れると、そこにはトンデモナイ格好で踊る女性の姿が。その様子を見ながら酒を飲みニタニタ笑う紳士たち。そんなクズ人間にお持ち帰りされるために今日も必死に踊り続ける美女が揃うバーなのであーる。(引用元 ウエノタクミ)

ふーん。

そんなんあるんだー。
まあぜんっぜん、興味ないけど、仕方ないからブログ書くネタ探しにでも行こっかなー(訳: こんなすごいお店日本にないやん!絶対行ってあんなことやこんなこといっぱいするぞ〜!)

 ◎オカマバーに入っちゃう??

カオサン通りは世界のバックパッカーが必ず立ち寄る場所として有名で、

こんな感じ。
屋台やゲストハウス、お土産屋さん、バー等の色々なお店が立ち並びとっても賑やかです。


そんなカオサン通りをぷらぷらと歩いていると
バーの中から1人の女性に声をかけられたので中に入ってみると、

二人組がお酒を飲んでいました。
( う、うわ。こ、これが噂のレディボーイさんでいらっしゃいますかー!!
タイのニューハーフは見分けがつかないくらいキレイって聞いてました!その通りですねえ…ハイ!)←目合わせれず



↓声を掛けてくれたのはこちらの女性(...?)

…え。
もしかしてここ俗に言うオカマバー??
普通の雰囲気だったのに!!


その後は運悪く二人の内あっちの方に気に入られてしまって数十分ほど以上お話しました。

「I like Japanese boy because of you.」→「月がきれいですね」

(いやまじか…)

 

女性(...?)の方は

「You makes me horny.」→「あんたのせいでムラムラがとまらん」

(な、なんと情熱的なんだ…)

 

最後の最後で、手を握られ、
「別の所で飲み直しましょ、奢るわ♡」
と言われた時点で身の危険を感じて、お店を出ました。


何が見分けつかない程の美人やねん!


ゴリッゴリのオスゴリラやんけ!
(すみません、優しいお方でした。終始僕のももをスリスリしておられました…) 

◎ゴーゴーバーが評判通りすぎる!

えーはい。気を取り直して行きましょう。
バンコク周辺の有名なゴーゴーバーは以下の3つ
ソイカウボーイ
ナナプラザ
パッポン
今回はカオサン通りから1番近いパッポン
カオサン通りからタクシーで約20分〜30分で到着!!

風⚪︎街っていうかフー⚪︎ク街って感じですね

ネットで評判の良かったキングスコーナーというお店(←しっかり調べとる)

さっそく恐る恐る入店…

さっそくトンデモナイ光景が…!


産まれた時に限りなく近い格好でポールダンスを踊るキレイな女性たち。年齢幅は15歳〜25歳ほどではないだろうか。(←え。)ただ踊ってるだけならいいのにめちゃ視線合わせて誘惑してくる…

隣の席では北欧系の50歳程のおじいさんが4人くらいの女性を席に呼んでニッコニッコ。まさに両手に花状態。

こりゃ負けてらんない!


とりあえず、席についてドリンクを注文。(100バーツ〜)
そして、席に女性を呼ぶ際はドリンクを頼んであげるのがマナーだそう…

◎勇気を出して指名してみた

よし、ビビってちゃだめだ!


さっそくトリンドル伶奈激似の、日本にいたら絶対読モくらいいけるわ!(いや本当にレベル高すぎ…)ってお嬢さんを席に招待。



トリ「コンニチワ〜」
(うわ、日本語喋れる!)
トリ「ずっと上から見てたよ〜。呼んでくれてありがと〜」←(たぶん嘘)
ウエ「ありがとう!超嬉しい!」←(単純)
ウエ「か、可愛いですね。お、おいくつですか…?」
トリ「20だよ〜なんで緊張してるの〜?」
たわいもないやり取りを10分ほど続けると、


「コンヤワタシトドウデスカ…?」

き、きたー!
これこれ!

要は彼女らはこれのために踊ったり接待してるんだよね!!是非喜んで!


…と言いたいところですが、

残金は1000バーツ…


残りの日数を生き抜くのにやっと。お持ち帰りは最低でも2000バーツ~ だそう…


ほんとにほんとにごめんなさあああい。お嬢さん、あなたとヤりたいのは山々ですが出来ません。


と、誠意を込めて謝りました(言ってることはとても最低)


そんな僕にもトリンドルはニコって笑って、



「こっちこそありがと〜。上で踊るの辛いから話せて良かった。また今度タイに来た時また来てね。」
どんだけいい子なんだ。


「たぶん他のお金持ちが連れ出してくれるから大丈夫ダヨ!♡」

最後のセリフいらないよね!

◎初ゴーゴーバーの感想!

初のゴーゴーバーデビューは良くも悪くも次回に繋がる収穫の多いものとなりました。


バンコクのゴーゴーバーの女性たちは日本人が甘やかすためワガママな子が多いと聞いていました全然そんなことありません!


また店員もボーイさんも優しいので安心!

ぼったくりとかもなさそう!

 

最後に、

今回の旅で、ある程度の生活できるレベルの英語は身につけた(ボディランゲージを駆使した中3英語で十分)つもりだけど、ゴーゴーバーで女性たちと踏み込んだ話が出来なかったのが1番悔しい! 

 

日本に帰ったら英語をもっと勉強しようと思えました!とてもいいきっかけ!(ガチ)


ではでは現場からは以上です!

ขอบคุณ มาก ครับ コップンカップ!

(ありがとう!)

 

⑦[九死に一生]これだから旅はやめられない!旅において大切なのは運と人

สวัสดี ครับ サワディ クラップ!

(こんにちは!: タイ語)

一文無しブロガーのウエノです…

さて、今回はタイの首都バンコクに向かいます!

 

バンコクといえばアジアの観光地の中でも一、二を争う人気都市で中毒性No.1と言われ、

お寺巡りとか水上マーケット行ったりとか、ゴーゴーバーとかゴーゴーバーとかも行きたいなですな!なんて思ってますが、

 

しかし現在、カンボジア出発時の残金は、前日のトゥクトゥク代を引いて

27$−21$=6$

ほんっとに、バカ。

 

これゴーゴーバーどころじゃあありませんよ、

この残金でどうやってあと3日生き残って、バンコクドンムアン空港の便に乗れるというんだい!

 …

まあ、無いものはないし考えても仕方ないのでとりあえずバンコクに向かいます!

バスで約8時間

f:id:uenotakumi:20171003142226j:image

殺風景な道のりを眺めながら、

あとの滞在期間をどう生き延びようかをひたすら考えていました。

 当時の状況をツイッターで呟いています。

 

本当に危機的状況だったようで…

正直この状況では

所持品を売るかカラダ売るかの二択かなあと思っていました。

まーそれもそれでありかなと(笑)

バックパッカー仲間に命を救われる!

そんなこんなでバンコクカオサン通りに到着!

着いたはいいけどどうしよう…

 

こんな極貧バックパッカーになるとは思ってもいませんでした。

 

気付いたら半日以上何も食べてない…

 

お腹空いたなあ〜 

 

せっかく来たから観光とかとしたいし…

ああ、ゴーゴーバー行きたい…

 

そんな時、

奇跡が訪れます…

 

??? 「こんにちわー日本人ですか?」

ウエノ「そうですけど…」

???「バックパッカーしてるRと言います。暇だったら話しません?」

ウエノ「いま極貧なんですよ!」

Rくん「まじか!とりあえず話そうや!」

ウエノ「もしかしてお金持ってますか?いいですね!旅の話でも!」

 

彼はこの日から東南アジア一周を始めるそうで情報収集に日本人と沢山話したいとのことでした。

ここから先はトントン拍子にうまいこと進みました。

Rくんが停まっているゲストハウスに一緒に停めてもらって

f:id:uenotakumi:20171003234800j:image

夜ご飯にパッタイを奢ってもらい、 

f:id:uenotakumi:20171004013655j:image

 

そして日本に帰ってから返してねとあとの滞在期間の生活費をいただき…

 

この人、神だ…!

彼のおかげで何とか野垂れ死ぬこととピッチピチの体を売ることだけは避ける事ができました。

バンコクについて1時間くらいセブンの前で落ち込んでてよかった!!

f:id:uenotakumi:20171004013717j:image

すっかり仲良しに。

本当に奇跡的な出会いをしました。

 

そして、

やっぱり自分持ってるな〜と実感(笑)

この出会いに感謝!!

 

これだから旅はやめられない!

f:id:uenotakumi:20171003150918j:image

  本当にありがとね!!

バンコクに来たら寺院巡りに! 

いやー本当に助かった。

九死に一生を得るとはまさにこのこと!

これでバンコクを楽しむことも出来ちゃう!

さっそく行ってみます!

3.2.1.Q !!

 

タイといえば日本と同様に仏教国。伝統深い寺院が数多く残っているそうで、

 

その中でも人気&有名寺院トップ3がカオサン通りから簡単に行ける距離にあったので行っちゃいたいと思います!

 

カオサン通りアクセスが悪いことで有名。

みんなタクシーやバスを使いますが、僕は今回基本歩きで!

ワット・プラケオ

カオサン通りから徒歩15分。

到着しました!

f:id:uenotakumi:20171004113114j:image

 

すみませんが、このワット・プラケオ入場料に法外な値段を取ってくるんです。

 

500バーツ=1800円

たかっ!一食50バーツで腹を満たせる国なのになんやねん!どーゆうこっちゃ!とウエノの逆鱗に触れてしまい観光どころではなくなったため入場することが出来ませんでした…(←お金がなかっただけ)

なので外観と、

f:id:uenotakumi:20171004113700j:image

目の前にある、

MINISTAY OF DEFENCEでお許しを…

 f:id:uenotakumi:20171004113814j:image

f:id:uenotakumi:20171004113851j:image

日本でいう防衛省。しゃれおつね!

 

次からの2つは実際に行ったのでご安心!

ワット・ポー

ワット・プラケオから徒歩10分。

ワット・ポーに到着!

入場料は100バーツ。うんうん良心的だね。

入り口には怖いおじさんが!

f:id:uenotakumi:20171004114812j:image

色々なとんがりコーンがたくさんあって、

f:id:uenotakumi:20171004115002j:image

f:id:uenotakumi:20171004115141j:image

ある時は一緒に礼拝でもどうでしょう…

f:id:uenotakumi:20171004115257j:image

そんなこんなで巡り巡ってようやく1番の目的地に到着!

f:id:uenotakumi:20171004115416j:image

リクライニングブッタて…(笑)

でん、

f:id:uenotakumi:20171004115515j:image

ででーん、

f:id:uenotakumi:20171004115555j:image

 寝釈迦仏のポー先生にようやくご対面することが出来ました!それにしても圧倒的デカさ。

 

46mですって。

(昔の人はずいぶんデカかったんだなあ…)

 

先生の股間の目の前だとも知らずにキメッキメの観光客の人がいたのパシャり。

f:id:uenotakumi:20171004120115j:image

 先生の頭の裏も撮影しちゃいました。

f:id:uenotakumi:20171004120311j:image

 手痛そう…きっと血だらけだ。

( ※ちなみにこのお釈迦様の名前はポーでもポー先生でもないです。勝手に呼んでるだけ)

 ワット・アルン

ワット・アルンはチャオプラヤの向こうにあるので船を使って移動します。

ワット・ポーから徒歩10分

着船上に到着。値段は3バーツ、よしよし

f:id:uenotakumi:20171004121056j:image

ワット・アルンが見えてきた〜

それにしても死んでも入りたくない川だ。

 f:id:uenotakumi:20171004121446j:image

とーちゃく!

f:id:uenotakumi:20171004121832j:image

 

個人的に3つ寺院のうちで1番好きなのがこのワット・アルン。全体の雰囲気や建造物の模様とかが1番素敵です

 

f:id:uenotakumi:20171004122314j:image

外観がとっても美しい!

f:id:uenotakumi:20171004122414j:image

チケット代50バーツを払って中へ。

f:id:uenotakumi:20171004122620j:image

高さとデカさがあまり伝わらない!

f:id:uenotakumi:20171004122718j:image

いい写真も撮れた!(だれ、なに?)

f:id:uenotakumi:20171004122824j:image

( ん、だれ、なに?)

f:id:uenotakumi:20171004122902j:image

帰りに未来のクレオパトラを発見

べりーべりー可愛いなあ。

f:id:uenotakumi:20171004123005j:image

 

そんなこんな寺院巡り終了!

一日で使った額は300バーツ, 1000円も行かないくらい!

ツアーで行くと最低5000円とかかかるから絶対個人で行きましょうね!

 

それでは!

 สวัสดี ครับ サワディー クラップ!
(さよなら!: タイ語)

⑥[アンコールワット]本当に死ぬまでに一度は行くべきか確かめて来た!

ជំរាបសួរ チョム リアプ スオ!

(クメール語: こんにちは!)

世界遺産ブロガーのウエノタクミです!

 

今回はアジア世界遺産人気ナンバー1のアンコールワットに行きます。

 

アンコールワットといえば、死ぬまでに見たい遺跡群…!とか死ぬまでに行きたい世界遺産…!と言うキャッチフレーズをよく聞きます。

 

本当に言うほどのもんなのかこの目でしっかりと見て来ますよう!

絶対違う感想抱いて帰って来てやるで!

 ◎トゥクトゥクに乗ってみた!

f:id:uenotakumi:20171004015825j:image

前回のブログで、ヤマトハウスに泊まっていた僕は早速アンコール遺跡に向かうわけですが、節約のため徒歩で向かおうとすると、、

 

「いやウソでしょ…(笑)

徒歩でアンコール行く人なんて聞いたことないわ!アカン!大人しくトゥクトゥク使いなさい!( バカ!アホ!)」

とホストの方が優しく教えてくれましたので、

 

アンコール遺跡群は東西20kmもある大大大遺跡で一番有名なアンコールワットだけでも東京ドームの40倍の大きさなんだとか…

 

大人しくトゥクトゥクをチャーターすることに、

✔︎トゥクトゥクとは?

輪タクシー(さんりんタクシー)は東南アジアから南アジアにかけて最近では南欧などでも普及している軽便な交通機関である。国によって呼び名は異なる。

(wikipediaより)

つまり、トゥクトゥクを使うことでその日行きたい場所に連れて行ってくれて、観光案内やオススメのレストランや屋台に連れてってくれたりなど一日中面倒を見てくれるというスーパー交通機関なのです。

 

どうやって見つけよっかなーと考える暇もなく街を歩いていればめちゃめちゃ声をかけられます。めちゃめちゃ。

彼らと目を合わせてはいけません…

 

最初は日本語の喋れるドライバーを選びましょう

 

僕はこちらのひたすらニコニコしているTohorさんに1日を委ねることに。

f:id:uenotakumi:20171003094053j:image

(こちら夜に撮った写真!可愛いですね!)

◎アンコール遺跡群へりれごー


トゥクトゥク

風がとっても気持ちいい!

 

まず最初はチケット売り場。

f:id:uenotakumi:20171003100030j:image

チケット売り場デカすぎか!

f:id:uenotakumi:20171003100154j:image

遺跡群から5km以上は離れてるんじゃないかと言うところに売り場があります。こりゃ徒歩じゃムリだ。

 

ちなみにアンコールチケットは当日券37$3日券2$1週間72$です。

 

いや、うそーん。

入るだけで4000円って、

さすが世界の世界遺産

クレカで払えたので助かった!(極貧なう)

 

それでは4000円分楽しんじゃいますよー!

 

Tohorさん行ったりましょうぜ!

✔️アンコールトム/バイヨン

アンコールトムはアンコール遺跡群のなかでも最も大きいの遺跡(だそう)

全体の地図はこちら

f:id:uenotakumi:20171003103649p:image

一辺が約3kmで正方形のような形をしていてアンコールワットの3倍以上の大きさ!

 

像のお尻の奥に見えるのがバイヨンへと続く入り口の南大門

f:id:uenotakumi:20171003103005j:image

 左右に54体並ぶ神々の像。

f:id:uenotakumi:20171003103121j:image

中央寺院のバイヨンへ到着!

 f:id:uenotakumi:20171003104138j:image

デカイ!大きい!ビッグ!って感じです

f:id:uenotakumi:20171003104334j:image

壮大やな〜!

(アンコール遺跡群においてこれめっちゃ使います)

f:id:uenotakumi:20171003104830j:image 

 中に入ってみると

f:id:uenotakumi:20171003105000j:image

ワンちゃん発見。

f:id:uenotakumi:20171003105124j:image

上に上がるととにかく顔!かお!

f:id:uenotakumi:20171003105237j:image

f:id:uenotakumi:20171003105429j:image

最後にもういっちょ顔〜!!

f:id:uenotakumi:20171004101102j:image

全部表情が違うのが面白い。

f:id:uenotakumi:20171003105957j:image

壁にはレリーフが多く描かれています。

f:id:uenotakumi:20171003110221j:image

うーん。どこを見ても壮大だな〜。

✔️ピミアナカス

f:id:uenotakumi:20171003110639j:image

 こちらは王族しか入ることのできない神聖な儀式を行う場所だったそう…

今もこれ以上は立ち入り禁止!

これも壮大だ!!

✔️像のテラス

こちらジャヤバルマン七世によって建てられた…とかいっても伝わらないと思うので、

f:id:uenotakumi:20171003111022j:image

ゾウさんがたーくさん。

 f:id:uenotakumi:20171003111218j:image

 めっちゃ気持ちよさそうに見えるでしょー!

f:id:uenotakumi:20171003111808j:image

気温38℃
灼熱です。汗がびちょびちょ!

✔️タ・プローム

こちらジャヤバルマン七世仏教寺院として…

またお前かい!すごいなジャヤバルマン!

全長約1kmほどの長さとなっていて全てが樹木に覆われています。

入り口がこちら

f:id:uenotakumi:20171003112626j:image

 とにかく木!林!森!木々!

f:id:uenotakumi:20171003112742j:image  

途中に地雷被害者の団体が。

 


地雷被害者の会

演奏をして募金を募っているのです。

色々考えさせられるなあ…

 

500mくらい歩いてやっと入り口

f:id:uenotakumi:20171003112928j:image

石の崩れ方のクセがスゴいぃ!

f:id:uenotakumi:20171003113213j:image

木の根っこのクセもぉ!

f:id:uenotakumi:20171003113346j:image

f:id:uenotakumi:20171003113611j:image

とっても神秘的な空間。癒しを求める方は是非。

 

ここらへんで昼食休憩を取ろうとすると、

10歳前後の子供たちに囲まれて、

お土産を買って欲しいと頼まれまくりました、

f:id:uenotakumi:20171003114055j:image 

1ダラー、1ダラー、プリーズ

と、必死に頼んでくる顔が心にグッときましたね。

 

現地の通過の価値は日本の10倍と聞いたので、彼女らにとって約1000円ですもんね、なんか自分よりも小さな子供たちが明日の生活を考えて必死になる姿を目の当たりにして、色々考える所が多くありました。

 

やっぱ日本って先進国で、そんな日本いると気付かないことって多いなあと実感します。

 ✔️アンコールワット

最後にアンコールワットへ向かいます!

100以上あるアンコール遺跡群の中でも断トツ人気なのがアンコールワット

 

スリーヤヴァルマン12世によって建てられたクメール建築の最高傑作だと言われております。

教科書で見たことのある景色だ!

f:id:uenotakumi:20171003122333j:image

中にはいると

壮大だ…(4回目)

f:id:uenotakumi:20171003122557j:image

さらに上へ

f:id:uenotakumi:20171003122841j:image

階段急すぎ事件。角度はたぶん100°くらい

ケガ人多いらしいのでお気をつけて。

 上から眺める景色は最高!

f:id:uenotakumi:20171004100827j:image

下から景色も!

f:id:uenotakumi:20171003123257j:image

f:id:uenotakumi:20171004102248j:image 

見所がありすぎて、伝えきれない!

僧侶さんも巡礼に来られるそうで…

f:id:uenotakumi:20171004102708j:image

すごいなぁ…と感心していると、

ス、スマホいじっとる!

 f:id:uenotakumi:20171004102939j:image

[修行わず。あの禿げ頭死ね、あ、おれもハゲやったww] ←とか呟いてんだろうなあ

以上、アンコールワット素晴らしい遺跡でした!

✔️プノン・バケン

2時間ほどで見終わって帰ってくると、

Tohorさんが

「タクミ、夕日見たくないか??」

「おいアンタ、これ以上優しくされると好きなっちゃうぜ…」

本当はアンコールワットで案内終了だったはずなのに追加で夕日を見るためにプノン・バケンに連れてってくれることに。

 

プノン・バケンはアンコール三聖山の1つで、360°アンコール遺跡群を見渡す事ができ夕日の見える超有名スポット。

f:id:uenotakumi:20171003124018j:image

とってもきれい!

汚ったない心が洗われました…

ここで夕日を見て初めてアンコール遺跡を観光したと言えるでしょう!

◎Tohorさんとお別れ

一日中アンコール遺跡群を案内してくれたトゥクトゥクTohorさんともこれでお別れ。ゲストハウス周辺まで送り届けてくれました。

 

お金がない。と言いまくっていた僕に対して本当は30$だけど20$でいいよと言ってくれて本当にありがたい。

チップ1$を渡しました、ごめんなさい。

f:id:uenotakumi:20171003124927j:image

本当にありがとう…!

その夜、すぐにmessengerでメッセージが

 f:id:uenotakumi:20171003125733j:image

 とっても丁寧に御礼を言ってくれて、最後にはカンボジアくる友達に紹介しといて!って(笑)

 

なので、カンボジアいく人いたら僕に連絡ください!

 

最後に、

感想 : アンコールワットは死ぬまでに一度は行くべき。

 

អរគុណ オークン(ありがとう: クメール語)

 

明日はバンコクに!

 

ではでは!

 

⑤日本人経営のゲストハウスに泊まったのでレビューするよ!

ぼったくられブロガーのタクミウエノです…

 

前回は東南アジアの恐ろしさを肌で感じました

涙を拭いて切り替えたいところです!

 

と、言いたいところですが現在、現金の残金が80$しかありません…

これは、ヤバい

 

今後ホーチミンカンボジア(シェムリアップ)→タイ(バンコク)と向かう予定ですから、

バス代、宿代、観光代…を含めても一般的に考えてありえない額です、、、

 

ATMでお金を降ろせばいいでしょうが!

と、言いたいところですが僕が持ってるクレカが海外キャッシング出来ない設定だったんですね…

✔︎海外キャッシングサービスとは

 「海外キャッシュサービス」は、クレジットカードを利用して海外のATMで現地通貨をキャッシングするサービスです。

日本と比べて治安が不安な場合がある海外では、多額の現金を持ち歩くのは危険な時があります。そこで海外キャッシュサービスを利用すれば、余分な現金を持ち歩かなくても「必要なときに、必要な分だけ」準備することができます。( smbc-card.comより引用)

 

つまり、前回ぼったくられた事により控えめにいって人生最大のピンチ!!

 

 現金はこれ以上使えないので、できるだけクレカで払いたい!

 

でも東南アジアはクレカ普及率低いからホテルとか高級レストランしか使えない!

 

とりあえずアンコールワット見たさにカンボジアへ向かいます!!

ホーチミンからシェムリアップ

前回の話での、おっちゃんと買ったチケットは何とかクレカで支払うことが出来ました。

 

移動手段はバス

まずホーチミンからプノンペン(首都)へ。

その後乗り換えでプノンペンからシェムリアップへ向かいます。

 

途中出国・入国手続きがありカンボジアに入る際はビザが必要で35$かかります…

残り約45$…

 

 ホーチミン- シェムリアップの行き方については全く同じやり方がこちらのサイトに書いてあるのでご参考に!

vietnam-navi.info

シェムリアップに到着!!

f:id:uenotakumi:20170927163857j:image

この長ーいバスに12時間以上乗って来ました。

 

寝台バスに初めて乗りましたよ〜

f:id:uenotakumi:20170927164152j:image

◎人生初のゲストハウス向かう!

海外一人旅が初めての僕は、当然ゲストハウスとやらには行ったことがありません

 

そこでアンコールワット周辺の日本人経営で安心のクロマーヤマトゲストハウスに向かいます

✔︎ゲストハウスって?

 ゲストハウスとは、アメニティサービスなどを省いた素泊まりの宿で、海外ではバックパッカー(リュック1つで格安な宿を泊まりながら長期的に旅をする人)が利用する宿として、知られています。
宿泊単価を安く提供したい側はドミトリーと呼ばれる相部屋を提供します。1部屋に4人~10人ぐらいまでが泊まれるベッドを用意し、1ベッドごとに1人のお客様を宿泊させるいわゆる相部屋とすることで、宿泊単価を安く抑えることができるのです。( j-hoppersより)

 

歩くこと約20分。ようやくとーちゃく!

f:id:uenotakumi:20171002083933j:image

f:id:uenotakumi:20171001132354j:image

ほほう、ここがゲストハウスねえ。

入り口にはトゥクトゥク待ち構えてるしちょっと怖いな…

緊張する…

 

恐る恐る玄関に入ると、

「おはようっ!

1人??どうぞ入って入って!」

ホストの日本人の女性が出迎えてくれました。

うわ〜久しぶりの日本人&日本語!!

危うく日本語忘れちゃうとこでしたよ。

 

ゲストハウスの中はこんな感じ↓

f:id:uenotakumi:20171001134200j:image

手続きを済ませます

f:id:uenotakumi:20171001132955j:image

アイワァントゥステイモストチーペストルーム(一番安い部屋で頼む!)ビコーズ…」と必死でお金がないことを伝える。

「はい、分かりました。一番お安いお部屋空いております。3$になりますね(ドヤ顔)」

いや日本語しゃべれんのかーい

(これは海外あるあるですが、とっても恥ずかしいので気を付けましょう…)

 

そこで紹介してもらったのが一泊3ドルのドミトリーのお部屋。

エアコンがないのとWi-Fiがクソほど弱いという条件の格安物件です。

f:id:uenotakumi:20171001133830j:image

いたって普通のお部屋にが二段ベッドが3つほど

f:id:uenotakumi:20171001133907j:image

シャワー、トイレ完備。

f:id:uenotakumi:20171001134104j:image

ロッカーやゴミ箱もしっかりとあるし、

 

全然普通のお宿!激安!ラッキー!

◎一泊3ドルのお宿に泊まってみた

 さそっく3ドル=約300円のお宿に泊まることになったわけなんですが、感想を書きます! 

マンガ読み放題はアツい!

f:id:uenotakumi:20171001135901j:image

ヤマトゲストハウスの中には日本のコミックが2000冊以上揃っている部屋があり、自由に読むことができます。

これはアツい!

と思い、早速大好きな漫画のカイジシリーズを一から読破…

他人を蹴落とすことの大切さを知り、どんなに卑怯な手を使ってでも日本に生きて帰ろうと心に誓いました。

ボルダリングがアツい!

f:id:uenotakumi:20171002000914j:image

全長8メートルものボルダリング施設が併設されていまて、30分2$から楽しむことが出来ます。

めっちゃ楽しそう!

2$すらケチってしまう今の状況がつらい、、今度行った時は絶対やろーっと。

せっかくだから旅仲間に出会いたい!

ゲストハウスを利用する目的の1つとして現地についての情報収集や同じ旅仲間と旅の話で盛り上がりたい!といったことが挙げられます。

 

部屋がドミトリールームだったためどんなルームメイトが来るかを楽しみに待っていました…

 

なんせこっちはとっておきのスベらない話持ってるからなあ〜!早く言いたい!

 

・・・

 

2日間で僕の部屋に入ったのは僕以外にいませんでした…

 

ひょっとして訳あり物件なのか!?

 

エアコンなしはツラい!

そのようです、ワケありまくりです。

まずエアコンなしファンのみの部屋ですが、

これがキツイ!!めちゃくそに暑い!

この頃のカンボジアの平均気温は35℃〜40℃

しかも小っちゃいファンが天井に1つ。

熱帯夜の中、汗だくでカイジを読む…

 

今度から絶対エアコンケチらない! 

と誓いました…

水が出ないなんてツラい!

↓こちらが事件現場です。

f:id:uenotakumi:20171002003016j:image

部屋は暑いし友達は出来そうにないけどお風呂入って忘れよっか〜〜

てなわけで、

軽快にシャワーを浴びていた訳なんですが、

シャンプーして洗い流そうとしたその時

水が全く出ない!

突然、シャワーの水が止まりました。

頭はアワアワ状態なう…

さて困った。

 

でも悩んでも仕方ないから少し待とう、

そこで便座に座って用を足しながら考えます。

 

あ、やってしまった

これも流れないやん…

f:id:uenotakumi:20171002120355j:image

 

この後、水道が直るまでの1時間はまさに地獄。

 

こんなコントみたいなことを一人寂しくやりながら人生初のゲストハウスでの夜を過ごしました。

 

隣のエアコンの部屋からは日本人同士のの楽しそうな声が聞こえる…いいなあ。

総合評価

人生初のゲストハウスはとても多くの洗礼を受けたけれど、とにかく安くてホストの人たちも暖かくてよいところでした!たぶん運が色々悪かっただけ!

楽しかったしおっけ!◎

 

もっと余裕のある時にきて、友達たくさん作りたかったな〜!また来ますね!

f:id:uenotakumi:20171002010325j:image

もっとヤマトハウスの事を知りたい人は↓

 

yamato-cambodia.com

ជំរាបលា チョム リアプ リア!

(さよなら!)

 

残金: 80$−53$=約27$

カンボジアビザ代(35$)

・ゲストハウス代(3$)

・ナイトマーケット観光(15$)

 

 これ死んだやろ…(続く)